ピクシブ百科事典

杉田水脈

すぎたみお

日本の政治家。自民党所属の衆議院議員。
目次[非表示]

日本の政治家。様々な党を渡り歩き、現在は自由民主党(自民党)に所属している衆議院議員。
「水脈」と書いて「みお」と読ませる名前は、父親が万葉集からとったものであり、DQNネームではない(はず)。

プロフィール

<
生年月日1967年4月22日
血液型B型
好きな言葉過去と人は変えられない。自分と未来は変えられる。
趣味読書・旅行・カラオケ


経歴

兵庫県神戸市垂水区生まれ。親和中学校・親和女子高等学校を経て、1990年に鳥取大学農学部林学科卒業後、積水ハウス木造を経て1992年に西宮市役所に入庁。1993年に結婚し、娘が1人いる。

西宮市在職中は、マーガレット・サッチャーに心酔し、若手同僚らと「スーパー公務員塾」を結成。「カリスマ公務員」を自称し外部の雑誌に論文を発表したり講演に出かけるなど目立った存在だった一方、役所を訪れた市民を挑発し取っ組み合いの喧嘩になるなど、当時から問題児ぶりは際立っていたという。2010年に政治の道を志し退職する。ちなみに同時期の西宮市入庁組に、後に「号泣会見」で話題になった野々村竜太郎がいた。

同年10月、みんなの党兵庫6区支部長に就任。その後、維新政治塾に参加し、2012年12月16日に、第46回衆議院議員総選挙で兵庫6区に日本維新の会より出馬した。自民党大串正樹に敗れたが、比例近畿ブロックで復活し初当選する。

2014年の日本維新の会解党・分離に伴い、次世代の党(現:日本のこころ)の結党に参加し、党の女性局長、国対副委員長に就任する。

当初、次世代の党への参加意向を示していた同僚の三木圭恵が、一転して橋下グループに参加したことで、同党結党に参加する唯一の女性衆議院議員となった(なお、次世代の党所属の女性参議院議員は中山恭子一名)が、2014年12月の衆議院選挙で敗北を喫し落選、同党の女性議員は先述の中山1人となった。

安倍晋三の引き立てで自民党に転じ、第48回衆議院議員総選挙の比例中国ブロック17位で出馬、当選した。

主張

「保育所は洗脳施設」、「学童保育は共産党の陰謀」と主張するなど過激で攻撃的な発言が目立つ、自民党きっての問題児の一人。男女平等は絶対に実現しえない反道徳の妄想」などと、女性政治家としてツッコミ待ちとしか思えないような発言も行っている。

議員落選中の浪人時代は、従軍慰安婦問題について櫻井よしこ井上和彦テキサス親父幸福実現党とともに国連の女子差別撤廃委員会に出席し、各国の参加者を「小汚い左翼」などと散々に罵倒。彼女らの(悪い意味で)目立つ行動は、これまで韓国など一部を除いてそれほど関心が高くなかった慰安婦問題に注目を集めさせ、国際問題化させる"実績"を残した。

2018年、『新潮45』誌8月号に『「LGBT」支援の度が過ぎる』と題した一文を寄稿し、「LGBTは生産性が無い」と言い放ったことで、LGBTやその支援者等が自民党本部前でデモを行うなどの騒動を巻き起こす。これに続き同誌は10月号で杉田発言の擁護特集を組んだことが炎上に油を注ぎ、休刊に追い込まれた。この件について自民党は「今後、十分に注意するよう指導した」としつつも、「人それぞれ政治的立場、色んな人生観もある」(二階俊博幹事長)、「(杉田議員は)まだ若いから」(安倍晋三総裁)と特に処分は行わない考えを示している。

関連タグ

政治 政党 新自由主義 炎上商法 陰謀論 アンチ・ホモセクシズム
みんなの党 日本維新の会次世代の党 自民党 右翼
野々村竜太郎…同時期に西宮市職員として在籍した政治家
上西小百合…似たもの同士

外部リンク

公式サイト
YouTube

pixivに投稿された作品 pixivで「杉田水脈」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 499

コメント