ピクシブ百科事典

次世代の党

じせだいのとう

元維新の会共同代表の石原慎太郎が結成した新保守的政党。
目次[非表示]

次世代の党Party of the next generation

維新の会石原派」の元維新の会共同代表石原慎太郎が、 平沼赳夫らとともに平成26年6月26日に結成した新保守主義的政党。
現在の名称は「日本のこころ」であるが、そのタグでの作品がないため便宜上ここで述べる。

概要

主に旧たちあがれ日本太陽の党系の議員が所属している。
「次世代の党」という名と裏腹に、高齢の議員が中心になっているため、たちあがれ日本が「立ち枯れ日本」と揶揄されたのと同様に、「旧世代の党」「爺世代の党」などと揶揄された(但し年齢層的には50歳未満の議員もいる)。

平沼代表時代

結成の年の末に行われた第47回衆議院議員総選挙で大敗を喫し、党首の平沼と園田博之の2名を除く全候補が落選。参議院の現職6人とあわせて国会議員8名の泡沫政党と化す壊滅的打撃を受けた。またこれをもって石原が引退を表明し、選挙後に中田宏・アントニオ猪木が脱退。
園田は太陽の党を正式解散させるために一端形式上離籍後また復帰したが、2015年6月に園田本人および自民党の茂木敏充により園田が同年秋をめどに自民党に復帰することが発表され、同年8月28日には次期代表選出を巡る意見の差から松沢成文が脱退。

中山代表時代

平沼は2015年秋頃に代表を退くことをかねてから表明していたが、同年9月15日に病気のため離党届を提出し25日に党より受理され、後任の代表は中山恭子となった。また同時期に党の顧問を務めていた藤井孝男(落選し浪人中)および園田も正式離党し、平沼・園田・藤井は直後に自民党に復帰。
これにより衆議院には1人も現職議員がいなくなったため衆議院会派を解散、現職議員が参議院5名の泡沫政党と化しさらに縮小に歯止めがかからない状態となっていた。
2015年12月20日、崖っぷち状態の中代表を引き継いでいた中山代表は「勢の拡大に向けて、党の理念や考え方を明確に打ち出す必要がある」として、党名の変更を表明。
党名を「日本のこころを大切にする党」と変更することを公表した。
しかしこの党名変更に反対意見だった江口克彦は直前に脱退。2016年には浜田和幸もおおさか維新に移り、同年の参議院選挙でも立候補したメンバー(中山代表の夫である中山成彬を含む)が全員落選となった。
2016年9月、党名を再度変更し「日本のこころ」としたものの、11月には和田政宗が脱退。
国会議員2人という状況となった。

2017年9月下旬、小池百合子らが立ち上げる「希望の党」に中山代表夫妻が合流を希望。
9月25日に、中山代表は辞任して離党した。
たった1人残った中野正志が党をしばらく存続させる意向を表明し、代表代行に就任。

10月22日に実施される第48回衆議院議員総選挙を控え、9月30日に自主憲法の制定地上配備型の迎撃ミサイルシステムの導入による防衛力の強化などに取り組むことを打ち出した重点政策を発表した。
その同日に、支部長らによる会合を開いて離党した中山前代表の後任の代表に中野代表代行を充てることが正式に決められた。

自由民主党・こころ

2017年1月16日に召集された第193回国会において、参議院における自民党との統一会派である「自由民主党・こころ」を結成し、中野議員は1月11日の記者会見において、党の与党化を宣言した。
これにより日本のこころは自民党にとって、事実上の内閣に閣僚を出さずに政策協定を締結して連立政権に参加する閣外協力の勢力となった。

主な所属議員


代表代行

中野正志

その他の党員

田沼隆志
西村眞悟
田母神俊雄
石原慎太郎

主な元メンバー

中田宏松沢成文江口克彦、…脱退、無所属
園田博之平沼赳夫藤井孝男…脱退、自民党へ復帰
和田政宗…脱退後、自民党に加入
アントニオ猪木日本を元気にする会に加入
浜田和幸おおさか維新の会に加入
中山恭子希望の党に加入
中山成彬…希望の党に加入
杉田水脈…自民党へ加入

関連リンク

公式サイト
YouTubeチャンネル

関連タグ

保守 日本の政党 たちあがれ日本 太陽の党 日本維新の会

pixivに投稿された作品 pixivで「次世代の党」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1010

コメント