ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

強姦痴漢覗きストーカーなどがこれにあたる。詳細は各記事を参照すること。

誤解されやすい事だが、加害者が性的興奮・満足を得ているかどうかは無関係である。例えば、異性愛者の男性が嫌いな同性を強姦したり、ペドフィリアでも何でもない男が成人女性に相手にされないなどの理由で子供に性的虐待を行う事もよくある。
いじめの一環として、あるいは鬱屈した攻撃性の発露といった理由で行われる場合も少なくない。
さらにアフリカなどの戦場で顕著だが、相手の士気をくじく軍事的な作戦のひとつとして性的暴行を行うこともある。

言うまでも無い事だが、被害者の恐怖や屈辱は一生記憶に残り続ける事も珍しくない

問題点

加害者の罪の意識も低く、(特に男性や中高年女性が被害に遭った場合は)周囲の理解も得られにくい、という問題を抱えている。先述の通り、性犯罪は必ずしも己の性欲から発する類の犯罪でも無いため、いわゆるリア充と言われる境遇にある者でも犯行に及ぶことがある。
顔も名前も広く知られた芸能人が犯行を繰り返し、それを犯罪行為という意識すら無く笑い話にしていた例は記憶に新しい。

一応、警察も専門の教育を受けさせた捜査員の投入によって捜査面・被害相談面双方の質を改善させようとはしているものの、所詮軽犯罪として雑な対応をする者や、誤認逮捕からの冤罪等の重大なミスに発展させる者、その知識を悪用して自らが加害者側に回る者等が定期的に出ており、闇は非常に深い。
日本の場合は痴漢冤罪が多く、虚偽の強姦証言で3年以上服役させられた例もある(?)。

pixivでのタグの使われ方

pixivにおいては「性犯罪」として投稿されている作品はほとんど無く、「事案」としてギャグの形で表現される。

そうした作品の中には実行がほぼ不可能なものも多く、実際の犯行動機を見ても、そのような作品に触発されたという例は想像以上に少ない(触発されたと言っても、犯罪者側が罪を軽くするための言い訳であり、作者や作品そのものには何の罪もない)。
規制反対しゃの中には、危険な性的嗜好を持つ人物の大半は創作によって欲望が充足か代償されて実際にそうした行動には出なくなる、という根拠から規制に反対する者もいる。
また、日本は世界的にみても性犯罪が著しく少ない国(報告数が少ないだけで実際の数はもっと多いとされる、詳しくは後述)であり、これは世界有数の性表現規制の緩さ・性描写の自由さが関係していると論じられることがある。
(諸外国においても、性表現規制が強化されるとともに性犯罪が増加する、という現象がよくみられる、ただし、これは社会全体の性的暴力に対しての意識が高まり、これまで明るみに出ていなかった犯罪が報告されるようになったからであるとする声もある。)
ただし被害者が性被害にあったことを恥ずかしいと思ったり、セカンドレイプにより罪悪感を覚えて警察に報告しないこと、また、レイプ被害や痴漢を訴えてもセカンドレイプ(被害者が悪い、とされたり信じてもらえないなどの対応をされより傷つくこと)が多いため暗数(泣き寝入り件数)が多く、実際のところ性犯罪の件数が少なく見えているだけではないか、という意見が主流になってきている。

関連タグ

犯罪 強姦 痴漢 覗き ストーカー 児童ポルノ 虐待 盗撮 セクシャルハラスメント コインロッカーベイビー
売春/買春
逆セクハラ/逆レイプ
MeToo - 2017年にアメリカの映画監督ハーヴェイ・ワインスタインが多数の女性に性犯罪行為を行っていることが明るみになったのを機に世界中に広まった性犯罪被害告発運動。

関連記事

親記事

犯罪 はんざい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「性犯罪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2925472

コメント