ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

はじめに編集

  1. 性的な行為に対する嫌悪感→本稿にて紹介
  2. 自身の性に対しての嫌悪感→自己嫌悪参照

概要編集

性嫌悪者は一般的にR-18に触れる行為(性行為ディープキスなど)を露骨に嫌い、性的接触を極端に避ける…わかりやすく言えば「性に対する潔癖症」である。必ずしも先天的な性質によるものとは限らず、性交時において味わった身体的・心理的苦痛や性的虐待などの後天的な要因(要は性絡みのトラウマ)で生じる場合も多い。


性嫌悪は性行為や性的な事柄に関する個人の好き嫌いの一種で、それ自体は必ずしも病的なものではなく、日常生活で支障がなければ、無理に解消しようとせずに性愛から距離を置いて過ごす事も可能である。しかし性愛は恋愛や結婚につきものであると解されることが多く、それを攻撃的に排除したり、侮辱する態度や言動で周囲との摩擦、トラブルの原因になる事もあり、度が過ぎると性の不一致による離婚や、相手を一方的に性犯罪者扱いすることによる冤罪の原因を作る事もある他、まともに性行為も行えないため、最悪の場合生殖も出来なくなる。


なお性嫌悪は、「他者との性的接触を志向しない」状態を指す無性愛または非性愛とは別概念である。無性愛者・非性愛者でも、性嫌悪を特に持っていない人も多い。


pixivでは編集

pixivにも性的な作品は多数投稿されており、たとえ全年齢向けの軽度な性的表現であってもセンシティブな内容を含む作品そのものに対して不快感を抱く人も少なくなく、嫌悪が行き過ぎて作品や作者への侮辱誹謗中傷に走る人も多い。しかし、いずれも「他者に対する中傷、及び個人攻撃」と言う規約違反に当たるので、度が過ぎた場合はアカウント停止を食らうこともある。


規約上、きちんとレーディングすべきという線に明確に抵触していない場合は線引きが難しいのが実情であるため、作者側も閲覧者側も一定の配慮や自衛意識を持つことの必要性は認識し、無駄な摩擦を生み出さないようお互いに注意する必要はあるだろう。


もちろん、規約上明確にR-18R-18Gに該当する作品を、閲覧制限の指定をせずに投稿するのは、立派な規約違反である。当該記事の注意事項も参照の事。


関連項目編集

 潔癖症 プラトニックラブ 女性恐怖症 男性恐怖症 対人恐怖症 フェミニスト

えっちぃのは嫌いです えっちなのはいけないと思います! ハレンチな! セックスレス

関連記事

親記事

嫌悪 けんお

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129629

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました