ピクシブ百科事典

ホッジャ主義

ほっじゃしゅぎ

ホッジャ主義とは、アルバニア社会主義人民共和国の最高指導者、エンヴェル・ホッジャが掲げていたイデオロギーのことである。
目次[非表示]

概要

1970年代後半のアルバニア社会主義人民共和国中華人民共和国の対立が生んだ、反修正主義マルクス・レーニン主義の変種として扱われる。
よく国際主義を強めて非同盟となったチトー主義と比較される。ホッジャ主義とチトー主義は対立関係にあった。ホッジャ主義は、チトー主義と同様にソビエト連邦が社会主義陣営を主導することに対して批判的だったものの、ホッジャは中立的なチトー主義をマルクス主義に背くと考えていた。また、ホッジャ主義は、ヨシフ・スターリンの定義したマルクス・レーニン主義の教えを厳格に守り、他の全ての共産主義の派閥を「修正主義」と激しく異端視することで自らの絶対的な正しさを示そうとするものであり、その孤立的な傾向はアルバニア鎖国をもたらし、ヨーロッパ北朝鮮と揶揄されることとなった。

関連タグ

共産主義 社会主義 マルクス・レーニン主義 スターリン主義 エンヴェル・ホッジャ アルバニア社会主義人民共和国 RPSSh アルバニア労働党 チトー主義

この記事のカテゴリ

共産主義 社会主義 マルクス・レーニン主義 アルバニア社会主義人民共和国 RPSSh スターリン主義 エンヴェル・ホッジャ

関連記事

親記事

共産主義 きょうさんしゅぎ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホッジャ主義」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50

コメント