ピクシブ百科事典

ニコラエ・チャウシェスク

にこらえちゃうしぇすく

20世紀後半の社会主義独裁国家の国家元首 
目次[非表示]

英:Nicolae Ceausescu
ルーマニア語:Nicolae Ceaușescu

1918年1月26日~1989年12月25日
20世紀後半のルーマニアで君臨した政治最高指導者で初代大統領第一人者
歴史的な独裁者の一人に数えられる。

 20世紀後半のルーマニアの共産党独裁者として君臨したが、ソビエト連邦の『血も涙も無い』ゴルバチョフ政権に一瞬で見限られる。ソビエトに市民革命側を武器弾薬を支援される形で引き摺り下ろされる。最後は〈市民革命政権〉に公開処刑された。

吸血鬼と呼ばれた男

ルーマニアの農家に生まれたチャウシェスクは首都ブカレストに上京し、共産党に入って政治活動をするも、官憲に捕まって収容所に何度も投獄された。この頃に生涯の伴侶・エレナと出会う。
第二次世界大戦でルーマニア王国は敗戦国となり、ソ連に占領されて共産主義体制に移行。チャウシェスクも政治局員として政治に参画できた。1965年に党書記長に就任し、ルーマニア労働者党からルーマニア共産党へ党名を戻し、国名をルーマニア社会主義共和国に変えた。

東側陣営であったがソ連とは距離を置き、独裁者ながら教養知性を持った明快的政治家としてふるまった。
 積極的に東西両陣営を訪問して各国首脳と会談するという独自路線外交を進め、「東欧の異端児」と呼ばれた。
 実際、初期の頃は第二次大戦期に進駐してきたソ連軍の横暴さに対する恐怖が残る民衆感情に配慮して東側諸国でありながら反ソの姿勢を打ち出し、中立を謳っていたユーゴスラビアや絶賛分断中の西ドイツと友好関係を構築し、西側諸国の好意と多大な融資を得て経済活性化を図るなどまったくの虚飾ではなかった。
 しかしながら、いったいどうしたことか絶賛文化大革命中の中華人民共和国や個人崇拝が強化されていた北朝鮮といった、アジア圏の共産主義国家を「先進的」だと憧れるようになり、中国共産党朝鮮労働党を見習った政治を心がけるようになってしまう。

 自身と家族エレナ・チャウシェスクといった1%の人間のみが富を独占し、99%の勤労者国民(プロレタリア)は明日食べるものにも事欠く生活であった。一応、社会主義体制では餓死しないようにされており、最低現の食事は配給されたが、利益や成果は国民に還元されなかったという無間地獄である。そして政権にはむかう人々は共産主義政府特有の器量の狭さで粛清された。このことからチャウシャスクはしばしば、西側諸国から「吸血鬼のような男」と呼ばれたという。

 ルーマニア政権の独裁者となってから後年に入ったころ、経済がついに救いようが無いほど停滞し始める。離婚堕胎を禁じて人口増加を図ったが、逆に孤児が国内に溢れて社会問題となった。西側各国から融資を受けたが、その対外債務返済のために物資のほとんどを輸出に回してしまい、経済は破綻状態におちいった。

 一方でチャウシェスクは自身の個人崇拝を強め、チャウシェスクとその一族は贅沢な暮らしをし、虚偽の宣伝を広めた。国民生活は逼迫し、国民を顧みないチャウシェスクへの反感は高まったが、秘密警察セクリタテア」によって監視社会が構築され、ますます国民の生活は抑圧された。

クリスマスの日に処刑される

1989年にソ連のゴルバチョフゴルビー)のペレストロイカにより『徹底的な民主主義以降路線』が敷かれ、ゴルビーソ連政権はソ連同盟社会主義共産党独裁政権に民主主義へ移行する指令をだしていた。

 ルーマニアにも民主化・自由化の機運が高まり、チャウシェスクはかつての、〈反革命騒乱〉を当時のブレジネフやフルシチョフのソ連政権と同じ処置、すなわち戦車軍団による市民の皆殺しも含めた鎮圧を求め、ソビエト連邦にWTO軍(ワルシャワ条約機構軍)に援助を求めた。

 ゴルバチョフは『この際だから、時代遅れのルーマニアの終身大統領には引退してもらう。』として、チャウシェスク政権を赤い皇帝なみの冷酷さで鎮圧拒否をした。独裁政治を進めるチャウシェスクを両陣営とも見放した上、市民化革命勢力側に武器弾薬を提供しルーマニア共産党独裁制政権をうち滅ぼしてOKとした。

チャウシャスクは共産党独裁者として皇帝のように優雅に振舞っており、ゴルバチョフの改革に否定を示していた上、かつてからソビエト連邦や他の東欧社会主義国家に対しても上から目線を公然と行った。ゴルバチョフ政権側からすれば『ルーマニアはソビエト社会主義民主政治革命に反抗する反革命者』であるということになった。時代が変わると恐ろしい・・。

 やっぱりゴルバチョフはなんだかんだいって怖い・・。
 粛清やろうと思えば出来たんじゃないかゴルビー

 〈ソビエト連邦に公認されたルーマニア共産党独裁制政権をうち滅ぼしてOKとなった〉ルーマニアでは国内の市民(人民)に暴動が多発し、チャウシェスクは自分を称賛する集会を開いて演説したが、群集は独裁政治に対する抗議集会へと変貌し、収拾がつかなくなってチャウシェスクは動揺してしまい、おまけにその一部始終が全国にテレビ中継されていたため、抗議運動は全国へ拡大。「ルーマニア革命」となった。

ソ連軍不介入が判明すると大統領直属のルーマニア革命防衛軍も革命軍に参加し、完全にチャウシェスクは孤立して政権は崩壊し、ヘリで逃亡(途中から車)。
 しかし、結局は革命軍に捕まって裁判を受け、夫婦ともに公開処刑となった。その様子は映像に残された。

 ソビエト連邦はこの市民革命政府を公認し、後継国家『ルーマニア』も承認した。
旧共産主義政権の幹部の犠牲に関してはお咎めなしとした。

【参考文献】
・wikipedia

イラスト
・ヴァージン・キラーポーズ~コマネチ(楚星蘭三)

関連タグ

ルーマニア 独裁者 冷戦 東欧
昭和天皇・・・チャウシェスクは社会主義国の元首として来日したこともある。

WE_ARE_THE_CHAMP・・・ルーマニア革命でチャウシェスク夫妻が失脚した際、市民がこの曲の替え歌を合唱していた。

pixivに投稿された作品 pixivで「ニコラエ・チャウシェスク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8564

コメント