ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

レオニード・イリイチ・ブレジネフ(ロシア語:Леони́д Ильи́ч Бре́жнев、ウクライナ語:Леонід Ілліч Брежнєв、ラテン文字表記の例:Leonid Il'ich Brezhnev、1906年12月19日 - 1982年11月10日)は、ソビエト連邦の政治家。第4代ソビエト連邦最高指導者。書記長(当初は第一書記)、最高会議幹部会議長を兼任した。

フルシチョフ失脚後に党第一書記(指導者)となり、アレクセイ・コスイギン閣僚会議議長(首相)、ニコライ・ポドゴルヌイ最高会議幹部会議長(国家元首)とのトロイカ体制を敷いた。1977年からは最高会議幹部会議長も兼任した。最高指導者としての在任期間はスターリンに次いで長い。

KGBを強化してスターリン時代の抑圧的政策へ回帰し、ソ連の文化・技術・経済を停滞させた一方で、アメリカニクソン大統領との交渉によってソ連の勢力圏に干渉しないことを承認させ、国威を発揚した。冷戦時代にアメリカと対抗する為、重厚長大産業に莫大な国費が投じられる一方で国民の生活水準は向上せず、特権階級が「非公式経済」を享受する為の汚職が蔓延った。また、ブレジネフとその親族も私腹を肥やし続けた。ちなみにロシアが経済的に破綻した現在では、ブレジネフ時代を懐かしむ国民も多い。

経歴

1906年12月19日にロシア帝国のウクライナのカメンスコエに誕生した。1923年に共産党青年組織のコムソモールに加入した。1931年に共産党に入党し、その後ドニエプロジェルジンスク冶金大学で冶金学を学び、1935年に卒業して製鉄所技師になった。

1939年にドニエプロペトロフスク州党委員会書記となり、防衛産業を組織した。

1941年に独ソ戦が始まり、軍の政治委員として活動した。1943年4月に第18軍の政治部長になり、1946年に少将の階級で赤軍を去り、ドニエプロペトロフスク州共産党委員会に復帰し、第一書記となる。ブレジネフはドニエプロペトロフスク州での人脈を権力強化に利用し、彼らはドニエプロペトロフスク・マフィアと呼ばれた。
1952年に共産党中央委員会及び最高会議幹部会のメンバーとなった。

1953年3月にスターリンが死去し、フルシチョフの後援によりソビエト連邦軍政治総局長第1代理に任命された。1954年にカザフスタン共産党中央委員会第二書記となり、1955年にはカザフスタン共産党中央委員会第一書記として、カザフスタンの開拓事業を指導した。

1956年2月にモスクワへ戻ってフルシチョフの側近となり、1957年6月にはスターリン派との権力闘争でフルシチョフを支持し、政治局のメンバーとなる。1960年5月に最高幹部会議議長に就任し、名目上の国家元首になった。この時西側への外遊により、高級車・ブランド品への欲望が高まる。

1963年にフルシチョフの追放計画に加担し、更に1964年にフルシチョフが失脚し、ブレジネフは党第一書記となる。1965年にアナスタス・ミコヤンも失脚し、共産党はブレジネフ、コスイギン、ポドゴルヌイのトロイカ体制となる。コスイギンは経済改革を提唱した事で保守派の反発を招き、ブレジネフの発言権が増す。1966年に「党第一書記」をスターリンの肩書きであった「書記長」に戻す。

1968年にチェコスロバキア共産党第一書記アレクサンデル・ドゥプチェクによる改革(プラハの春)に危機感を持ち、「修正主義」と批判し、ワルシャワ条約機構軍を軍事介入させた。介入を正当化する論理は西側では「ブレジネフ・ドクトリン」と呼ばれた。ソ連に対する期待が失われ、国際共産主義運動は分裂した。

1976年に軍隊を指揮した経験無しに、ソ連邦元帥となる。健康状態が悪化したブレジネフは権力に強く執着するようになり、数々の勲章で自らを飾ったが、国民からの尊敬を得られなかった。1977年にポドゴルヌイに引退を強要し、ブレジネフが最高会議幹部会議長を兼任した。そして最後となる憲法改正(ブレジネフ憲法)を行う。

1982年11月10日に心臓発作によって75歳で死去し、赤の広場に埋葬される。

外交

アメリカ合衆国

1972年に米ソ首脳が戦略兵器制限条約に調印し、ブレジネフはアメリカとの緊張緩和(デタント)を推し進めた。その一方で第3次印パ戦争(1971年)、第4次中東戦争(1974年)、アンゴラ内戦(1975年)、エチオピア・ソマリア戦争(1977年)など、米ソの代理戦争が行われた。

アフガニスタン

1979年にアフガニスタン侵攻を決定。アメリカとの緊張緩和は終焉し、再び始まった軍拡でソ連の経済は悪化した。これが原因で1980年に共産圏で初の開催となったモスクワオリンピックは、アフガニスタン侵攻を非難する諸国からボイコットされた。

中華人民共和国

1969年にウスリー川のダマンスキー島(珍宝島)で武力衝突が発生し、ブレジネフの在任中は中国との関係は悪化し続けた。

日本

1972年に田中角栄首相と共同声明を発表し、その他にヤクートの天然ガス・チュメニ油田・サハリン大陸棚の共同開発などの経済協力を打ち出した。

アネクドート

ブレジネフ関係のアネクドートは無数にある。

『ブレジネフが誘拐されて誘拐犯から電話があった。「100万ドル払え。さもないとブレジネフを生かして帰す」』

『モスクワオリンピックでブレジネフが演説を始めた。「O! O! O! O! O!」側近が演壇に駆け寄ってささやいた。「レオニード・イリイチ、それはオリンピックの旗です。読む必要はありません」』

『ブレジネフは母親に偉くなったところを見せようとモスクワへ呼んだ。豪華な執務室・幹部用住宅・幹部用別荘などを連れ回すにつれ、母親の顔は暗くなった。「お前が偉くなって嬉しいよ。でも、ボルシェビキの連中に殺されないかね?」』

以上のものなどがある。ブレジネフが共産党幹部となった後も、母のナタリアは年金受給者として古いアパートで暮らし続けた。

【参考文献】
レオニード・ブレジネフ(サカルカ)

家族

  • ヴィクトリア・ペトロヴナ・デニソワ(1928年結婚)
  • ガリーナ・ブレジネワ(長女・1933年誕生)
  • ユーリ・ブレジネフ(長男・1933年誕生)


関連リンク

※詳しくはwikipedia「レオニード・ブレジネフ」を参照。

関連タグ

ソ連 ソビエト連邦共産党

党中央委員会書記長
(前任者)ニキータ・フルシチョフ
(後任者)ユーリ・アンドロポフ

関連記事

親記事

ソビエト連邦共産党 そびえとれんぽうきょうさんとう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブレジネフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5068

コメント