ピクシブ百科事典

『鉄のカーテンの向こう側』。1989年以前の東欧諸国(ユーゴスラビアを除く)とモンゴル。ソ連占領下または影響下で社会主義革命や独立をなしとげたため、政権は最初からソ連の傀儡であった。ハンガリーチェコスロバキアのように民主化に動き出した国は「正常化」と称して容赦なくソ連に叩き潰された。

ただし、アルバニアは途中からソ連から離れ中華人民共和国寄りになり、ルーマニアについてはチャウシェスク時代に独自の外交を行い自立傾向をみせた。

関連

ソ連東(社会共産)の盟主
アメリカ合衆国西(自由民主)の盟主

関連記事

親記事

ソビエト社会主義共和国連邦 そびえとしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう

子記事

兄弟記事

コメント