ピクシブ百科事典

概要

白亜紀に生息していたの一種。
学名の意味は「カラスザメ」(ただしカラスザメの仲間ではない)。

軟骨魚類なので発見された化石は歯等が多いが、石灰化した骨格が発見されており結構正確に復元できるようになっている。
歯はイタチザメに似ており、イタチザメのように様々な生物を食べた可能性を示している。また、化石の体内からシファクティヌスの化石が発見されており、大型肉食魚を食べることがあったことがわかっている(これに関しては死骸を食べた可能性が指摘されている)。

体型はホホジロザメに似たがっしりしたもので、生存時はしっかりした筋肉がついていてかなりの速度で泳げただろう。

関連タグ

関連記事

親記事

ネズミザメ目 ねずみざめもく

兄弟記事

コメント