ピクシブ百科事典

ドリゴン

どりごん

ドリゴンとは、ファイヤーマンが初めて対決した怪獣の名称である。なお、ここでは同じくファイヤーマンと初めて対決した怪獣であるドリゴラスについて解説する。
目次[非表示]

データ

別名身長体重出身地
三本角怪獣(恐竜)59m3万9千t青江半島沖


概要

ファイヤーマン』第1話「ファイヤーマン誕生」、第2話「武器は科学だ S・A・F」に登場。
青江半島の伝説に語り継がれていた、太古から生き続ける雌のトリケラトプスの変異体の怪獣。また、ファイヤーマンが初めて対決した怪獣でもある。

大規模な天変地異の影響でドリゴラスと共に永き眠りより目覚めると、青江半島沖へと上陸して闘争本能の赴くままに暴れ回る。

額の三本角を使って発光現象を起こす事ができるほか、個々から代々糸の破壊光線を発射する事が出来る。

一度はホームグラウンドである海底へとファイヤーマンへと誘き出して窮地に追い込むが、最後は角を折られて弱体化したと諸に『ファイヤーフラッシュ』を受け倒された。

ドリゴラス

データ

別名身長体重出身地
一本角怪獣(恐竜)60m3万1千t青江半島沖


第1話、2話に登場。
ドリゴンと共に青江半島の伝説で語り継がれている一本角の雄のモノクロニウスの変異体の怪獣。

ドリゴンを探して青江半島沖へと上陸するが、ドリゴンがファイヤーマンに倒されその死を感知すると怒り狂い暴れ回る。

口から吐き出すオレンジ色の破壊光線と一本角から発射する白色楔型光線が主な戦力。

ファイヤーマンとの激戦の末に『ファイヤージャンプ』で角を折られて弱った所に『ファイヤーフラッシュ』を受け絶命した。

関連項目

ファイヤーマン

コメント