ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

種別殺し屋怪獣
身長48m
体重3万1千t
出身地南太平洋・ガロン環礁付近


概要

ファイヤーマン』第9話「深海からの挑戦」に登場した。大きなを持つ肉食恐竜のような姿をしており、白目の部分は無く(最も、白目がある動物なんて人間くらいしかいないのだが)赤く爛々と輝くが特徴的な人相の悪い怪獣
海底を住処にしている水陸両用性の怪獣で、ジュラ紀に生息していた。5~6匹の群れで活動するが、が足りなくなると仲間同士で殺し合い、その死体を食べるほど貪欲な習性を持つ。水中ではイルカのように超音波を放ち、餌を探す。
海底で目覚めてから暴れ回り、怪獣ロドグロスガマスではない)を殺害。更に、なぜか水中にいたグドンをずたずたに引き裂いて貪り食い、ステゴラスを襲って食い殺した。調査に訪れた主人公・岬大介の恩師も殺してしまう。
この怪獣の恐ろしい所は光線も吐かず(赤い液体を吐くがあくまで目潰しでしかない)、単にその馬鹿力だけで並み居る怪獣たちをぶち殺して貪り食っていたという所にある。その怪力でファイヤーマンを圧倒するが、最後は尻尾をファイヤーレーザーで焼き切られ、ファイヤーフラッシュで爆殺された。

作中で別の怪獣を捕食していたグドンを襲って食い殺すという、更なる怪獣食物連鎖を引き起こした怪獣として有名である。

余談

古代怪獣ツインテール


後に『ウルトラマンメビウス』では、ツインテールが海中にも適合できる生物であることが判明した。本エピソードでグドンが水中にいたのも、もしかしたら餌となるツインテールを捜していたのかもしれない。
ウルトラマンギンガSのBlu-rayBOXでは存在が示唆されている上、ウルトラシリーズの再編集ビデオでは度々取り上げられていることから、ウルトラ世界にもネロギラスは存在するのだろう。似た立ち位置の怪獣にダストパンゴルゴザウルスなどがいる。

乗っていた深海調査艇をネロギラスに撃沈された岬大介の恩師・田所博士を演じたのは、幾多の特撮で活躍した名俳優、平田昭彦オキシジェン・デストロイヤーで怪獣王ゴジラを消滅させ、バランを爆殺した特殊火薬を発明し、ウルトラマンすら勝てなかったゼットンを一撃で吹き飛ばす無重力弾を作り上げた男を、ネロギラスはいとも簡単に殺したことになる……のかもしれない。

関連項目

ボガール - 同じくグドンを食べた怪獣であるが、ネロギラスでも相手にはなるまい。
エビラ - 平田昭彦氏を殺した怪獣繋がり。ただし、その際の平田氏が演じていたのは科学者役ではなかった。

関連記事

親記事

ファイヤーマン(特撮) ふぁいやーまん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネロギラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18013

コメント