ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

青年漫画

せいねんまんが

「青年漫画」は、日本の漫画の分類の一つ。主に年齢の高い読者層が想定されている漫画雑誌に連載された作品のことを指す。
目次 [非表示]

概要

概ね高校生以上(主に男性)を読者として想定した漫画。広義ではマニア系や萌え系の雑誌に発表された漫画作品を含む。性描写を含む漫画もあるが、成人向け漫画とは区別される。


歴史

1964年創刊の青林堂「月刊漫画ガロ」が草分けであるが、同誌は大衆性よりも作家の個性を尊重する編集方針でいわば「マニア誌」の先駆けと言える。「ガロ」は虫プロ商事から刊行された「COM」とともに、昭和40年代の漫画表現をけん引した。一般的な青年漫画誌は1968年の「ビッグコミック」が最初である。


1980年代には「週刊ヤングマガジン」、「ヤングジャンプ」(現週刊ヤングジャンプ)、「ヤングチャンピオン」、「ヤングサンデー」(少年ビッグコミックから改題、2008年休刊)など、週刊少年誌の兄弟誌を謳う各誌が出揃った。


他ジャンルとの関係

少年漫画との境界線は曖昧で、少年誌連載の作品が青年誌に連載を移すこともある。少年漫画や少女漫画から移籍してきた作家も多い。


同様の年齢層の女性を読者層として想定したのが女性漫画ユニセックスな雰囲気のある漫画誌は女性漫画ではなく青年漫画に区分されるケースが多いため、マニア系の青年漫画誌の中には女性読者の方が多いものもある(「コミックZERO-SUM」、 「コミック百合姫」など。紙面には「男女向け」「女性向け」の記述がされている)。「コロコロアニキ」のように児童誌と区別が付きにくいものは「青年誌コーナーに置いて下さい」という記述がされている。


青年漫画誌

秋田書店

ヤングチャンピオン

チャンピオンRED

アスキー・メディアワークス

電撃大王

月刊コミック電撃大王

角川書店

ヤングエース

月刊少年エース

講談社

ヤングマガジン

モーニング

月刊少年シリウス

月刊少年ライバル

マガジンZ(休刊)

集英社

ヤングジャンプ

週刊ヤングジャンプ

ビジネスジャンプ

スーパージャンプ

ジャンプスクエア

ウルトラジャンプ

グランドジャンプ

となりのヤングジャンプ

ジャンプSQ

小学館

ゲッサン

ビッグコミック

ビッグコミックオリジナル

ビッグコミックスピリッツ

コロコロアニキ

少年画報社

ヤングキング

ヤングキングアワーズ

月刊ヤングキング

新潮社

コミックバンチ

徳間書店

COMICリュウ

白泉社

ヤングアニマル

芳文社

週刊漫画TIMES

ノース・スターズ・ピクチャーズ

コミックゼノン

双葉社

漫画アクション

日本文芸社

漫画ゴラク

マニア系

青林堂

月刊漫画ガロ

青林工藝舎

アックス

エンターブレイン

コミックビーム

小学館

IKKI

講談社

アフタヌーン

月刊アフタヌーン

イブニング

一迅社

コミックZERO-SUM

コミック百合姫

幻冬舎

月刊バーズ

富士見書房

コミックドラゴン

月刊ドラゴンエイジ

スクウェア・エニックス

月刊Gファンタジー

ヤングガンガン

マッグガーデン

月刊コミックブレイド

メディアファクトリー

コミックフラッパー

キルタイムコミュニケーション

コミックヴァルキリー

4コマ

竹書房

まんがくらぶ

まんがライフ

芳文社

まんがタイム

まんがタイムジャンボ

まんがタイムきらら

まんがタイムきららキャラット

まんがタイムきららフォワード

まんがタイムきららMAX


代表的作品

※連載が始まった年代順


関連タグ

大人向け

関連記事

親記事

漫画 まんが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8971068

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました