ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

※注意

このキャラクターは、その所業故にアンチが非常に多く、時折過剰なキャラヘイト表現や、「似たような人物」など本来の記事内容の趣旨からズレた書き込みが行われることがあり、それが原因となって編集合戦へと発展することも多々あります。


原則中立性のある記事を保つため、そして無益な編集合戦及び演者への風評被害を防ぐためにも、そういった悪意を含んだ書き込みは極力控えるよう、お願い致します


概要

スーパーマンの力を手に入れたのが、誠実な両親に育てられて確かな正義の心を持ったクラーク・ケントではなく、日々抑圧を感じ続けてきた小市民であったら」というシチュエーションに基づき、「正義」という概念の持つ危うさを皮肉たっぷりに描く。

藤子・F・不二雄氏のいわゆる「SF短編」と呼ばれる作品群の中でも激烈にブラックな内容で知られており、アニメ化もされた。

通称「USD」。

秋葉原でラーメン屋さん増加中

事実上のパイロット版として『カイケツ小池さん』という短編も存在する。

こちらは、細かな設定(主人公の立場、能力の一部)に違いがあるものの、主人公がラーメン大好き小池さんである等、共通点が多い。

小池さん

あらすじ

不死身の肉体を持つ超人・句楽兼人(くらく・けんと)は、正義の名の下に自ら定めた「」を断罪する。

しかし、強大な力を振り回しすぎた彼は、今や世界中から恐れられる存在となっていた……。


登場人物

  • ウルトラ・スーパー・デラックスマン/句楽兼人

CV:龍田直樹

主人公。月星商事(アニメでは日星商事)の待機室長。

かつては平凡なサラリーマンで、強い正義感の持ち主ではあったものの、暴漢に立ち向かえるほどの力や勇気はなく、新聞の投書欄で憂さを晴らすのを日課としながら鬱屈した日々を過ごしていた。

それがある日、突然スーパーマンとしての能力(人間の手足程度なら軽く引きちぎり、家具を軽く蹴っただけで隅っこまで飛ばす怪力飛行能力、核爆弾の直撃にも耐えるウルトラ・スーパー・デラックス細胞、あらゆる物を見通すX線眼、さらにアニメ版では台風並みのブレス攻撃を可能とする心肺機能銃弾をつかんで投げ返す反射神経)を手に入れ、以降、暴走族や庶民を顧みない政治家及び企業といった「社会の悪」を成敗していくようになる。


しかし、「小難しい理屈はおれ、きらいなんだ。悪いやつは悪い、良いやつは良い」と法律や人権を全く無視した独善的な粛清を繰り返すようになり、殺人容疑で警察に逮捕されかけたのをきっかけに警察やマスコミを攻撃して力を誇示したせいで、世間から危険視され、挙句の果てには核攻撃まで受けてしまい(彼自身は無傷)、世界中から孤立した。

作中時点では、世界中のメディアが句楽に関する情報(と、句楽が出動を決意しかねない事件・事故等の情報)に対して箝口令を敷いており、彼の存在は公然の秘密となっている。

さらに社内でも顔を合わせたとたんに社員達が逃げ隠れたり、出前を頼んだ寿司屋が代金の支払いや寿司桶の返却を自ら断るなど、誰もが句楽を恐れており、句楽を刺激しかねない事を誘発させないようにするためか、彼の家がある廃墟の入り口で警察官が検問を行っている。


自分の正義を理解してもらえないことや、人外の力を持って生きていくことへの重圧もあって、句楽自身もいよいよエゴが暴走しており、仕事中のアイドルを無理やり呼びつけて有無を言わさずベッドインするなど、理不尽極まりない所業に及んでいる。

唯一、本当に心を開いていたはずの片山をも「散々自分をしつこく狙った女をかばう」「自分に対し説教した」という理由で殺そうとした。


最期はウルトラ・スーパー・デラックス細胞がガン細胞に変質してしまい、それを治療する術がなかったため死亡する(ウルトラ・スーパー・デラックス細胞が強靭すぎて、メスで腹を切り開くことさえできなかった)。

さらにアニメ版では、能力を手に入れてから数年間、秘書からの勧めを断って健康診断に行かなかったせいですでに手遅れだった事実が明らかになった。

細胞核が句楽の顔のようになったウルトラ・スーパー・デラックスガン細胞の設定画も作られている。


なお、原作では小池さんのイメージ通りラーメンを食べるシーンがあったが、アニメ版では意外にも食べていない(該当シーンである新聞を読みながら食事するシーンが朝食であろう焼き魚とご飯に差し替えられ、ウルトラスーパーデラックスマンに覚醒するシーンが食事から起床時に差し替えされているため)。


「おれの力は世の不正を正せと神があたえたもうたものだ」

「おれに逆らう者はすなわち悪だ。悪を抹殺するのがなぜ悪い!?」

「言ったな!! 生き埋めにしてやる!!」(原作で片山に「血に飢えた化け物」と糾弾されたのに逆上しての台詞。アニメ版では「お前も殺す!!」になっている)

「正義を邪魔する奴は友達でも敵だぞ」(アニメ版で片山に謎の女を渡すよう要求して「渡したら殺すんだろう」と問い詰める彼に対する台詞)


「句楽兼人」という名前は、もちろん「クラーク・ケント」のもじり。

しかし、「句楽」は「苦楽」とも書き換えることができるため、苦と楽を兼ねた人……つまり、大いなる力を得たが故の苦しみを抱えてしまった人という意味とも解釈できる。

特にアニメ版ではそうした側面が強く描かれており、片山に不安を吐露するシーンがあったり、直後のアイドルへの猥褻や片山への恫喝も精神的に限界を迎えてしまったが故の狂行と解釈できるようにもなっている。


「お前にだけ言うけど……時々、このままずっと生きていくのかなって思うんだ」

「知ってる奴みんなが死んでも、きっとおれだけがいつまでも生きていくのかなぁって……この先、何百年、何千年……何億年もこんな生活していくのかなぁって!」

「ひょっとして、おれ一生死ねないんじゃないかな!? いや、死ぬまで死ねないんじゃないかな!? いや、おれが言いたいのはな、だからその……つまり……」


  • 片山

CV:増岡弘

本作のもう一人の主人公。句楽の同僚にして、句楽が地球上で最も気を許している相手

中年太りした容姿だが、アニメ版ではややスマートな体型になっている。

妻帯者で、アニメ版ではしげおというもうすぐ中学生になる子供もいた。

世間が句楽を恐れる中、偶然にも彼と顔を合わせ、家に遊びに来るよう誘われてしまう。

それを断れなかったため、妻に「だから平社員のままなのよ!!」と怒鳴られ(アニメ版では物まで投げつけられている)涙ながらに反対されるが、行かなくても何をされるかわからないため号泣する妻を説得して句楽邸へ向かうことを決意。

道中、謎の女を轢きそうになり、車が壊れたためウルトラ・スーパー・デラックスマンに送ってもらう。


その後、句楽邸にて彼から能力を手に入れた経緯と今後についての悩みを聞かされていたが、そんな中で謎の女が句楽を狙ったため、彼女を咎める。

しかし、彼女は忠告を聞かずに句楽を逆上させてしまい、結局は彼女を助け、彼女を殺そうとする句楽を怒鳴りつける。

それは親友という立場から、これ以上独善を振りかざして暴れるのはやめてほしいと、彼のためを思ってのことだった。


片山の願いは聞き入れられず、逆上した句楽によって殺されそうになるが、その直前、句楽は胃ガンに倒れた。

吐血した彼を見てすぐに救急車を呼ぶが、最終的には病院でその死を見届ける。


さらにアニメ版では、句楽の死後、超人として生きることに疲れていた彼の真意を汲み、その棺にウルトラ・スーパー・デラックスマンの服を納めないことを決めるのだった。


「句楽、貴様は正義の味方なんかじゃない! 血に飢えた化け物だ!!」

「公平に言って、ウルトラ・スーパー・デラックスマンは、現代がなしうる最高の医療を受けたと言えよう。しかし、ウルトラ・スーパー・デラックスガン細胞の増殖を抑える事は不可能であった」(原作のラストシーンでのナレーション)

「私は、彼の棺にこの服を入れるのはやめようと思う。彼は、ウルトラ・スーパー・デラックスマンではなく、平凡な一人のサラリーマン・句楽兼人として、一生を終わりたかったに違いないから……」(アニメ版のラストシーンでのナレーション)


  • 謎の女

CV:柳沢三千代

片山が出会った謎の女性。

その正体は、かっぱらいをしたからという理由で恋人を句楽に殺された女性で、句楽への復讐を狙っている。


片山の忠告を聞かずに、無謀にも包丁ハンマーで句楽を襲い、その度に返り討ちに遭って彼を逆上させるが、最終的に片山に助けられる。

アニメ版では、句楽に殺された恋人はかっぱらいではなく、句楽に理不尽に絡まれて殺された一般人という設定に変更された。

また、服装がボロボロの服+裸足から少し破れた洋服+靴、武器も包丁+ハンマーからナイフマシンガンに変更されており、ちゃんと顔が描かれ台詞も付いたことで、「死を覚悟して復讐を挑む句楽の独善の犠牲者」というイメージが強くなっている。

何度も句楽の殺害を狙っていたため句楽邸周辺の地理に詳しく、廃墟の中の抜け道を知っていた。


「あの人は、何もしてないわ! 句楽が……句楽が言いがかりを付けてきたのよ!!」

「『今、俺の悪口を言っただろ』って、あの人に近づいてきて……あの人を……!!」


  • 丸眼鏡の文化人

CV:田中亮一

多くの文化人有志を連れて句楽の家に行き、日本は法治国家であり私的制裁は禁止されていると説得したが、追い返される。

原作ではそのまま退場したが、アニメ版ではこの後句楽を特集した深夜の生討論番組にも出演。句楽を堂々と批判したものの、運悪くその一部始終はテレビを通じて句楽に見られ、テレビ局に乱入してきた彼によって壁に強く叩きつけられてしまった。

「彼はもはや正義の味方ではありません!!」


  • アイドル

CV:荒木香恵

句楽が見ていたテレビ番組に出演していたアイドル。一目惚れした句楽にスケジュールそっちのけのアポ無しで呼びつけられてしまった、早い話生け贄。

それでも句楽を前にして「すぐ済ませてください」ときっちり告げるなど、芸能人らしく肝は据わっている。

その後、ベッドインさせられるが、直後に謎の女がやってきて句楽を襲ったため、最悪の事態は免れた。

アニメ版では女が句楽を目掛けてマシンガンを乱射したため、さすがにベッドの陰に隠れて震えていた。

「帰りたいんです!」


  • 警察官

CV:平野正人佐藤浩之

現代と回想に登場。現代の警察官は、句楽邸がある廃墟の入り口にて二人で検問をしている。句楽の家に向かう片山を心配していた。

回想の警察官は理不尽な粛正の結果死人を出した句楽を殺人容疑で逮捕しようとしたが、返り討ちに遭い虐殺された。


  • 秘書

CV:江森浩子

句楽お抱えの秘書。句楽を恐れ、常に怯えている。

原作では小太りでそばかすがある。

アニメ版では美人で、句楽に健康診断に行くよう進言したが無視され、そのまま引き下がってしまった。


『カイケツ小池さん』の登場人物

『カイケツ小池さん』の主人公。

句楽と同様、平凡な小市民でありながら、腐敗する社会に正義の怒りを燃やす男。

ある日、唐突にスーパーマンのような超能力を手に入れ、世にはびこる悪を断罪していく。


……と書けば聞こえはいいが、彼の社会に対する怒りは「東京都の旗が卑猥」「深夜番組の内容が破廉恥」と、一般の人々に比べて神経質すぎるきらいがあり、彼自身「正義屋」というあだ名で周囲に後ろ指を指されている。

またその一方で、句楽同様、実際には抗議の投書を新聞社やテレビ局に送るのが精一杯の臆病な男でもあった。

超能力を手に入れてからもそれは変わらず、ある日、勢い余って痴漢を惨殺してしまい、良心の呵責に耐え切れずに「こんな奴が死んだところで社会に損害はない」と自らを正当化し、嫌いな会社の上司やタバコ屋のお婆さんを念力で殺害して以降、ラーメンを値上げした近所の店主や、嫌いな番組に出演した芸能人、さらには自分に噛みついてきた犬までをも、独善的に粛清するようになる。

挙句の果てには、「バレなければ悪くない、この程度の役得があったっていい」と開き直り、普段から好意を持っていた女性の私生活をX線眼で覗くまでに至った。


しかし、最終的に、その女性・富士野雪子に年上の愛人がいたことを知ってしまい、自分の思い通りにならない世界に逆上。

空をやみくもに飛び回った末、怒りをぶちまける。


「虫けらども! あんまりおれさまをイライラさせるなよ! その気になれば世界を破滅させることだってできるんだぞォ!!」

と叫ぶ小池さん。

そんな彼に向かって、どこからか野球の球が勢いよく飛んできて、彼のエゴがいよいよ爆発するのを予感させる……というのが『カイケツ小池さん』のオチであった。


  • 富士野雪子

小池さんの憧れの女性だが、実は愛人がいた。

とはいえ、本人は小池さんに惚れられているとは全く思っておらず、小池さんの一方的な逆恨みである。


  • 会社の上司

日頃から仕事そっちのけで投書に精を出す小池さんを叱ったり嫌味を言ったりする。

正論を述べているにもかかわらず、小池さんはこれをパワハラとしか受け取っていない。

最終的には、小池さんが辞表を出した時に吐いた「くたばれ!!」の一言と共に発せられた念力によって殺された。死因は心臓麻痺である。


  • タバコ屋のお婆さん

本人としては真剣に怒っている小池さんをいつも冷やかすお婆さんで、最終的にやはり小池さんの「くたばれ」の一言から発せられた念力で殺害された。

直接死亡する描写はなく、「くたばれ」と呟いた次のコマでタバコ屋の前に葬式用の花輪がかかっているという、地味ながら怖い演出が使われた。


藤子F流スーパーヒーロー譚

  • 正義の名の下に公然と身勝手な暴力の嵐を巻き起こす句楽は、正義の意味に悩みながらもくじけずにヒーロー活動を行うパーマン1号や迫害を危惧して高畑さん以外の人間に超能力者であることを隠していた佐倉魔美ネガと呼ぶべき存在である。
  • 中でも「平凡な一市民が、超能力を得て苦悩する」というこの物語の派生として誕生したのが『中年スーパーマン左江内氏』。平凡な人間が超能力を得てどうするかという点では共通するのだが、こちらの主人公・左江内氏は「良識的な感覚を持っている」「守るべき家族がいる」という点で句楽や小池生と大きな違いがある。
  • 似たようなテーマを扱った藤子F作品には、『わが子・スーパーマン』というものもある。こちらは、様々な状況証拠から「自分の子供が超能力を手に入れ、行使するようになってしまったのではないか」という疑念に駆られた父親が苦悩するという内容。
  • ちなみに、『ドラえもん』には「強力ウルトラスーパーデラックス錠」という本作のセルフパロディを思わせるひみつ道具が存在する。

関連項目

藤子・F・不二雄 SF短編 小池さん

鬼畜ヒーロー 正義中毒


表記ゆれ:ウルトラ・スーパー・デラックスマン


もしかして:ウルトラスーパーデラックス ウルデラ USDX


関連外部リンク

関連記事

親記事

SF短編 すこしふしぎたんぺん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 283820

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました