ピクシブ百科事典

キー坊

きーぼう

漫画「ドラえもん」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

もしかして

西川きよし
CV:島本須美(旧ドラ) 丸山詠二(雲の王国) 吉越拓矢(緑の巨人伝)

概要

初登場はてんとう虫コミック33巻「さらばキー坊」
裏山に生えていた若木が「植物自動化液」で動けるようになった姿。ドラえもんは当初「緑ちゃん」と名付けようとしていたが、のび太が「キー坊」と呼んだ際に反応したことから名前が決まった。植物自動化液には考える力も与えるため、のび太とは違って勉強が好きでよく教養番組を見ている。そのおかげで終盤では流暢に話せるようになり、植物型異星人が地球の植物を救出しようとした時は今まで学んだ知識を生かして彼らを説得して中断させた。その後は植物文明を学ぶためにのび太たちの元を離れて彼らの星に移住することを決意する。
のび太と雲の王国」では壮年にまで成長した姿で登場。植物星の大臣に出世し、大使として地球を訪れており、故障して動かなくなったドラえもんを甦生させた。また、地球の環境が回復するまで天上人たちが自身の星に移住することを認めた。

キー坊


のび太と緑の巨人伝」ではデザインが大きく異なり、人間の子供によく似た姿をしている。

キー坊/緑の巨人伝



関連タグ

ドラえもん のび太 のび太と緑の巨人伝 のび太と雲の王国

pixivに投稿された作品 pixivで「キー坊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14718

コメント