ピクシブ百科事典

百苦タイマー

ひゃっくたいまー

百苦タイマーとは、ドラえもんの秘密道具である

「弱い人は、十回くらいで死んじゃうこともあるんだよね」(ドラ&セワシ談)

概要

単行本18巻収録「百苦タイマー」に登場。
見た目は反転フラップ式の目覚まし時計(いわゆる『パタパタ時計』)のような形をしている。

ドラえもんセワシと一緒に百か月ごとに行われるひみつ道具の定期検査を行っている最中に、のび太が仲間外れにされた腹いせに持ち出してスイッチを押してしまった道具。

スイッチを押すと百分間に百の苦しみを味わうと言う苦行者向けのアイテムだが、一度押したら解除も破壊も出来ず、世界の果てまで逃げても効力が及ぶ上に、弱い人間なら十回くらいで死ぬと言う、バイバインおもちゃの兵隊と並ぶ市販するには危険すぎるひみつ道具の一つである。
そのくせ、本体は前述のとおり何の変哲も無い時計かタイマーのような外見をしている上、起動スイッチも本体上部に思わせぶりに付いており、もちろん誤操作防止のための警告なども一切無い。
仮にのび太よりも小さい子供(赤ちゃんなど)が間違ってスイッチを押してしまったら…と考えると空恐ろしくなる。

スイッチを押したのび太は、ドラえもんとセワシに殴られる、落ちて来た額縁(アニメでは壁掛け時計)に直撃する、ジャイアンに殴られる、鉄骨の下敷きになる、自動車にはねられるなど次々に災難に見舞われてしまう。
しずかに助けを求めたが、今度は彼女に包丁を持って追いかけられてしまった。
しかし、すんでのところでセワシが、百年後の世界に百苦タイマーを持って行ったお蔭で苦しみは百年後に持ち越されることになった(しかしアニメ版では、のび太が百年後の苦しみを想像して不安を感じてもいる)。
例によって、勝手にひみつ道具を持ち出したのび太が一番悪いのだが、ひみつ道具の中でもおそらく相当ヤバい部類に入るであろう百苦タイマーを、のび太如きが簡単にこっそり持ち出せるような場所に放置していたドラえもんとセワシにも非があると言える。
そもそも、正論を言えばのび太がひみつ道具を持つとロクなことが無いのはよくある話なので、未来世界からセワシを呼ぶぐらいなら、ドラえもんが未来世界へ行って安全を確保した上で定期検査を行うのがベストな方法だっただろう(まぁ、話は死ぬほどつまらなくなるだろうが…)。

前述の通り、「弱い人間なら十回くらいで死ぬ」ことが明言されており、言い換えれば使用者の殺害をも平気で実行する恐ろしいひみつ道具である。
このペースだと、80~100回あたりだとどんな苦しみが待ち構えているのか想像もつかない。
一説には「地球上の全人類が敵として襲ってくる」「核ミサイル隕石が落ちてくる」などといった意見も存在していた。ありうる。

余談

この道具が出てくる話は、ちょうど「ドラえもん」の雑誌連載が開始されてから百作目にあたり、それを記念して百にちなんだ話になった。
…それにしては、あまりにも趣味の悪い道具のチョイスだと思うが…。

pixivに投稿された作品 pixivで「百苦タイマー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 139

コメント