ピクシブ百科事典

量産型グレートマジンガー

りょうさんがたぐれーとまじんがー

新住日重工により、盗まれた設計図から量産されたグレートマジンガー。

概要

桜多吾作による漫画版グレートマジンガー』で新住日重工が裏ルートからグレートマジンガーの設計図を入手し、作られた量産機スクランブルダッシュが付いていないため空は飛べないが、火力馬力は本物と変わらない。しかし所詮は無人機であり、本物のグレートが発射したサンダーブレークで操作系統を破壊されてしまう。
科学要塞研究所に拿捕された後、本物と区別するためボス数字を書いた。
最後は戦闘獣相手に消耗品として使い潰された末、残った機体も日本海溝に投棄される。

設定が便利なため、漫画版が参戦していない『スーパーロボット大戦シリーズ』においても「強い雑魚敵」としてよく出てくる。味方機として条件次第で使えることも多く、その場合マジンガー系のパイロットを乗り換えさせることが出来る。合体攻撃にも参加できるため、マジンガー系の火力と手数を増やすことができる。

スーパーロボット大戦α』ではグレートマジンガーのグラフィックを使いまわしている為、スクランブルダッシュがある。これはαのグラフィックを使い回しているIMPACTでも同じ。
・・・しかし、こいつらが光子力研究所を襲撃したせいで悪のマジンガーを許さぬ皇帝が目覚めてしまった。

『MX』ではグレンダイザーの劇場版を再現し序盤に本物のグレートを奪ったバレンドスが終盤に量産して押し寄せてくる(ちゃんと番号が振ってあり、1号機にバレンドスが乗っている。原作同様本家グレートに「元祖」の文字も書かれるが、このときなぜかパーツスロットが増え宇宙適応が下がる)。グラフィックはグレートからスクランブルダッシュを外した物。条件次第では入手できるが、このときさらにある隠し機体の入手条件が絡んでくるためややこしい。

関連項目

グレートマジンガー スーパーロボット
量産型 軍団
量産型ゲッタードラゴン:同じく量産化されたダイナミックプロのスーパーロボ。

関連記事

親記事

グレートマジンガー ぐれーとまじんがー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「量産型グレートマジンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1084

コメント