ピクシブ百科事典

バレンドス親衛隊長

ばれんどすしんえいたいちょう

『グレンダイザー対グレートマジンガー』に登場する、ベガ星連合軍総帥のベガ大王親衛隊隊長。
目次[非表示]

「フフフ……平和の使者は今、悪魔の使者と変わるのだ」

概要

CV:柴田秀勝

映画『UFOロボグレンダイザー対グレートマジンガー』に登場するベガ星連合軍親衛隊隊長を務める男。ベガ大王からも実力を認められており、遅々として進まぬ地球侵略を手助けするべく派遣された。
性格は傲慢・短気・狡猾と三拍子揃った極悪人で、ガンダル指令ブラッキー隊長に「作戦が成功した暁には棺桶に詰めて宇宙空間に放り出してやる」(意訳:そのまま窒息死しろ)と言い放つなど権力を鼻にかけるイヤな奴。

地球でミニフォーによる円盤戦を仕掛け、兜甲児を捕獲すると自白装置にかけ、(大分思い違いがある)ダブルマジンガーグレンダイザー情報を聞き出す。途中で甲児が気絶したため、グレートマジンガーが展示されているロボット博物館に向かい、超狭い展示ケースで何の練習もせず一発でファイヤーオンを成功させる
直後にデューク・フリードがグレンダイザーで駆けつけたところを、円盤獣ジンジンと共にグレートマジンガーでグレンダイザーを襲う。そう、本作はちゃんとタイトル通りグレートとグレンダイザーが戦うのである!
その後も円盤獣グビグビとの連携でグレンダイザー相手に終始互角に渡り合うが、能無しの部下共が意識を取り戻した甲児一人に制圧されると形勢は逆転、甲児の伝えた「弱点」を突かれてグレートは機能停止。ファイヤーコンドルで脱出して母艦に撤退するも、入れ違いに甲児は脱出。
駆け付けたグレンダイザーと、甲児の乗ったグレート(※)により母艦をボコボコにされ、最後は円盤獣コアコアが母艦に衝突、なすすべもなく爆死した。

※『第2次スーパーロボット大戦』で甲児がグレートマジンガーを操縦しているのはこれが元ネタ。

石川賢コミカライズ版

原作を凌駕するほどの外道で、フリード星侵攻の際には子供たち(デュークの弟・妹含む。マリアはいなかった)を攫って人質にして降伏を迫り、武器を奪った直後に全員転落死させるという悪魔の如き所業を行った。更に戦意を削ぐために女性や子供と言った非戦闘員の虐殺も行っている。

地球到着後は甲児や団兵衛を捕まえ、行き掛けの駄賃とばかりに攫った子供たちと共に鹵獲したグレートマジンガーに縛り付けてグレンダイザーに向かわせるという原作版デビルマンジンメン、あるいは原作版マジンガーZグロゴスG5などを思わせる作戦に出る。おまけに、ジンメンとは異なりバレンドス側がただ動くだけで人質がドンドン死んでいくというえげつないものであり、グレンダイザーは一方的に嬲られてしまう。
しかし、吾郎が隠し持っていたレーザーガンを甲児が発砲したことでスキが生じ、グレンダイザーが押し込んだマジンガーブレードで操縦席から放り出されてしまう。最後は生身でグレンダイザーのダブルハーケンを受けて粉々になるという腐れ外道卑怯者に相応しい因果応報の最期を遂げる。

スーパーロボット大戦では

今の所『スーパーロボット大戦MX』のみの参戦だが、劇場版で登場する「謎の宇宙人」のポジションを担っており、出番がかなり多い。

  • 物語開始前にグランゲンを操り、巴武蔵を戦死させ、初代ゲッターロボを破壊している
  • 初登場シーンで原作では乗ってないマザーバーンに乗って暴れ回る
  • 量産型グレートマジンガー軍団を率いる
  • グレートマジンガーを動かす時ノリノリで技名を叫ぶ
  • 甲児を洗脳した上に、マジンガーZに乗せて操る
  • 北斗銀河を挑発し後の展開の伏線を張る
  • 作中終盤まで生き残りブラッキー隊長を捨てゴマにする
などの大暴れを果たしており、憎まれ役としてプレイヤー部隊からは怒りを存分に買っている。
スタッフには石川漫画版のファンがいたのだろうか?

関連項目

グレートマジンガー UFOロボグレンダイザー 
極悪非道 吐き気を催す邪悪
ベガ星連合軍

関連記事

親記事

ベガ星連合軍 べがせいれんごうぐん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バレンドス親衛隊長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14

コメント