ピクシブ百科事典

ダブルマジンガー

くろがねのにだいまじん

マジンガーZとグレートマジンガーのコンビ。
目次[非表示]

概要

マジンガーZグレートマジンガーコンビのこと。
マジンガー三部作の最終作『UFOロボグレンダイザー』のグレンダイザーは外見は似ているものの、ベガ星で作られたメカ(完成はマジンガーZ起動前)のため、先に登場していたこの2つがコンビとして扱われることが多い。グレンダイザーとともに登場した場合は「トリプルマジンガー」と呼称する。

…のだが、実は放映当時にはこの絡みは色々と複雑な扱いであった。

『マジンガーZ』最終回及び劇場版『マジンガーZ対暗黒大将軍』で、地下帝国Dr.ヘルを滅ぼし地球平和をつかみ取ったのも束の間、突如として(Dr.ヘルのタニマチという伏線は張られていたが)ミケーネ帝国戦闘獣が出現。今まであれほどの無敵ぶりを見せていたマジンガーZは戦闘獣相手に完膚なきまでに破壊され、大ピンチに陥る。

映画ラスト


しかし、そこにグレートマジンガーが颯爽と現れ戦闘獣を粉砕。こうしてバトンタッチは無事に終わったのである。

今となっては「次番組補正」は最早お約束であるが、当時はまだオバQパーマンくらいしかされておらず、子供たちのヒーローがまるで飽きて捨てられた玩具の様にボロボロにやられてしまう光景は、みんなのトラウマとしてあまりに浸透しすぎてしまった(劇場版ではグレートの強さこそ強調されているものの、マジンガーZも損傷しつつも最後まで食い下がり、敵も数体倒している)。

こうした過激なバトンタッチ、更に『グレート』主人公剣鉄也が最初から戦闘のプロであり子供たちがあまり感情移入しづらかったこともあって、グレートはZほどの爆発的人気は得られなかった(若干誤解されがちだが、視聴率は寧ろ高く、安定していた)。

そんな視聴者層の傾向もあってか、『グレート』終盤でマジンガーZは修復が完了する。もちろん、今までのZでは苦戦は必至であるため、改造による性能向上が成された上で、追い詰められたグレートの助太刀に参戦した。今度は借りを返す番だとばかりにマジンガーZはグレートと共に大活躍、ミケーネ帝国を次々と打ち倒し、ついにはミケーネ帝国は滅亡、かくしてダブルマジンガーは世界を救ったのである。

そして、マジンカイザー以降は甲児と鉄也もそれぞれの見せ場で大活躍しており、どちらがNo.2的な立ち位置になることはなく、またダブルマジンガーの呼称が兜甲児と剣鉄也の二人が操縦するロボットコンビの名前となっていった。
 
なおグレンダイザー関連の劇場版でははZは一度も登場しておらず、TVアニメ版(諸事情で敢えて本編では明かされてはいないが、グレンダイザー)の続きである『マジンガーZ/INFINITY』では、Zが全高25mの設定で登場。グレートが25m、グレンダイザーが30mなので、再改造後はTV画面から見た縮尺からしても、そのくらいあって然るべきではある。こちらでもZとグレートはそれぞれ大活躍している。

派生作品での扱い

第2次スーパーロボット大戦』ではグレートはZの乗り換え機という扱いで、続編の『第3次スーパーロボット大戦』では兜甲児と鉄矢(初参戦)がメタ的に文句を言っている(『グレンダイザーVSグレートマジンガー』では甲児がグレートを動かしている)。
ちなみにGBでリメイクされた『第2次スーパーロボット大戦G』では鉄也がしっかりと参戦している。

その後も東映版マジンガーやカイザーが登場する話ではダブルマジンガー(及びグレンダイザー)がコンビ(トリオ)で出てくることが多いが、『真マジンガー衝撃!Z編』では鉄也の活躍の機会がなく、「いるだけ参戦」同然の状態だったため、こちらがメインとなってからはグレートの出番は減ってしまった。そして『スーパーロボット大戦V』では急遽「衝撃!グレート編(仮)」が用意(元々グレートの設定画は存在している)され、更にグレート版の魔神皇帝が登場するというクロスオーバーが成された。

ちなみにマジンガー三部作の主人公機が擬人化したアニメロボットガールズZ』では、Zちゃん(Z)とグレちゃん(グレート)は普段は水と油、火と氷みたいな仲であるが、本心はグレちゃんはZちゃんのことが大好きで、ミネルバXがZちゃんにベタベタし始めた時には烈火のごとく怒り、挙句の果てにはベルガスV5の怪音波の影響でいちゃつき始めるなど壮絶な扱いを受けていた。

関連項目

マジンガー 東映アニメーション スーパーロボット スーパーロボット大戦
ゲッターロボ:よく絡む相手

関連記事

親記事

グレートマジンガー ぐれーとまじんがー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダブルマジンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 241

コメント