ピクシブ百科事典

ゲッターD2

げったーでーつー

ゲッターD2とは、『ゲッターロボアーク』に登場するゲッターロボ。
目次[非表示]

概要

早乙女研究所が保有する量産型ゲッターロボの一機。
本編では『ゲッターD2』または『D2』表記、設定資料では『ゲッターロボD2』となっている。
アニメ版によると発音は『デーツー』で、これは現実の業務通話などでもBやGと聞き違えないように使われる発音である。

外見は一見するとゲッタードラゴンに似ているが、くすんだ色合いになっているほか、脚部形状が違ったり、ゲッターウイングが真ゲッター寄りのデザインになっているなど細部が異なる。

一応はゲッター線を動力源とする純正のゲッターロボであり、ゲッタートマホークゲッタービームも使用可能だが、ゲッタードラゴンと同等の性能のままでは負荷が強すぎて扱えるパイロットがいなかったので、操縦性を上げるためにあえて機体性能を落としている。
そのため常人が乗っても戦えるレベルの操縦性を誇る一方、優秀なパイロットには対応出来ず性能限界に達してしまう。
一応銃火器を装備して落ちた戦闘能力をカバーしているが、劇中ではゾイドXX相手にマシンガンを使用するも全く通用していなかった。

主な搭乗者は星一尉。
他にも二名いるはずだが、既に死亡しており名前すら登場しなかった。
初代ゲッタードラゴンに比べると操作系統などは格段に進歩しており、アニメ版ではタッチパネル操作も導入されていた。

劇中では第一話冒頭から登場。アンドロメダ流国の機動兵器「ゾイドXX」に挑むもマシンガンが全く通用せず、放電攻撃を受けて星一尉を含む全搭乗者が絶命、東京湾上にある「第14夢の島」へ墜落する。
そこに現れた山岸獏が機体のプロテクトを解除し、ある目的の為に早乙女研究所に取り入ろうと企む流拓馬が搭乗した。

初めての搭乗ながら拓馬は本能で操縦方法を把握してゾイドXXに挑むが、相手の装甲にはゲッタートマホークもゲッタービームも通用せず、逆にビーム攻撃を食らった上に触手による串刺し攻撃を受けて機体は大破、絶体絶命の危機に陥る。
しかし、そこにカムイ・ショウが搭乗するゲッターアークが参戦、拓馬が装甲を引き剥がした部分に対し、D2とアークが同時にゲッタービームを撃ち込んだことでゾイドXXは大爆発した。
勝利後はゲッターアークに救出されて地上へ降下したので研究所に回収されたと思われるが、その後の行方は不明。

原作漫画版との相違点

アニメ版では分離・合体・変形機能を廃した1人乗り型に設計変更されているらしい描写があるが、第1話時点ではパイロットが星一尉以外にも二名(本編開始時点で既に死亡)がいることから、本編に直接描写がなかっただけで3人パイロットである可能性も高いので真偽は不明となっている。
構造面では、コクピットの位置もゲッタードラゴンでの頭部から胸部に変更されている(オリジナル機でいえばライガー号のコクピットに相当する)。

量産型ゲッターロボによって編成されるゲッター軍団は、原作漫画版では『ゲッターD2』の他に『ゲッターバディ』『ゲッターロボD5』などの呼称が確認され、デザインも過去作品のゲッターロボをオマージュした量産型ゲッターロボで編成されているが、アニメ版では拓馬達に絡んだ5人組が出撃時に『ゲッターG5』と名乗るのみで、デザインはすべて『ゲッターD2』で統一され、細部に『G〇(機体番号)』がペイントされている。

現状では第1話で登場した星一尉、流拓馬搭乗機、第2,3話で登場したゲッターG5の5機を含めた計6機のゲッターD2が確認されているが第3話において機体『G8』の機体番号が確認できるため最低でも8機は量産されていたと推測できる。

立体物

超合金魂がプレミアムバンダイで販売決定。型番はGX-98。
超合金魂がGX-100を迎える事もあってGX-96GX-97GX-99と共に大々的に取り上げられ、話題を呼んだ。

余談

外見はゲッターアーク没デザインを流用している。ドラゴンをより洗練させたデザインであり、格好良くはあるのだが、「インパクトのあるデザインではない」と判断されデビルマンをモチーフにした生物的デザインのアークに行き着いた。
本機がゲッターロボアークの第一話に登場するのはこの名残である。

また、星一尉の名前は当時永井豪のアシスタントだった星和弥氏が元ネタ。氏は後に『ダイノゲッター』を執筆している。

関連タグ

ゲッターロボアーク
D2(RGZ):公式擬人化

量産型ゲッタードラゴン

関連記事

親記事

ゲッターロボアーク げったーろぼあーく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲッターD2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4010

コメント