ピクシブ百科事典

ブラックグレートマジンガー

ぶらっくぐれーとまじんがー

新住日重工が作ったグレートマジンガー試作機

概要

桜多吾作の漫画版『グレートマジンガー』で新住日重工が裏ルートからグレートマジンガーの設計図を入手し、作った試作品。黒いレプリカ
他の量産型グレートマジンガーとは異なり、スクランブルダッシュが付いているので飛行できる。
性能は本物と変わらず、たった1機で自衛隊の基地を簡単に捻り潰すほど強い。それどころかオリジナルのグレートには装備されていない光子力ビームのような武装も備わっている。
しかし無人機だったため、他の量産グレート共々科学要塞研究所に拿捕されてしまう。最後は戦闘獣との戦いで破壊される。

スーパーロボット大戦シリーズでは『MX』のみ、隠しユニットとして登場。原作と違って飛行できないが基本性能はグレートマジンガーを上回る。合体攻撃がダブルライトニングバスターしか出せないがパーツスロットまでグレートより多いという優良機体。
ただし入手条件がややこしく、量産型グレートを入手する条件をボスボロット満たした上で、さらに鉄也の撃墜数が入手に絡んでくる(ボスで量産型グレートを手に入れられなくても鉄也の撃墜数が少なければ入手できるが、その場合ブラックの入手は不可能になる。逆に鉄也の撃墜数が多い場合はなんと何も入手できない)。

関連項目

グレートマジンガー 試作機

コメント