ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ガザD

がざでぃー

ガザD(GAZA-D / ガザディー)は、アニメ『機動戦士ガンダムZZ』および、小説『機動戦士ガンダムUC』に登場する架空の兵器。
目次 [非表示]

機動戦士ガンダムΖΖ』および『機動戦士ガンダムUC』に登場する、アクシズネオ・ジオン)の量産型可変モビルスーツ。型式番号はAMX-006。


機体概要

アクシズの量産型可変MS

グリプス戦役において投入されたアクシズ初の戦闘用量産機であるガザCを改良・強化した機体。ガザCの機体構造上の脆さ・航続距離の短さ・運動性の悪さなど多くの問題を抱えながらも、集団戦法によりそれなりの戦果を挙げ、その生産性も相まってアクシズの主力量産機としての立場を射止めた。

本機体は、その名の通りガザCの後継機として、ガザCの欠点解消と性能向上を目指した機体である。


全体のシルエットはガザCと殆ど変わっていないが、かねてから剛性面での問題が指摘されていた肩部バインダーの接続位置が前腕部から肩部へと変更された。また、コックピットは腹部に移され、MA形態時の機首部分にモノアイが設置されるなど、各所で機体構造の見直しが行われている。また、ジェネレータが強化されたことで機動力が改善し、ガザCでは現実的でなかった白兵戦に十分対応できるようになるなど、武装強化も相まって攻撃力も増強されている。


また、ガザCと基本構造がほぼ同一で簡易可変機能もそのまま受け継いでおり、ガザCとのパーツ共有率が高く生産ラインを転用することも容易だったため、作業用MS時代からの生産性の高さを維持しつつ構造上の弱点を解消できた。その結果、ガザDは戦闘用量産機としても可変機としても申し分のない性能を得ることに成功し、主力MSとしてのガザシリーズの立場を不動のものとした。


先行量産機3機がシャングリラコロニーに投入されたのを皮切りに、第一次ネオ・ジオン抗争に多数が投入され、抗争末期まで運用された。機体色は青とピンクを基調にしたものと、ガザCに近いピンクと紫を基調にしたものがある。

なお宇宙世紀0096年時にもネオ・ジオン残党軍「袖付き」の間で運用されている様子が確認されている。その際、機体色はジオン伝統のモスグリーンに改められている。

更に宇宙世紀115年代には宙賊の機体として兄弟機のガザCやハイザックマラサイとともに運用されている。


主なパイロットはガザの嵐隊(パンパ・リダ、ビアン、ワイム)、一般兵。


武装

ナックル・バスター

半固定式のジェネレーター直結型メガ粒子砲。ガザCでの欠点を持ち越してはいるものの、その出力は8.3MWとハイパーメガランチャー並にまで進化しており、宇宙世紀0096年の連邦軍量産機すら一撃で撃破可能。なお、砲口はガザCと異なり円柱状である。

ビームサーベル

バインダー内側に一本ずつ格納された白兵戦用武装。性能は標準的。

ビームガン

背部ジェネレーターボックス先端(MA形態時の機首)に装備された2連装ビーム砲。

ミサイルポッド

肩部バインダー内に装備されている連装ミサイルランチャー。

脚部クロー

MA形態時に脚部が変形して展開する格闘武器。

メガ粒子砲

脚部クローアーム内に装備された武装。機首ビームガンよりも可動範囲は広いが、MA形態時しか使用できない。

スモークディスチャージャー

赤色の煙幕を噴射する。『ΖΖ』劇中ではガザの嵐隊がこれを用いた攪乱戦法「ガザ・ストーム・フォーメーション」を披露した。


関連動画


ガンプラ

1986年5月に1/144スケールで発売。要塗装・要接着剤ゆえに旧キット扱いされるが、関節部にポリキャップを採用し、変形ギミックも手首を取り外す必要があるものの、完全変形を実現している。なお、発売当時はガザCはキット化されていない。


関連タグ

機動戦士ガンダムΖΖ 機動戦士ガンダムUC

ハマーン・カーン グレミー・トト

アクシズ ネオ・ジオン

ガザシリーズ

関連記事

親記事

ガザシリーズ がざしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45723

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました