ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

MARVELコミックに登場する種族、というよりは概念に近い存在。

別名「コズミック・エンティティーズ(cosmic entities)」。"宇宙的"の通り、宇宙規模の巨大な力を持ち、各神話の神以上の力を持つ存在たちの総称。


またその権能がコミックで主に描かれる【アース616】に止まらず、全マルチバースの概念や法則などを司る上位の存在として「アブストラクト・エンティティーズ(Abstract Entities)」がおり、こちらはさらに次元が違うので、通常は人間に知覚できない。


ただ基準は時代や著者によって結構曖昧なところがあり、さらに後付け設定パワーインフレが常である点は留意されたし。


該当キャラ編集

抽象的存在編集

  • ワン・アバーブ・オール(One Above All)

「超越者」。全ての源。創造と思いやりの具現化。

エピソードによっては、その正体はヒーローものアメコミ黎明期の名編集者・脚本家・作画家であるジャック・カービーであるかのように描写された事も有るが、真実は……?


  • ワン・ビロウ・オール(One Below All)

「超越者」と対をなす、破壊と憎しみの具現化。

ハルクに代表されるガンマ・ミューテイトの力の源でもある。

ワン・アバーブ・オールが直訳すると「全ての上に有る者」の意味なのに対して、ワン・ビロウ・オールは「全ての下に有る者」の意味で、名前も「超越者」と「反超越者」の対となっている。


  • リビング・トリビューナル(Living Tribunal)

「生ける法廷」。全マルチバースで最高の権限を持つ「法」の具現化。

それぞれ正面が「公平(equity)」、向かって左側が「必要性(necessity)」、右側が「復讐(vengeance)」を表す、某怪人のような3つの顔を持つ。

後述するビヨンダーズに殺されたため、【アース19141】のアダム・ウォーロックが称号と役割を受け継いだ。


  • エターニティ(Eternity)

「時間」を司る「永遠」。ユニバースそのものの具現化であり、全ての生命の象徴。


  • インフィニティ(Infinity)

「空間」を司る「無限」。同じくユニバースそのもので、エターニティとは姉妹。


  • デス(Death)

エターニティとは相反する「死」。崩壊と破壊を担う。よく女性の姿で描かれる。


  • オブリビオン(Oblivion)

闇と空虚を司る「忘却」。デスの祖先でもあり、インフィニティの抑止力。


以上4人(?)はトリビューナルを支える、1ランク上の存在。


  • マスター・オーダー(Master Order)
  • ロード・カオス(Lord Chaos)

対となる「秩序」と「混沌」をそれぞれ司る。


  • ミストレス・ラブ(Mistress Love)
  • サイアー・ヘイト(Sire Hate)

それぞれ「愛」と「憎しみ」の化身。人間に干渉する際のアバターは女性であることがほとんど。


  • フェニックス・フォース(Phoenix Force)

「不死鳥」の名前通り「これから誕生する生命」「創造と破壊の力」の化身。

停滞したものを焼き尽くす裁きも権能の1つ。

ジーン・グレイに宿ったのはこの力であり、たびたび暴走している。


この5人(?)は上記4人に次ぐ存在。


  • インビトウィーナー(In-Betweener)

「秩序」と「混沌」から生まれた「中間存在」の化身。様々な二面性の象徴であり、そのバランスをとる。

インフィニティ・ジェムズの中でもひときわ強力なソウル・ジェムの持ち主。


  • ザ・ファースト・ファーメント(First Firmament)

最初の宇宙の具現化。

自らが生みだしたセレスティアルズと対立し、バラバラにされたことでマルチバースが生まれた。

その後もマルチバースは集合と分裂を繰り返しており、そのサイクルには"Second Cosmos"「第2宇宙」、"Third Cosmos"「第3宇宙」、と名付けられている。

作中は第7宇宙の時代で、初めてエターニティとインフィニティの2つで具現化されていた。2015年の『Secret Wars』にて第8に移行。


宇宙的存在編集

種族としては最初に生まれた存在で、生命の進化を操作する。

この一環で生まれたのがエターナルズディヴィアンツである。


  • アスピラント(Aspirants)

ファースト・ファーメントが自分の孤独を紛らわすために生み出した眷属。

セレスティアルズと似て非なる存在であると同時に、過去(と言っても、現在のマルチバースにおける過去ではなく第1宇宙の意味)にセレルティアルズと戦った為、「ダーク・セレスティアルズ」とも呼ばれる。


  • イーオン(Eon)

エターニティとインフィニティの眷属。

全宇宙の「知識」を司っており、クエーサーが用いる「クァンタム・バンド(Quantum Bands)」の設計者でもあるが、後に死亡。娘のエポック(Epoch)が引き継いだ。


全宇宙をただ見続ける「観察者」たち。


  • ストレンジャー(Stranger)

はるか昔にエターナルズの侵略を受けた種族が、心と知性を単一に融合させた存在。

それを実現させた科学力の高さは健在で、エゴロス(Egros)ことエゴ・ザ・リビングプラネットの生みの親であり、地球のミュータントの起源ともされる。


元ネタは日本神話に登場する悪神。

オブリビオンの化身の1人で、宇宙を再び無に戻すことが目的。


「ザ・デバウアー(the devourer:貪欲に食べる人)」の二つ名を持つ、宇宙規模の災害。

ヘラルドと呼ばれる尖兵を従えている。


  • ブラック・ウィンター(Black Winter)

ギャラクタスが惑星を喰らうのに対し、宇宙ごと貪る上位の災厄。

元ネタは「黒死病」と、北欧神話においてラグナロクの前兆となる「フィンブルの冬」。


  • クロノス(Kronos)

約50万年前のエターナルズのリーダー。

研究中の事故で死亡したが宇宙と一体化し、時間をある程度操れるようになった。


  • シンギュラリティー(Singularity)

「特異点」を名乗る、最近登場した謎の存在。少女の輪郭をした宇宙そのもののような見た目。

ヒーローチーム「A-force」と関わりが深い。


  • アンチマター(Antimatter)

シンギュラリティーを追って地球に来訪した、これまた謎の存在。


関係者編集

  • ヌル(Knull)

オブリビオンの化身の1人とされる邪神・闇の神。シンビオートの生みの親。


  • アニヒラス(Annihilus)

オブリビオンの長男を自称する「ネガティブ・ゾーン」の支配者。


  • エルダーズ・オブ・ザ・ユニバース(Elders of the Universe)

宇宙ができてから最初に誕生した銀河に住んでいた、太古の種族の生き残り。

以下インビトウィーナーとともに「インフィニティ・ジェムズ」を所持していた5人。

あまりに長く生き過ぎ為、二つ名が象徴する事象(例:コレクター→めずらしい存在を収集する。ガードナー→植物を育てる)しか楽しみが無くなってしまっている。


  • トリコ・スラテラス / チャンピオン(Tryco Slatterus / Champion)

エルダーズ・オブ・ザ・ユニバースの1人。パワー・ジェムを持つ。惑星をパンチで破壊出来る格闘技オタク。


  • オード・ジオンズ / ガードナー(Ord Zyonz / Gardener)

エルダーズ・オブ・ザ・ユニバースの1人。タイム・ジェムを持つ。植物を自在に操る。


エルダーズ・オブ・ザ・ユニバースの1人。リアリティ・ジェムを持つ。


  • ギルペペルドン / ランナー(Gilpetperdon / Runner)

エルダーズ・オブ・ザ・ユニバースの1人。スペース・ジェムを持つ。全身金色の、スピート狂で光よりも早い俊足。


エルダーズ・オブ・ザ・ユニバースの1人。マインド・ジェムを持つ。


エターナルズの1人(ただし、突然変異により、対となる種族「ディヴィアンツ」に似た人間やエターナルズの基準では「醜い」容姿となっている)。デスに一目惚れしたことから虚無主義に走り、ジェムズを揃えて全智全能の力を得た。


あくまで神であるため、冒頭に述べた通り本来は1つ下のレベルだが、主神ともなるとギャラクタスやクロノスと同じくらいの強さらしい(サノス談)。

これにヒンドゥー教ヴィシュヌを加えた三神が、地球の神々の中では最強と見做されている。


その他編集

  • ビヨンダーズ(Beyonders)

第2宇宙の時代に、セレスティアルズが召使いとして創った種族。

その崩壊時にマルチバースの外へ移動したものの、A.I.M.の発明とされていた現実改変アイテム「コズミック・キューブ」の力の源だったことや、サヴェッジランドの誕生など、介入はしていた。

そして各宇宙に存在するオーウェン・リース(Owen Reece)という男性を爆弾「モレキュールマン(Molecule Man)」に作り替え、全マルチバースを同時に破壊する計画を実行。しかし【アース616】のオーウェンが、出会ったDr.ドゥームの協力で過去の自分を殺すことで回避。そのまま他アースの自分を次々と殺され、妨害される。

だがこれによりマルチバースは収縮、次々と衝突・消滅(「インカージョン」)し、【616】と【1610】だけになってしまった。これが『Secret Wars』の始まりである。

なお、このビヨンダーズの1人に過ぎないビヨンダーの『Secret Wars』などにおけるチートぶりから、MARVELコミックのファンからは「コズミック・ビーイング殺し」と呼ばれる事も有る。


関連タグ編集

MARVEL アメコミ

関連記事

親記事

MARVELに登場する用語一覧 まーべるにとうじょうするようごいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 168

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました