ピクシブ百科事典

鳥葬

ちょうそう

葬儀、または死体の処理方法のひとつ。

概要

チベット仏教やインドのゾロアスター教にて行われる。
その名の通り、鳥に遺体を食べさせるというもの。

仏教側においては、の抜けた肉体を(天に近い)鳥によって天に送り届ける意味や、人生の最後に自らの肉体をもって行う動物への布施という意味がある。
よって遺体を裁断して食べ残しを防いだり、残った骨を砕いて鳥に与えたり水に流して魚に与えたりする。
ゾロアスター教においては、が神聖なので火を穢す火葬はできない(火に限らず自然は神聖という自然崇拝の面があるので、土葬水葬も行えない)ため鳥葬が行われる。
これは遺体を鳥葬台においたらあとはそのままというものである。

一般的に知られる鳥葬は基本的にゾロアスター教の方式である。

イラストなどではしばしば「生きたまま」鳥葬される場合があるが、本来はあくまで「死体の」処理方法であり、(プロメテウスのように)生きたまま行われるのは正確には「猛獣刑」という処刑である。

鳥に遺体を食べさせた場合、火葬された遺骨よりもより原型に近い状態で留める事が出来る利点がある。

関連タグ

R-18G 水葬 火葬 土葬 風葬 氷葬

pixivに投稿された作品 pixivで「鳥葬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 352608

コメント