ピクシブ百科事典

ダスク・テイカー

だすくていかー

ダスク・テイカーとは川原礫によるライトノベル『アクセル・ワールド』に登場するデュエルアバターの一種。
目次[非表示]

「飛行アビリティ、そして回復アビリティ。とてつもなくレアな二つの力が今や両方僕のもの……」

「なんて気持ちいいんだ!この強奪の快感……!!」

「だれかの夢や希望を、可能性を奪い踏みにじるこの全能感!たまらないよ、まったくたまらない!!」

概要

能美征二ブレイン・バーストで使用する宵闇、夕闇色のデュエルアバター

顔の赤い球面バイザーからレーザーを放ち、相手の必殺技・強化外装・アビリティからランダムに1つを奪い、永続的に自分のものとする強力な必殺技『魔王徴発令(デモニック・コマンディア)』を持つ。

作中では他のバーストリンカーから奪ったとされる再生能力を持つ触手や、メタルカラーの首を一撃で断つニッパーのついた籠手、地面をマグマに変える火炎放射を放つ遠距離攻撃武器「パイロディーラー」といった強化外装を中心に使用している。
ただし推察したタク曰く、保持できる能力の容量には限度がある模様。

また、両手の指を三角形に構え、「エル、トル、ツカム、エグル。ウバウウバウウ、バ、ウ」と唱えることで、両腕に紫色の禍々しいオーラを纏わせ、受け止める事で相手の攻撃威力を消失させる『攻撃威力拡張系』の心意技を発動させる事ができる。
上記の触手に纏わせて伸縮範囲を拡張したり、欠損した肩や腕を補ったりと応用が可能。

この心意技の正式名称は不明だが(能美の性格上、名付けていない可能性が高いが)、ハルユキ『虚無の波動』と呼んだ。

プロフィール

アバターネームダスク・テイカー(Dusk Taker)直訳・宵闇の取り人
カラーサークル暗い青、または紫系統
二つ名夕闇色の略奪者、宵闇色の略奪者、略奪者、加速研究会の主力メンバー(自称)
所属加速研究会
強化外装ペンチニッパー型の強化外装、触手型の強化外装(能美はタコ、本来の所有者はヒトデと呼称)、パイロディーラー
アビリティ「飛行(アビエーション)」
必殺技魔王徴発令(デモニック・コマンディア)
心意技虚無の波動(仮称)


アバターデザイン

泥沼の三角関係(ホーリー☆トライアングル)

 ※イラストは原作版のもの

バイザーで覆われた顔や細身な体格など、所々がシルバー・クロウに似ているが、アメジストに例えられる装甲、鎌のように鋭い爪、右手にニッパー、左手を触手を携えるその姿は、地の文の通り『ツギハギの怪人と呼ぶのに相応しい。

原作絵ではフードを被ったような装甲とスポットライトのように平坦なバイザーが特徴で、バイザーだけを動かす様子はまるで眼球を動かしているように映る。
このバイザーと二の腕の装甲の隙間は淡い翠色に光っており、妖しい雰囲気を醸し出す。

アニメでは肩や顔付きが大きく変わっており、バイザーは赤い球面型。首回りがフードを下ろしたような装甲に覆われ、元から飛び出していた肩には赤いアーモンド型のクリアパーツが追加されている。
2クール目のOPや『魔王徴発令(デモニック・コマンディア)』発動時に見ると確認できるが、この時にバイザーの奥の素顔を見ることが可能。

その素顔はかなり厳つく、金属を張り合わせて怒るフクロウを再現したような禍々しい容姿をしている。しかもこの時、円状の『瞳』が二対四つ目で存在することがわかる。(この『瞳』は感情が昂るとバイザー越しにも光って見えるようになる)

他にも、膝にくっついてたり飛び出したりと安定しないブレード状の装甲があったり、『虚無の波動』発動時に手の甲の装甲が砕けて赤いクリアパーツが見えたりと、能美のゲーム嫌いに反して細かいギミックが隠されている。

作中の行動 

現実世界でハルユキを罠にはめて盗撮犯に仕立て上げ、ポイントを持ってくる『』にしようと直結対戦を行い初登場。

自らの能力でシルバー・クロウの飛行アビリティを奪い、シアン・パイルを苦しめつつ、当時ブレイン・バーストをインストールしたての初心者(ニュービー)だったライム・ベルまでもを脅迫し、『愛玩犬』に仕立て上げた。
その後は杉並区を大暴れし、勝率100%を叩き出す。しかしその戦法は相棒のライム・ベルを身代わりにしたり攻撃に巻き込んだりする残酷なもので、観戦していたアバター達を恐怖に陥れた。

しかし違法BIC使用という自身の秘密を握られ、サドンデス・デュエル・カードによるサドンデスルールで決着をつけることになる。
伏兵としてブラック・バイスを呼び、さらに自身の回復役のチユリを2人の目の前でいたぶる事で優位に立つが、黒雪姫/ブラック・ロータスが現れたことで形勢逆転。ゲイルスラスターを着装したシルバー・クロウとの空中決戦に持ち込まれてしまう。

そしてベルにより翼を取り戻したクロウに腹を貫かれ、下半身を消し飛ばされて敗北。
加速の力惜しさに「ポイントも全部やる!」とまるで犬のような命乞いを行うも、無言で光線剣を振り落としたクロウに真っ二つにされて全損し、断末魔を上げながら永久退場。能美本人もブレイン・バーストに関する記憶を全て失った。

総合戦闘評価

貴方、猟犬じゃなくて愛玩犬にしてあげますよ


はっきり言って、ダスク・テイカー個人の戦闘力はそんなに高くない

というのも、初戦の勝因はシルバー・クロウが翼を奪われた事による戦意喪失。二回戦目がライム・ベルによる治療と時間切れで終わったからで、心意や強化外装、翼の力を使っても真っ当に勝てていないからである。

初戦はレベルが下の相手にボコボコにされ、逆転勝ちといえるかもしれないが精神負荷によるもので、二回戦目はライム・ベルの回復と裏切りによる動揺。時間切れによる判定勝ちである。
(クロウ暴走の出自を考えると、あのまま続いていれば確実に負けていた)
特に初戦でヘッドバットを奪ってしまったらどうする気だったのか。という話題は昨今ともに事欠かない。

本人は策略家を自称しているものの、そのほとんどが策というよる約束破りや精神攻撃で、違法チップの詳細がバレた際は表情が顔に出てしまうなど、策略家としても三流である。

ダスク・テイカーを真に『最凶』たらしめているのは、勝利より『略奪』を優先する能美の精神性であり、常人ならば間違いなく使用を躊躇うであろう『魔王微発令』や『負の心意』を容赦なく振りかざす外道っぷりと、上記の結果を引き起こした『悪運』にある。

事実、能美はこの凶悪性を振りかざして常に有利に立ち、ネガ・ネビュラスを翻弄した。
その余りにも手段を選ばない狡猾さは、タクが黒の王狩りを達成しうると危惧する程である。

余談


関連タグ

アクセル・ワールド ブレイン・バースト
加速研究会 ブラック・バイス
吐き気を催す邪悪(アニメ・マンガ系) 小物 外道 サイコパス 盗賊 悪魔
哀しき悪役

須郷伸之 : 同一の作者作品出身、NTR、上半身(+片腕)だけになって死ぬ、顔芸、一期ラスボスと共通点が多すぎる者同士。SAOvsAWで共闘を見てみたい人も多いのでは?










ネタバレ注意!









まさかの復活、再登場。

【略奪者襲撃事件】から2ヶ月後。アルゴン・アレイの手によって彼の「テイカーとしての記憶・能力」がメインビジュアライザーから掘り起こされ、ウルフラム・サーベラスの第三人格「サーベラスIII」として憑依させられた。

その悪質な態度は相変わらずで、人は死んでも変わらないという言葉を身をもって体現してみせた。その末路も含めて。

プロフィール

アバターネームウルフラム・サーベラス(Wolfram Cerberus)直訳・タングステン・ケルベロス
カラーサークルメタルカラー/タングステン
二つ名サーベラスIII、再生怪人
所属加速研究会
強化外装インジンブル(主砲、機銃付きコックピットブロック、脚部、背面スラスターの4つ)
アビリティなし
必殺技魔王徴発令(デモニック・コマンディア)
心意技虚無の波動(仮称)

作中の行動

pixivに投稿された作品 pixivで「ダスク・テイカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22492

コメント