ピクシブ百科事典

ブレイン・バースト

ぶれいんばーすと

『アクセル・ワールド』に登場する架空のゲーム、ニューロリンカー専用のVR対戦格闘ゲームである。
目次[非表示]

概要

製作者不明のニューロリンカー専用オンラインゲーム。ジャンルはVR対戦格闘ゲーム。正式名称は「Brain Burst 2039」「トライアル#2」

制作者はおろか、運営会社や企画者の詳細すら不明だが、アップデートがあることから活動はしている様子。

展開の仕方も独特で、CM広告、それどころか商品としてすら売り出さず、2039年4月東京都在住の小学一年生限定で100名に配布され、以後の配布はユーザー間のコピーインストールに託されている。
そのため、プレイヤーは主戦場である東京都でも数千人しか存在せず、過疎地だと良くて3人~6人程しかいない。

インストールするには2つの条件があり、『産まれてからニューロリンカーを装着していること』『大脳的に適性があること(反応速度が高いこと)』

1つ目の条件は(最新刊時点で)17歳までが該当し、聞けばわかるが、2つ目の条件はデジタルに関心が薄いでも該当するため、曖昧な上に判断がつかない。故に前者の条件を満たしていても半端賭けになる(一説では反射神経も反応速度に含まれているという考察がある)。
しかも後のアップデートで回数制限がかけられたため、1人のユーザーがインストールできるのは原則1人のみ。

故に相手は慎重に選ぶ必要があり、この苦難を乗り越えた両者は『親』『子』として固い絆で結ばれる。
これで『子』はめでたくBBプレイヤーの一人、バーストリンカーになれるのである。

インストールした後で『バーストリンク』という加速コマンドを唱え、起動させると思考が1000倍に加速。ソーシャルカメラの映像からVR空間『初期加速空間(ブルーワールド)』が構成され、マッチングリストから対戦相手を選んで対戦する事で、現実を舞台にした対戦格闘ゲームが楽しめる。

時間の流れが遅くなる『初期加速空間』では、学内アバターを使って他のアプリを操作する/相手の挙動を詳しく観察することができるため、これらを利用した高成績の取得時間の入手も夢ではない。
これらは15歳で事実上の大人として扱われるこの世界において、重大なメリットを持つ。

ただし、本来の肉体を動かすには『フィジカル・バースト』という加速コマンドを唱える必要がある。
このコマンドは効果が切れた場合バランス感覚を崩してしまうため、事が終わるまで連続で加速し続ければならず、ポイント消費量が多すぎるというデメリットがある。

ゲームシステム

この世界に定められている最終目標は、『ポイントを手に入れてレベルを上げ、レベル10に到達する』事。

しかし、レベル10に到達した時何が起こるのかは明言されておらず、『新世界が開かれる』『何が起こるのか見てみたい』とクリアを目指す派閥と、『加速世界が終焉を迎える』と終末論を唱える派閥が存在する。主に支持されているのは後者。

しかしレベル10になるには七人しかいないレベル9のバーストリンカーに5連勝しなければならず、「他のレギオンを侵蝕してはならない」という不可侵条約が結ばれた今では、クリアもほぼ不可能とされている。

バーストポイント

バーストリンカーの命にして戦いに賭ける通貨。ほとんどのバーストリンカーの戦う理由。略称は『BP』。
基本的に『ポイント』と言えばこちらを指す。

加速コマンドや対戦、物の売り買いや装備の強化に使う、他のゲームにおける『金』にあたる概念。

そして同時に命であり、BPを全て失うとブレイン・バーストを強制アンインストール。それに関わる記憶も全て消されて『全損』してしまう。

とある略奪者は全損した際、人生の大半を構成していた『略奪』に関わる記憶を全て消され、幼児退行かと思われるくらいあざとくなっていた。
(この表現はアニメオリジナルのものだが、後の特典小説『無限の跳躍』にて体操に熱中し、年単位で無制限中立フィールドで練習するほどの人物が全損した途端やめるという事例が発生しているため、デュエルアバター構成に関わった記憶が消されるのは間違いないと思われる)

レベル9の中にレベル10になろうとする者が(一人を除いて)いないのは、上記の『全損』がレベル9同士の戦いで確実に起こる『サドンデスルール』があるからである。

デュエルアバター

バーストリンカーの分身、加速世界における『戦う肉体』。

バーストリンカーはこのデュエルアバターに宿る身体能力と『アビリティ』『強化外装』『必殺技』を駆使して戦いに勝ち、生き残らなければならない。

詳しい詳細はデュエルアバターの項目へ。

対戦

自身のポイントを賭けて行われる戦い。同レベル帯の戦いでは10ポイント手に入り10ポイント減る。初期所持ポイントは100。

最低安全圏は50以上だが、大抵のベテランはポイント100の時点で元に戻そうと焦り、勝率が30%以下を切るという。

自分から対戦をふっかける『乱入』と『乱入』されるの2パターンが存在し、『乱入』する場合はバースト・リンクで加速しポイントが減るかわりに相性の良い相手を選べるというメリットがあり、『乱入』される場合は待てば良いためポイントは減らないが相性の悪い相手が来る可能性が高い。

パートナー登録をすれば2対2のタッグバトルも可能で、その場合レベルは統計で扱われる。(レベル1&レベル4vsレベル3&レベル2はレベル5同士の戦いと見なされ、もらえるポイントは10)

レベルが高い相手ほど入手ポイントが多く、低い相手からあまりポイントを奪えないため、『強い相手と戦う』ことを前提としたポイント配分がされている。

体力ゲージ必殺技ゲージレベルという概念こそあるものの、斬られれば手足は欠損し、頭や胸をやられればクリティカル扱いになり即死するリアル寄りの判定が特徴。爆発により生じた破片すらダメージ判定されるシビアっぷり。

それはデュエルアバターの性能にもおよび、「流れ弾や格下の不意打ちがダメージとなり得ない」「銃弾がノーリロードで打てるようになる」「体力がわずかでも残っていれば回復」というご都合主義は存在せず、一つ誤れば些細な理不尽で死ぬ『もうひとつの現実』としてブレイン・バーストは形作られている。

ポイント配分

相手とのレベル差もらえるポイント
+840
+735
+630
+525
+420
+316
+214
+112
±010
-1
-2
-3
-4
-5
-6
-7
-8


※一時期はかの問題児が現れたので「計算が合っていない」「間違っている」と混乱が起こった。そして実際、Brain Burst 2039攻略サイトで表示されているポイント表の数字は上下逆な事が判明した。

ポイント移動の例

パイルが負けた場合、クロウとのレベル差は+3で16ポイント奪われ、パイルが勝った場合は7ポイントしか手に入らない。

アクア、クロウコンビが負けても-6しか減らないのでリカバリーのチャンスがあり、このレベル差で4回連勝すれば安全圏内である70ポイントに戻れる。

加速コマンド


コマンド説明消費ポイント
バースト・リンク1ポイント
バースト・アウト1ポイント
フィジカル・バースト5ポイント
アンリミテッド・バースト10ポイント
フィジカル・フル・バーストポイントの99%

ステージ

バーストリンカー/デュエルアバター達の主戦場。ニューロリンカーやソーシャルカメラから見た画像からステージが構築される。
そのクオリティは正しく『異世界』で、石ころ一つが現実のものと区別が付かず、初心者がマンションに大穴が開いてるのを見て自分の家に何があった!?とパニックになるほど。

しかし、カメラがないはずの裏道や風呂場までこのクオリティで再現するため、カメラ以外の何かが関わっていると思われる。

廃墟森林冥府と入るたびにステージが変わり、アップデートも重なって20種類以上のステージが戦士たちの戦いを彩る。
空気を読む事でも有名で、ヒャッハーに対して世紀末ステージを出すことでパンクっぷり演出したり、左右非対称の怪人に合う墓地ステージを出すことで禍々しさを強調したりする。


無制限中立フィールド

レギオン

エネミー


加速目安評

現実世界加速世界
1.8秒30分対戦
1秒16分40秒
1分26.4秒1日
10分1週間
43分12秒1ヶ月(30日)
8時間45分36秒1年
1日3年


関連イベント

イベントや新エリア実装の様なアップデートは現実世界の記念日などに由来することが多い。ここらへんはそこらのソシャゲーと変わらない。

○例
「大海」ステージ実装は海の日
「下水道」ステージ実装は下水道の日である9月10日
「宇宙」ステージの実装はひまわりの日である7月14日

裏技、小ネタ

  • 高いニューロリンカーでプレイするとちょっとだけ登場演出が豪華になる。
  • 一部のバーストリンカーの中にはブレイン・バースト専用ツールを開発するプログラマーもいる(例:一部の感度をブレイン・バーストに持っていく、レギオンメンバーと会えるチャットを作る、メールが来たら自動シャットアウトする機能で無限EKを予防するなど)。


関連イラスト

コミケ原稿途中経過
エネミー狩りじゃー!


コーラル・メロウ
纯色七王(伪)


†シルバー・クロウ×ニャル子†
Silver Crow




関連タグ

バーストリンカー デュエルアバター
アクセル・ワールド

別名・表記ゆれ

ブレインバースト BB Brain Burst












??? ※制作者、及び関係者ではないかとファンに考察されている。
??? ※一部技名が共通している。
グラファイト・エッジ その両方に関わる人物。

pixivに投稿された作品 pixivで「ブレイン・バースト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2308

コメント