ピクシブ百科事典

心意システム

いんかーねいとしすてむ

心意システムとはアクセル・ワールド及びソードアート・オンラインに登場する用語
目次[非表示]

概要

ブレイン・バーストと呼ばれるゲーム内のシステム、及び技の総称。

ブレイン・バーストにはプレイヤーのイメージを元にデュエルアバターの操作を補助する機能が設けられており、これを「イマジネーション回路」という。

通常は補助操作系として、主に人体に本来備わっていない機能(シルバー・クロウの翼やブラック・バイスの多重層など)を思い通りに動かすために機能している。

劇中で「心意」と呼称する場合は、この回路に強力なイメージを押し付けることで「事象の上書き(オーバーライド)」を引き起こし、システム以上の現象を意図的に発現させる行為を指す。

主に第三段階まであり、習得には「経験」「願望」により裏打ちされた「確信」が必要とされている。

特徴

心意技には通常の必殺技やアビリティと違い以下の特徴がある。

  1. 心意攻撃は心意攻撃でしか防げない
  2. 必殺技ゲージが減らない
  3. 光る

心意技を扱う際、デュエルアバターと接続されているイメージ制御系に過剰なイマジネーションが通過する際、溢れたイレギュラーな信号をシステムが実体のないエフェクトとして処理する、この現象を《過剰光/オーバーレイ》と呼ぶ。

そのため熟練した心意使いが放つ過剰光は僅かしか現れず、逆に練度が低かったり心が乱れて上手くイメージを出力できないときにはより大袈裟に光る。

心意技を発動する際は確固たるイメージが必要なため、よりハッキリとさせるために『発音』、いわゆる技名をトリガーにする。
熟練した心意使いならば無声で発動も可能。

「心意による攻撃は、心意による攻撃を相手が使った時にしか使ってはならない」という誓約にも似た暗黙の了解が存在し、初めて心意を教わるバーストリンカーはその不文律を師から最初に叩き込まれる。

種類

心意システム第一・第二段階より 「基礎四種組み合わせの図」



心意技には主に以下の種類がある。

・希望や勇気などに根ざす正の心意
・怒りや憎しみに根ざす負の心意

正の心意の場合は銀や赤など鮮やかな色に、負の心意だと黒や灰色など暗い色になる。

前者が己の欠点やトラウマを受け入れたり克服しようとする意志から来るものなら、後者はトラウマやそれらに起因する破壊衝動を引き摺り出すことによって力を発揮する。

当然後者の方が心の闇に飲み込まれる危険性も高いが、心意攻撃を行うだけならそのままで攻撃的な負の心意の方が扱いやすいらしい。

第一段階

基本4種として

攻撃威力拡張移動能力拡張
装甲強度拡張射程距離拡張
が存在する。

ただしほとんどのアバターは4つ全てを使うことは不可能とされている。

心意が向けられる広さと、その正負をXY軸と見ることで、心意技を四つに分類することができ、これらのどれか一つに属する心意技は《心意技の第一段階》と呼ばれ、心意技の中では基本とされる。

第一象限と第四象限はそれぞれ《希望》と《憎悪》の心意と言われている。
第一象限範囲を対象とする正の心意第三象限個人を対象とする負の心意
第二象限個人を対象とする正の心意第四象限範囲を対象とする負の心意

第二段階
前述の4つの基本技術を組み合わせる、もしくはその枠に収まらないイメージを具現化させることでオーバーライドの規模を高めたもの。

第一段階よりも圧倒的に派手で大規模に効果を発揮する。

例:グラファイト・エッジブラック・ロータス《奪命撃/ヴォーパル・ストライク》

第三段階
第二段階では広範囲に広げたイマジネーションを、第三段階では極限まで一点に集中させる。

いわゆる「結果のごり押し」による高次元から事象操作であり、見た目の派手さはないものの距離や攻撃力、防御力などを一切無視して有無を言わせず事象を書き換えることができる。

プレイヤーである以上《心より出づる意志》という大原則に捕らわれてしまうため、第三段階をマスターしたバーストリンカーはいないが、これを極めたものは加速世界の神にも等しい力(≒管理者権限)を得ることになるとされる。

グラフはこれを《絶対理論》と呼んでいる。

例:グラファイト・エッジ《解明剣/エルシデイター》ブラック・バイス《二十面体絶界/イコサヘドラル・インシュレーション》

心意由来の現象一覧


《零化現象/ゼロフィル》
負の心意によりアバターへ出力される信号が全て「0」になり、行動不能に陥る現象。バーストリンカーが無力感や絶望感に苛まれると起こる現象。

《逆流現象/オーバーフロー》
零化現象の上位版。怒りや憎しみ等より攻撃的な負の心意が溢れ、制御不能になること。
基本的には加速世界でアバターが起こす現象だが、稀に負の心意を身につけたバーストリンカーが現実世界でも起こす場合がある。

《オーバードライブ》
零化現象とは逆に闘志を高めることで若干だが能力を高めるコマンド。所謂軽い自己暗示である。現在使用を確認しているのは黒雪姫のみ。どちらかというと心意というより《黒》というカラーの特徴に近いらしい。
「あらゆる色を内包し、光を取り込むから黒く見える」という黒色の特性に関係があるかもしれない。

ザ・ディザスター
通称《災禍の鎧》。《七星外装》の一つ《ザ・ディスティニー》と《スター・キャスター》が負の心意によって同化・変質したもの。

《ISSキット(インカーネイションシステム・スタディキット)》
加速研究会が加速世界にばら蒔いた不正プログラム。
いわば《量産型災禍の鎧》であり、装備すると負の心意由来の強力な心意技を使うことが出来るが、負の感情を食い物にして技を発動しているため使用者の精神に非常に負担をかけ、また場合によっては性格さえ豹変させてしまう。
さらに一定以上負の感情を溜め込むと分裂し拡散するといった非常にやっかいな性質を持つ。使用技は基本的に《ダーク・ブロウ》《ダーク・ショット》のみ。

デュエルアバター
生成の段階で心にアクセスしているのは勿論、そのままの形を保っているのも心意によるもの。
メタトロン曰く「自らの存在そのものを保ち、守ろうとする意思」と考えて、それに対してハルユキ「自分の心を守る壁」と考えている

関連タグ

アクセル・ワールド ブレイン・バースト
アリシゼーション  整合騎士
キリト・・・オーシャン・タートル襲撃の影響でフラクトライトが非活性化され心神喪失状態に陥り零化現象を起こす
ガブリエル・ミラー・・・自ら殺したアリシアの幻影に引きずられる逆流現象を起こす

関連動画

関連記事

親記事

アクセル・ワールド あくせるわーるど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「心意システム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1011

コメント