ピクシブ百科事典

懲役30日

ちょうえきさんじゅうにち

世にも奇妙な物語のストーリーの一つ。
目次[非表示]

概要

『世にも奇妙な物語』1998年秋の特別編で放送されたストーリー。主演は三上博史。共演者に松重豊小日向文世がいる。
世にも奇妙な物語の中でもかなりのトラウマ物のエピソードとして知られている。その内容から長らく再放送はされていなかったが、2014年10月17日深夜に約16年ぶりに放送された。
また、2015年に行われた「『世にも奇妙な物語』25周年記念一番好きな奇妙作品大募集」という人気作品投票企画では第8位にランクインした。

ストーリー

死刑制度が廃止された未来、7人の人間を殺害した凶悪犯の男が逮捕された。だが男の態度はふてぶてしく、反省の色は見えない。裁判にかけられ、当然終身刑かと思われたが、彼に下された判決はなんと懲役30日。思いもよらない結果に男は歓喜する。
そして身体検査も終わり、彼はなぜか数名に医師が待ち受ける部屋に連行され、怪しい薬を注射された男はそのまま眠りに落ちた。その時、時計は午後4時をさしていた…
そして次の日、彼は刑務所の独房にいた。30日耐えればいいと考えていた男であったがその考えはすぐに覆されることとなる…
やがて男は看守長にたたき起こされ、屋上に連行されると炎天下の中縛り付けられた状態で一日中立たされる。これが彼への懲役であった。独房の水すらも与えられず、刑務官が目の前で水を飲むのにも耐え、靴を脱がされ屋上の床の熱で足を焼かれ、傷口に塩をすり込まれ、水に濡らした革紐を首に巻かれて首を絞められ、気を失っても水をかけられ、気絶すら許されない。
この繰り返しに、男は日に日に弱っていく。しかしそれでも日にちをカウントし、必死で耐え続けた。
そして迎えた29日目。明日釈放されると知った男は看守たちにようやく復讐できると活気づく。そして30日目、彼が連れてこられたのはいつもの屋上ではなく薄暗い部屋に連れてこられ、電気椅子に拘束される。実は死刑は廃止されておらず、秘密裏に行われていたのであった。
必死で命乞いをする男に対し看守長は「殺さないでくれ?お前が殺した人間が聞いたらなんていうんだろうなあ!」と言い放ち、死刑は執行された。

そして男が目を覚ますと、刑務所のベッドの上だった。30日の懲役が終わったと安堵するが、医師たちは衝撃の事実を告げる。
「まだだ。君がここに来てから、まだ5分しか経っていない」
時計を見ると、時計がさしていた時間は4時5分。まだ5分しかたっていなかったのだ。
医師が言うにはその薬は「30日分の地獄を味わわせる新種の幻覚剤」であり、この薬が投与されると仮想現実に飛ばされ、そこでは5分が30日、1時間で1年、24時間で24年と感じさせられるのであった。
つまり30日となれば「720年の懲役刑」となるのであった。
「さあ、先を続けようか。君にはあと、29日と23時間55分の懲役が残っている…」
怯える男を無視して再びその薬品が注射された…

そして30日後、出所する彼を待っている相棒の女の前をほとんど白髪で痩せこけて廃人と化した男が通り過ぎた。
女はそれを無視したが、彼女は気づいていなかった。目の前を通り過ぎた男が変わり果てた姿の彼であったということに…

現実には……

2007年に向精神薬シロシビンを用いた実験で被験者の体感時間の歪みがあったとする論文が発表されており、現在の薬学でも実際の時間の流れよりも体感時間を緩やかにする事は(安全性を別にすれば)不可能でもない。もちろん、これに加えて拷問やら処刑やらの幻覚を見せるとなると、流石にフィクションの域を出ない話ではあるのだが。

「懲役1000年を8時間で」?

オックスフォード大学の哲学者レベッカ・ローチェは懲役30年を刑罰の上限としているイギリスの量刑システムに対し、2013年に大学のブログ記事で「コンピューターに人間の心をアップロードし、処理速度を100万倍にすれば懲役1000年の刑を8時間半で済ませられるのではないか」という意見を表明。またこの記事に関する2014年のAEON誌によるインタビューで、「凶悪犯に体感1000年の刑を科すのは非倫理的か」という問いに対し「現在でも体感時間を歪ませられる薬剤がある以上、1000年の刑を受けているように感じさせられる薬剤の開発が出来るであろう事も想像に難くない」と答えている。

以上はあくまで哲学的な観点での議論であったのだが、これをイギリスのゴシップ誌『デイリー・メール』が「オックスフォード大学の科学者が『懲役8時間、体感1000年を実現可能な薬は開発可能』と主張」と報じ、これが日本に伝わって2017年にはtwitter上で「イギリスでは薬剤を使った懲役1000年の刑が考えられ始めている」として大きく話題になってしまう事態となってしまった。無論、実際にイギリスで刑罰に薬剤を導入しようなどという議論が起こっている訳ではない。

関連タグ

世にも奇妙な物語
みんなのトラウマ
三上博史

こいつおまわりさんです:幻覚作用のある薬物を刑に使うのは流石にこれと言わざる得ない

関連記事

親記事

世にも奇妙な物語 よにもきみょうなものがたり

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「懲役30日」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32831

コメント