ピクシブ百科事典

ミ=ゴ

みご

ミ=ゴとはヒマラヤの伝説に登場する雪男の呼称の一つ。 クトゥルフ神話においてはその正体は地球外知的生命体であると囁かれている。 この項目ではクトゥルフ神話の種族「ユゴスよりのもの」について記述する。
目次[非表示]

ミ=ゴなどの僻地に潜む、僻地にひそむと言う怪物や妖精はユゴスの甲殻生物に由来することになっている。
 より伝承の雪男らしい顔のない巨大な類人猿も、現地人にミ=ゴと呼ばれているが、この「ユゴスよりのもの」とは異なる存在である。

 ラヴクラフトの「闇に囁くもの」にて詳細に語られる。「ユゴスより来るもの」とも呼ばれる。「ユゴス」とはほぼ間違いなく冥王星のことだが、作品によっては冥王星にある都市のことだとされている場合もある。「ユゴス」は「ユッグゴトフ」と表記されることもある。

 初めて地球を訪れたのは人類誕生以前のことで、このときは先住種族である「古のもの」を北方の地から駆逐している。

生物学的特徴

 以下に述べる特徴はアメリカ、ヴァーモント州における先住民及び入植者に伝わってきた民間伝承、1927年の洪水で流れているのが目撃されたとされているミ=ゴの死体、ミスカトニック大学のアルバート・N・ウィルマースがヘンリー・ウェントワース・エイクリー氏より聞いた話を主な情報源としているため、全ての「ユゴスよりのもの」の種族の生物学的特徴を反映しているわけではない。
 体長は5フィートほどで、一見すると薄赤色の甲殻類のような見た目である。3対の先に鉤爪のついた手足があり、それらの内1対、または複数使用して歩行する。背中には1対の羽があり、宇宙空間を航行するのに使われるが、大気圏内での飛行に使用するには鍛錬が必要である。
 頭は渦巻いたような模様と、多数の触角がある。この頭の色を変えることで会話する。体組織は地球でいうところの類に近いものであるが、構成する原子の電子の振動数がこの宇宙のものと違うため、触れたり目視することはできても、化学的に適切な処置を施した写真でなければ、写真には写らない。
 また、肉眼でも空を飛んでいる最中に一瞬で姿を消すところも目撃されている。
 宇宙的規模で生息する生物であり、数多くの変種、亜種が存在する。
 ただし、宇宙空間をそっくりその身のまま移動できるのは最も発達した種族のみで、退化したその他の変種は機械の助けを借りたり外科的手術で器官を転移させなければならない。その必要となる器官と思われる「エーテルに抵抗する翼」を持ち合わせているのはほんの二、三種だという。
 だが、翼の生えたもの達は決して最高に発達した種族ではないとも語られた。
 テレパシーが主な会話手段となっているが、未発達な発声器官を持つので、簡単な手術(ユゴスよりのものにとって)を受ければどのような生き物の言語をもそっくり真似て発音できる。
 死ぬとその肉体は二、三時間の間に蒸発して消える。

文明

 彼らの起源は宇宙の外であるといわれている。電子の振動数が異なるのはこのためである。
 彼らは広大なこの宇宙の広範囲に進出しており、ユゴスは彼らの拠点の一つにすぎない。彼らが地球に来訪する目的は鉱物資源の採取である。山岳地帯などの人気のない場所に拠点を築き、採取した資源を宇宙に運んでいる。地球上に存在する生き物は口にすることができなかったため、食糧は全て宇宙から補給されている。
 彼らの力を以てすれば、地球を制圧するのは容易いがそうしないのはその必要がないからである。自分たちの周りに人間がいたとしても放ったまま平気でいるらしい。
 彼らが人間を誘拐するのは秘密を守るためである。主に彼らの活動場所や秘密に近づきすぎたりした者が攫われる。彼らの間では外科手術が頻繁に、それこそ日常茶飯事に行われており、上記の生物学的特徴を持たない者も多く存在するようである。
 彼らの態度を見る限り、人間など障害物とすら思っていないようだが、彼らの存在や活動を都市伝説以上の信憑性で公表しようとする者は排除しようとする。

 彼らの言語はテレパシーと頭の色を変化させることだが、いずれも口で話す生物を指して「未だ言葉で話している未発達な種」というほど精緻で効率的な優れた言語であるらしい。
 ある障害をコミュニティ全体が克服するために一個体が死ぬことには、まるで意に介していないようである。また、自分たちのことを探ろうとする人間の家に襲撃をかけ、その度番犬に個体が殺されたりといった被害があったが、懲りる様子もひるむ様子も見せなかった。
 彼らの科学力を持ってすれば犠牲を出さずに事を為すことは容易であったと思われる。

 人間という種がこの先どれだけ発展しようが理解することが出来ない、またそのテクノロジーを目にしただけで人間の正気が耐えられないとされる科学を扱う。
 それらさえ、最高に発展した種ではなく、変種、亜種の扱う技術である。

人間社会に対して

 人間を滅ぼすことは容易であり、自分たちのプライバシーを害する人間以外は放っておいても平気でいるということは上の通り。
 彼らは人間社会にスパイを潜ませ人間を見張っている。このスパイはどうやら本物の人間である。
 作中、言葉などに不慣れな様子は見せたものの、違和感がない程度に人間の姿に擬態しても見せた。
 自分たちの存在を悟られ、より多くの人間に公開しようとしているならば積極的に介入しようとするようである。

脳缶

 彼らの持つ文明の利器で最も知られているのが脳缶であろう。見た目は銀色の円錐形の筒。
 摘出された脳を保存運搬するための装置である。外部から専用の機器につなぎ調節すれば聞く、見る、話すの機能を使える。この装置を用いて体を安全な場所に老化を止めた状態で保管しながら、脳だけ運んでもらって宇宙旅行することが可能であるといわれている。
 ユゴスよりのものはきわめて容易かつ安全に脳を摘出し、その後全く元通りにすることさえできるという。
 協力的な人間にはこの脳缶を使って宇宙の様々な場所を見せてくれる。

信仰

 作中シュブ=ニグラスナイアルラトホテップアザトースヨグ=ソトースツァトゥグァなどの神々を讃えている。
 また、ユゴスよりのものかどうかは確かではないが、ラブクラフト代作のヘイゼル・ヒールドの「永劫より」では太古地球のユゴス星人がムー大陸のヤディス=ゴー山の要塞でガタノソアを崇拝したとある。

対立関係

・古のもの 
 太古の地球で争い、支配地を手に入れている。

・イスの偉大なる種族
 同時期に地球にいたと思われる。争いがあったかは不明。イス人は争いを好まなかった可能性がある。

関連タグ

クトゥルフ神話 ユゴス

pixivに投稿された作品 pixivで「ミ=ゴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81167

コメント