ピクシブ百科事典

ナグとイェブ

なぐといぇぶ

ナグとイェブとは、クトゥルフ神話に登場する、双子のグレート・オールド・ワンである。
目次[非表示]

概要

 この存在は古代ムー大陸で、シュブ=ニグラスと共に崇拝されていた。
 肉体は蒸気ガスと固形物」で構成されているが、外観は「身悶え腐り果てた肉塊」と、直視を躊躇う程おぞましいものである。
 別の説では「無数にある目と口から、絶えず体液と唾液を垂れ流し、鉤爪や蹄のある肢体を伸ばしては本体に吸収される」とも伝わる。

 『黒き連祷』によると、この存在は「赤と黒の竜」とされ、ヨグ=ソトース等の異形の神々が地球に顕現せんとする時、黒い炎を用いて人類や地球を浄化する。

ナグ

 単独では食屍鬼の祖父』と呼称されている。
 ただし、上記の『食屍鬼の祖父』と呼ばれるナグは、このナグとは別個の存在ともされている為、結局それ以外の情報はほぼ不明の存在。

イェブ

 単独では『蠢く霧のイェブ』と呼称される。
 資料によってはアブホースに仕えている」「ガタノソアの従属であるダーク・ワンの指導者」とも言及されている。

血統図

 母親にシュブ=ニグラスを、父親はヨグ=ソトースあるいはハスターとされる。
 クトゥルフツァトゥグァはこの存在の子孫、クトゥルフの子孫のガタノソアも遠縁の子孫に当たる。

関連タグ

 クトゥルフ神話
 双子

関連記事

親記事

旧支配者 きゅうしはいしゃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ナグとイェブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1204

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました