ピクシブ百科事典

マイノグーラ

まいのぐーら

『クトゥルフ神話』に登場する外なる神の一柱にして悪名高き邪神・ナイアルラトホテップの従姉妹である女神の名称。
目次[非表示]

概要

E・P・バーグランド氏が執筆したクトゥルフ神話『Wings in the Night』にて、初めてその存在が触れられた外なる女神にして邪神の一柱。

這い寄る混沌ナイアルラトホテップ』の従姉妹とされているが、その出自については謎に包まれており、理由は今現在の所不明ではあるが、従兄弟同様、旧神からの封印を免れた存在ではあるため、その身は自由であるが、ナイアルラトホテップと違って旧支配者の使者として暗躍していない為、その名はあまり知られておらず、ナイングトーヴの大図書館に所蔵されている『オキマーの啓二書』という本で僅かに触れられているのみであり、人間の知りうる範囲では今の所、その行動原理も含めて不可解な存在であるらしい。

とはあまり関わらないため、普段は人類が生活している物質次元とは異なる異界の闇の次元に存在しており、本体自身は光を嫌う。そんな彼女と係りたいと思うならば、従兄弟同様、契約を結べば良いとされる。

こちらの世界に顕現する際はエキゾチックな姿の可愛らしい女性の姿を採る事もあるが、真の姿である本性を現とすと、背中にコウモリのようなを持つギリシャ神話に登場するゴルゴンのような女性の姿(睥睨する非人間的な触手が巻くが如き、あらゆる永遠を内包すると表現される、を虚ろな石に変えてしまうという容姿らしい)を採り、その契約者の命を奪う。

また、ティンダロスの猟犬は彼女の落とし仔たちの落とし仔的な存在に当たるとされ、シュブ=ニグラスと交わり、地獄の猟犬の別名を持つヘルハウンズと呼ばれる、角度の制約を受けないティンダロスの猟犬によく似た性質を持つ落とし仔たちを数多く生み落しており、彼女が行動する際、彼等は共に現れ、又、彼等の中から生まれた個体が後にティンダロスの猟犬たちの祖となったとされている。

そのほか、旧支配者たちの中では珍しく、その心情や精神的な面についても触れられており、彼女自身は人間に近いメンタリティの持ち主で、食事をとる必要性はないが、偶然口にした人間の生命力が余りにも美味だったため病み付きになったとされる。

つまり、彼女にとって人間とは最高の嗜好品であり、更に彼女は人間と同じ思考パターンの持ち主であるため、かなり危険な存在ともいえる。

別名

  • 影の女悪魔
  • ナイアルラトホテップの闇の従姉妹


関連タグ

クトゥルフ神話 ナイアルラトホテップ シュブ=ニグラス ティンダロスの猟犬

pixivに投稿された作品 pixivで「マイノグーラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6712

コメント