ピクシブ百科事典

豪力怪獣アロン

ごうりきかいじゅうあろん

豪力怪獣アロンとは、『ウルトラセブン』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

概要

豪力怪獣 アロン
セブン暗殺計画(前篇)


  • 別名:豪力怪獣
  • 身長:45メートル
  • 体重:1万3千トン
  • 出身地:ガッツ星

第39話「セブン暗殺計画(前篇)」に登場。ガッツ星人によってセブンの能力を分析するため送り込まれた。

最終的にアイスラッガー切断されて倒されたが、倒されるまでにエメリウム光線や透視能力まで使わせた上に、ビームランプを点滅させるほど相当長時間闘ったらしい。
何気に強豪だったようだ。
セブンも多くの能力を駆使して戦わざるを得なかったという意味では、データ収集の役目を充分果たしたと言える。

活躍シーンは総てモノクロであるが、特写等では茶色い体色を拝める。

ウルトラゾーン

第14/第15話「東京ジュラ紀」

突如として市街地に出現して暴れ回った。暴君探偵・浦賀ケンは鳴き声からアロンである事を看破するが、アロンはあまりにもマイナーすぎる怪獣であった為に彼の正体が主人であるガッツ星人であると露呈、白石邸に向かわせて力付くでアカンバロの瞳を奪おうと目論むが、ピット星人と地底人の用意していたテレスドンエレキングによって倒される。
およそ44年ぶりの再登場だが、スーツが無いという大人の事情で鳴き声だけの登場となった。

派生作品

スーパーヒーロージェネレーション』ではやっとカラーで映像作品に登場した。ガッツ星人のオマケはとはいえ、エレキングキングジョーを差し置いて登場できたのは凄い。

ウルトラマンSTORY0』では星間連合子飼いの怪獣として登場。他の怪獣軍団と共に光の国を襲撃するが、ウルトラの父ウルトラアレイの光を浴びて消し飛んだ。

余談

デザインは池谷仙克で、魔女の鷲鼻とガーゴイルがモチーフ。

準備稿「セブン暗殺命令」は1話完結のエピソードとなっており、登場するのはスラッガ星人(決定稿におけるガッツ星人)のみで、アロンは登場しない。

ダンは「アロン」の名前を知っていたことから、資料によっては、「M78星雲で存在が確認されている」、「過去に別個体と交戦していた」と推測している。

関連タグ

ウルトラセブン ウルトラ怪獣 ガッツ星人

関連記事

親記事

ガッツ星人 がっつせいじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「豪力怪獣アロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6826

コメント