ピクシブ百科事典

大鉄塊

だいてっかい

Vシネマ『平成ウルトラセブン』に登場する怪獣。

『大鉄塊はまだ、未完成だった。しかし、十分に都市を破壊する力を保持しているのだった。――今や、大鉄塊の体の中には、力が満ちていた。発光する肉体は、破壊の神へと変貌する時が来たことを報せていた。誰にも負けない――たとえ、宇宙を守る神が、目の前に現れたとしても』
――辺見芳哉・著『空飛ぶ大鉄塊』より

概要

別名:鉄鋼ロボット
身長:67m
体重:6万4千t
出身地:地球


『ウルトラセブン1999最終章』第2話「空飛ぶ大鉄塊」に登場。

キュルウ星人の地球での姿「辺見芳哉」が書いた児童向けSF小説『空飛ぶ大鉄塊』に登場するロボット。
本来はキュルウ星人が母星に帰るために作っていたものだったが、フレンドシップ計画を恐れ、母星が攻撃される前に地球を破壊しようと企むガロ星人によって兵器として建造された。

胸にある「量子エネルギー変換装置(量子変換システムとも呼ばれる)」であらゆるエネルギーを取り込み、それを動力にして活動。円筒状の宇宙船に変形して空を飛び、地底を自在に掘り進み、両腕から放つ束縛光線で敵を拘束し、胸から発射する「ビーム粒子砲」で倒す。ロボット怪獣らしく、腕力も非常に強い。
これらの多彩な能力からキュルウ星人は「完璧な兵器」「君でも倒すのは無理」とウルトラセブンに忠告したが、この量子エネルギー変換装置が唯一の弱点でもあった。

ガロ星人が内部に搭乗してコントロールし、セブンのエメリウム光線さえ吸収してしまったが、まだ未完成だった(キュルウ星人は「人の熱い想いがあってこそ、大鉄塊を正義の神に変えることができる」としている)ため、セブンにとどめを刺すことができなかった。

最後はセブンを救うために自ら吸収されたキュルウ星人によってコントロールを奪われ、弱点である量子エネルギー変換装置をセブンに抉り出され大破した。

関連タグ

平成ウルトラセブン ウルトラ怪獣
キュルウ星人 ガロ星人

関連記事

親記事

キュルウ星人 きゅるうせいじん

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大鉄塊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 490

コメント