ピクシブ百科事典

有害超獣

ゆうがいちょうじゅう

Toy(e)氏による一連のイラストシリーズ。「有害超獣」を調査、登録し、対応し続けた組織「区役所」に残された情報を加工し、それらを繋ぎ合わせて公開している。
目次[非表示]

概要

■■県■■市■■区で発生した常軌を逸した獣害を引き起こす生物群、「有害超獣」に関する報告書で、それに対応し続けた「区役所」と呼ばれる組織によってまとめられたものである。
しかし、その内容は断片的にしか知ることができず、大部分は閲覧者の想像によって補う形となっている。

イラストのクオリティはもちろんだがキャプション部分も秀逸であり、これによって世界観がより深く演出され、コメント欄にはそれを意識した感想が寄せられている事もある。

2020年5月28日には画集の第一弾『有害超獣極秘報告書』が発売され、2021年3月17日には第二弾『有害超獣極秘顛末書』が発売された。

有害超獣

突如発生した「霧」の中から現れる謎の生物群「超獣」。その中でも、人類にとって有害なものを指して「有害超獣」と呼ばれている。
その姿形は千差万別で種類ごとに独自の習性をもち、その危険度によっていくつかに区分されている。メイン画像に描かれている「ヘキトウ」は、最初に発生した超獣である。

超獣は霧状因子が活性化し周囲のものを取り込みながら結合することによって出現、活動の後に不活性化し消滅する。また、強大な超獣であるほど出現時間は短くなる傾向がある。
一度形を成した超獣は消滅した後も再びその形で出現し、たとえ破壊に成功しても霧へと返り再び出現するという流れを繰り返している。しかし、中には捕食などを繰り返すことで完全に実体化したものも確認されている。

超獣の持つある特徴のために、その命名法には厳格な決まりがある。
かつてはそれぞれの特徴に基づいた名前が付けられていたが、ある時その名前に則した体の発達、変容を行う超獣が発生し、被害が拡大するという事案が発生した。この事から、超獣の中には人の言語の意味を理解し、人々の意識すらもその力に変えるものがいる事が判明する。
結果、超獣の名前にはすでに意味を持った単語を用い、尚且つ、カタカナ表記にする事でその言葉に対する意識を薄くし、超獣に余計な力を与えないという決まりが設けられた。

区役所

超獣に対応する組織で、住民の避難誘導から超獣との戦闘まで幅広く活動している。響きは心許ないが、その実態は軍隊も目を見張るような装備を用いる武装組織で、様々な部署が存在する。

機甲課

機甲課 思考重機


重機すら戦闘に用いる機械操作のプロフェッショナル。
自立稼働する思考重機と呼ばれるものが存在する。

警備課

警備四課 化粧率80%


超獣研究によって得た技術を用いた部署。
人体を変質、強化した人員がおり、四課の魔女と呼ばれる人物が有名。

水雷課

水雷課 バルクキャリア班


重武装した洋上プラットフォームを拠点とする水上戦のエキスパート。

巫撃課

巫撃課 鏑矢班


区内でのみ作用する「限定奇跡」と呼ばれる力を操る。

その他の組織

区役所の他にも独自で超獣に対応している組織が存在し、区役所からの外部委託という形で協力関係を築いている。

猟朋会

猟朋会 共同戦線


狩猟経験豊富な民間有志による組織。
その追跡や潜伏能力は目を見張るものがある。

獣工連
正式名称は「獣化学工業連合会」。
超獣研究で利益を上げており、その研究の一部は区役所でも用いられている。

大洋情報局
大洋圏の複数国家から集まった人員によって構成されている諜報機関。
構成員の中には超獣対策において妙に手馴れている人物もおり、区役所員の中には「海外でも超獣被害が発生していたのではないか」と考える者もいる。

重要単語

スノーホワイトプロトコル

生物、非生物を問わずあらゆるものを休眠状態へと導く超獣「テイタイ」の力を応用して、超獣の無力化を図った作戦。その要となったのは、テイタイの力を移植したと思われる女性、通称「シラユキヒメ」と、その影響下でも活動可能な特殊夢遊病者によって編成された部隊「七人のドワーフ」である。
目的地へとシラユキヒメを護送する道中、超獣「ヒツギ」に遭遇し応戦。ドワーフ部隊は一時意識を喪失するが、彼らが目覚めるとシラユキヒメは自らの体を粒子へと変換し、霧散していた。その後、この粒子の蔓延する一帯は全てのものが眠りにつき、作戦は成功を収める。

テイタイ
センシティブな作品
七人の小人
ヒツギ


有害超獣事案O-111256



ドクリンゴプロトコル

「ある物質」を用いて超獣の無力化とその遺骸を回収するべく行われた作戦。作戦は成功し、ヘキトウの頭部を一つ奪取するに至る。この影響によって、ヘキトウの姿と習性に異変が生じる。

ドクリンゴ・プロトコル
ヘキトウ(半矢)



ボーンホワイトプロトコル

ヘキトウの完全討伐を目的として決行された大規模作戦。その中心はシラユキヒメと多数の超獣の遺骸を用いて組み立てられた人造超獣と呼べる存在。

組立進捗報告
ボーンホワイトプロトコル



外部作品

ボードゲーム

株式会社リドルによるボードゲーム化の計画が進行中。
現在、支援受付は終了しており、ネクストゴール含め全ての目標を達成した。
詳細はこちら。(外部サイトへ移動します)

漫画版「有害超獣」

原作:Toy(e) 作画・ストーリー構成:Nykken
2022年3月28日よりヤングエースUP内にて連載開始。
有害超獣の世界により深く踏み込んだ作品となっており、区役所の実像が描かれている。
作品ページはこちら。(外部サイトへ移動します)

登場人物

如月千騎(きさらぎ かずき)
本島から区役所へと配属された心理学者の青年。
精神面に問題がある警備四課係員達のケアを担当することになる。

【有害超獣コミック化】始動します!!


御子柴御子(みこしば みこ)
警備四課係員で「魔女」の一人。
食べ物に対しての拘りが強い様である。

長谷川すみれ(はせがわ すみれ)
警備課主任の女性。
快活で人当たりも良い。

宗広智彦(むねひろ ともひこ)
警備部門長の男性。
超獣対策の最前線を指揮しており、その姿は冷徹そのもの。

関連タグ

巨大生物 怪獣 コンセプトアート

関連記事

親記事

一次創作 いちじそうさく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「有害超獣」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「有害超獣」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7374043

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました