ピクシブ百科事典

空想科学大戦

くうそうかがくたいせん

柳田理科雄原作、筆吉純一郎作画のギャグマンガ。
目次[非表示]

概要

 空想科学読本でおなじみの柳田理科雄原作SF漫画。作画は筆吉純一郎。全5巻。
 今まで特撮アニメでなんの問題もなくホイホイ描かれてきた行為を、科学に忠実に行ったらどうなるかを検証するのが主なストーリーであり、空想科学読本そのままのギャグが縦横無尽に描かれている。しかし、あまりに科学検証にこだわっていては話の大半が科学講座になってしまうため、「一度触れた問題に関しては何らかの方法でクリアしたものとする」という聖闘士星矢方式の強引な弁証法が行われ、物語は進んでいく。

 原作は柳田氏の文壇デビュー作でもある(あくまでコラムだが)宝島社の『怪獣VOW』のおまけ漫画、「タカラジマン」シリーズ。モドキングとパッチーのモデルになった宇宙犬人コリーと部下のパーも本作で登場するが、こちらは少々下ネタが多かったり、「あら死んでるわ 『ゴキブリフマキラー男』」などと言ったブラックなネタもあったりする。

あらすじ

 200X年、突如日本上空にUFOが現れた。UFOの船長である、「宇宙帝王」を自称するモドキング怪獣ジラゴを送り込み、地球を征服しようとする。それを止めるために300年前から地球に潜伏していた巨人・ソフィーは超音速東京まで駆けつける…。しかし音速の壁の前にソフィーの首は吹き飛び、その後を追うかのようにジラゴも自重に耐えきれず圧死する!
 そう、この世界は科学の法則に逆らえない世界。モドキングは様々な方法で侵略の魔の手を伸ばすが、それを阻止すべく地球人たちも立ち上がった。

主な構成

第1巻

 ウルトラマンなどをテーマに、巨大生物の非現実性、怪獣退治の正しい方法などを研究。

第2巻

 地球侵略のための方法を柳田が立案! 正義改造人間の活躍を検証する。

第3巻

 巨大ロボット同士の戦闘はこんなに大変! 柳田式巨大ロボットの実用性の考察。

第4巻

 自然の猛威を食い止めろ。人類の逆らえぬ巨大な敵、自然災害とその防止についての考察。

第5巻

 物語は宇宙へ! 現在の科学は、SFスペースオペラにどこまで近づいたのか?

主な登場人物

正義陣営


モドキング一味

  • モドキングにそっくりな宇宙人で「宇宙帝王」を自称する大バカ。特撮やアニメの悪の組織的な作戦を実行しては、科学と言う現実の前に敗北]する。
  • パッチー:モドキングの腹心でゴリラにそっくりな宇宙人。モドキングが作戦失敗の腹いせににボコボコにし続けたせいでドMになってしまった。
  • ズキン:モドキングが宇宙船の掃除の為に雇ったお手伝いさん。この3人の中では一番マトモな科学知識を有するが、あくまでも掃除の為に雇われただけだからか侵略を手伝う気は無いツッコミ担当。さらに惚れっぽい性格で、地球側のヒーローに惚れては余計な問題を起こす。
  • ワルサー:最終巻にてずうずうしくもズキンに惚れて彼女を娶ろうとしたスケベな宇宙人。宇宙総帥を名乗り、モドキングとパッチーを配下に置いた。


怪獣軍団


改造兵士


トラディショナル重工

  • アヤノコウジ・ミツル:日本最大の重工業会社『トラディショナル重工』の社長。重役共々モドキングに洗脳されて巨大ロボを作らされる。に先立たれたせいか、ものすごい親バカ。シズカを顔を無理やりロボのデザインに反映させるため、事件が起きる度にシズカが青い顔になる。
  • アヤノコウジ・スミレ:ミツルの愛娘でシズカのライバル。シズカをものすんごく見下しているイヤなお嬢様だが、シズカよりは常識がある。


関連項目

メディアファクトリー ウルトラマン 仮面ライダー マジンガーZ
パロディ 公式が病気

pixivに投稿された作品 pixivで「空想科学大戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2244

コメント