ピクシブ百科事典

エレキザウルス

えれきざうるす

エレキザウルスとは、『ミラーマン』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:49m
  • 体重:7万t
  • 別名:電気怪獣
  • 出身地:富士山麓

概要

第50話「地球最後の日」
第51話「さよならミラーマン」に登場。

インベーダーが惑星Xの地球衝突を止めるために開発された富士山の麓にある反引力装置を基地諸共破壊する為に送り込んだ怪獣。なぜかミラーマンが名前を知っていた。
頭の角からは100万ボルトの高圧電流を発射し、腕は付きのロケットパンチになっている。全身に電撃を張り巡らせて相手を寄せ付けない。

最初に基地を襲撃した際にはインベーダーが乗っ取ったジャンボフェニックスの援護があったものの、ミラーナイフで角を切断され撤退する。
今度はデッドキングと一緒に基地を襲撃したが、スライサーVで腕を切断され、ミラクルキックで首を切り飛ばされ絶命した。

関連タグ

ミラーマン怪獣

コメント