ピクシブ百科事典

デモンゴーネ

でもんごーね

ジャンボーグAのラスボスを務める地球侵略部隊の総司令官を務めるグロース星人の名称。なお、ここでは裏設定でのもその存在が確認されているグロースゴーネにつても解説する。※メインイラストは女性の顔バージョン
目次[非表示]

「今は亡きアンチゴーネ、マットゴーネ、サタンゴーネよ!あなた方に代わって、今からこの私が地球侵略軍の指揮を執らせていただく!私は誓います。必ずこの手で、ジャンボーグAと9を倒し、緑の星、地球を征服することを!」
「私の名は、デモンゴーネ。地球侵略軍の新しい司令官さ・・・フフフフ」
「おのれぇ!ジャンボーグ9よ、お前のお陰で私の全生命を賭けた作戦は失敗した!もはや私には、お前と刺し違えて死ぬしか、道はない!さぁ、潔く死んでもらうぞ!」
CV/田中信夫()、加川友里()

データ

別名:侵略宇宙人
身長:2.8~41m
体重:250kg~6万t
出身:グロース星

概要

ジャンボーグA第46話『サタンゴーネ最後の大進撃!』~最終回『トウキョウ最後の日』に登場。
グロース星の地球侵略部隊の総司令官
三代目地球侵略戦闘隊長を務めていたサタンゴーネの死後、数々の侵略計画失敗に業を煮やし、自らの手で全てに決着を付けるべく遂にその姿を現した。地球上では主に女性の姿で暗躍する。

男と女の顔を持っているという特異体質(裏設定によれば生れながらの体質という訳ではなく後述するグロースゴーネの娘とその側近が合体した姿である為、この様な体質になったらしい)で、任意に入れ替えることが可能で、立案した作戦に応じて使い分ける事で相手を攪乱する。

歴代の指揮官たちとは違って戦略兵器たる怪獣たちを保持していない(実は大人の事情でいないだけらしい)が、総司令官を務めてあるだけあり、その戦闘能力は今までの指揮官とは比べ物にならない程強大。
戦闘時には先端を鎖付きで発射して相手を拘束したり、対象を凍結させる『フリーザー光線』や破壊光線『デビルレーザー』といった数種類の光線を発射する事が出来る杖を武器とし、外部からの攻撃を弾き返してしまうマントを着用している。

また、本人の戦闘力も高く腹部の顔からミサイルや破壊光線を放ち、『デモンテレパシー』という超能力を使って物体を自由自在に操る事も可能。また、自身の分身を生み出して相手と戦わせることも出来る。

数々の凶悪な作戦を立案して怨敵であるジャンボーグA、ジャンボーグ9に何度も挑戦し、最終作戦となる“太陽光エネルギー照射装置を月に設置して、そこから集積した太陽光線を東京都へと放ちを灼熱地獄へと変えて東京都民を全滅させる”に自身の全てを掛け面において最後の決戦を展開する。

激闘の遂にジャンボーグAに大打撃を与えて戦闘不能へと追い込むことに成功するが、不退転の決死の覚悟で挑んだジャンボーグ9の活躍により装置を破壊されてしまい失敗。

自分の全てを注いできた作戦を台無しにされて怒り狂い、ジャンボーグ9を道連れにせんと戦いを挑み死闘を繰り広げるが、最後は一瞬の隙をつかれて9に光線発射装置の破片を腹部に突き立てられ致命傷を負い、口から緑色の血を吐き出して絶命し、不気味な体液を噴き出しながら溶け去って消滅した。

総司令官の死により、グロース星人たちの地球侵略は取りあえず一時的に中断せざるをえない状況になってしまったようだが、番組の最後のナレーションからは、まだまだ諦めきれていない様子が垣間見え、いつの日か再び侵略が再開されるのかもしれない。

グロースゴーネ

裏設定のみでその存在が確認できるグロース星人たちの支配者。

全宇宙を支配する為に各星々に侵略部隊を送り込んでいるグロース星の総統であり、地球侵略軍の総司令官を務めるデモンゴーネの女性の顔は彼の実の娘であり、男性の顔は彼の側近である。つまりデモンゴーネはグロースゴーネの実の娘と彼の側近を融合させた存在だったらしい。

っと分かっているのはここまでであり、それ以外の事の詳しい詳細については不明だが、一部のファンの間では番組最終回の最後の場面でグロース星の荒野に打ち立てられた歴代の地球侵略部隊長(総司令官のデモンゴーネも含む)墓をバックに聞こえてくる声の主こそが彼ではないかと推測されているが、真偽のほどは不明(考えによっては今まで戦死してきたグロース星人たちの怨霊の声とも解釈できるため)。
「我々はいつか必ず地球を手に入れて見せる。必ず・・・必ず‼」

関連項目

ジャンボーグA グロース星人

pixivに投稿された作品 pixivで「デモンゴーネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43

コメント