ピクシブ百科事典

マッドゴーネ

まっどごーね

ジャンボーグAに登場する2代目戦闘隊長を務めるグロース星人。
目次[非表示]

CV/池水通洋

データ

  • 別名:侵略宇宙人
  • 身長:2.5~54m
  • 体重:200kg~3万t
  • 出身:銀河系第24番星雲グロース星


概要

第13話~32話に登場。
初代地球侵略戦闘隊長を務めていたアンチゴーネが戦死した直後に彼の任務を引き継ぎ出現した2代目戦闘隊長を務めるグロース星人

初代戦闘隊長のアンチゴーネとは義兄弟を交わした仲であり、アンチゴーネからは兄貴と言われ慕われている(書籍によっては本当のとしている文献もあるが、実際にはこちらが正しいらしい)。

アンチゴーネよりも強力なサイボーグ怪獣たちを従えており、数々のアンチゴーネより最寄り凶悪な作戦を展開してナオキたちに挑戦し彼らを苦しめる。

ベルトのバックルから生き物を狂わせる霧状のガス『マッド・フォッグ』を放つ事が出来る、また、自身もその霧の中に姿を隠すことも可能。

戦闘時には『マッド・フォッグ』のほか、携帯している杖から黄色の破壊光線や赤色の『アロー光線』を放ち攻撃する。
戦闘能力は初代戦闘隊長のアンチゴーネよりも格上だが、頭に生えている2本の角が弱点で、ここをへし折られると大幅に弱体化してしまう。

数々の地球侵略計をジャンボーグAジャンボーグ9の活躍により阻止され続けた結果、その失態の責任を取らされ第32話でグロース星本部に鎮座する総司令官(デモンゴーネか、グロースゴーネの何方かと思われる)直属の命でPAT本部の破壊とジャンボーグA、ジャンボーグ9の打倒命令が下った為、遂に直接ジャンボーグAジャンボーグ9を自らの手で打ち取るべく出撃。

ジャンセスナを人質に取りジャンボーグ9へと迫り窮地に追いやるが、ジャンボフェニックスの体当たりで弱点の角をへし折られ大幅に弱体したところへその隙にジャンセスナを救出され、最後は『ブーメランカッター』で右手と首を切断され敗北。
死の間際に自分鳥もはるかに格上の戦闘隊長・サタンゴーネが自分の代わりに着任する事を伝えた直後に爆散。絶命する.

関連項目

アンチゴーネ サタンゴーネ デモンゴーネ グロース星人 ジャンボーグA

関連記事

親記事

グロース星人 ぐろーすせいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マッドゴーネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87

コメント