ピクシブ百科事典

マグマゴン

まぐまごん

マグマゴンとは、『ミラーマン』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:53m
  • 体重:3万9千t
  • 別名:妖怪怪獣
  • 出身地:南アルプス・地獄谷

概要

第38話「地獄谷!妖怪怪獣マグマゴン」に登場。

インベーダーが新潟港の防衛基地攻撃の為、地獄谷に集結させているUFO部隊を防衛するために待機させた怪獣。
口からは人間を一瞬で骨にしてしまうガスを吐き出し、両手の「マグマドリルハンド」はミサイルのように発射する事が出来、次々に生えている。

山中で女性ハイカーをガスで白骨化させ近くの村で妖怪騒ぎを起こすと、ミラーマンに変身しようとした鏡京太郎を谷底に落として妨害。インベーダーの手先である女が仕込んだ毒トカゲで足を負傷させた。
その後、地獄谷の円盤を攻撃しに来たジャンボフェニックスを攻撃。
ジャンボフェニックスがポイント923に先制攻撃を仕掛けた時にも出現したが、ミラーマンのスライサーHでマグマドリルハンドを破壊され、ミラクルキックで首を蹴り飛ばされ死亡した。

余談

当初はサンガーニとしてデザインされていたが、デザイナーの米谷佳晃の知らないところで入れ替わってしまった。

関連タグ

ミラーマン怪獣

コメント