ピクシブ百科事典

重力マシン

じゅうりょくましん

重力マシンとは、『ミラーマン』に登場するメカ。
目次[非表示]

データ

  • 身長:20m
  • 体重:4万7千t
  • 別名:異次元超兵器、ロボット怪獣
  • 出身地:波岡市のビル

概要

第10話「時計が止まった街」に登場。
SGM科学者の日野正史が、インベーダーの協力を経て開発したマシーン
波岡市のビルを崩壊させるように突然出現すると、頭頂部にあるドーム状のパーツが緑色に発光し、本体から巨大な突起と触手が伸びて緑色の空間を発生させ、波岡市を飲み込んだ。
この空間内では時間が停止し、地球の科学力では通過できない。ミラーマンのミラーナイフやスライサーVも受け付けない程強固。

内部にある暗闇の空間で三体のインベーダーが倒された後、空間の一点に発射したミラーナイフで爆発のような発光現象が発生し、これを見届けたミラーマンが脱出すると制御不能に陥り、亀裂が入ってあちこちに誘爆が発生。最終的には本体が炎を噴き上げて消滅した。

関連タグ

ミラーマン怪獣

コメント