ピクシブ百科事典

メノーファ

やわらかくてぶきみなばけもの

メノーファとは『ウルトラマンダイナ』に登場する怪獣の名称である。
目次[非表示]

データ

別名全長体重出身地
生物兵器164m 18万湾岸エリアのD7倉庫


概要

ウルトラマンダイナ』第33話「平和の星」に登場する超悪質宇宙人 ナルチス星人が地球人たちを滅ぼすために造り上げた生物兵器。
湾岸エリアを埋め尽くすほど巨大で、不定形の無数のスライムがまとまった様な、一見怪獣どころか生き物にも見えない容姿をしている。
ハスミ記者が「化け物がぁ!」と言い放つのも納得である。

ナルチス星人が地球人のマイナスエネルギーを与えて成長して行き、最後に星人自身が合体する事で完成し、マイナスエネルギーの赴くままに活動を開始する。
塊のようなメイン画像からは想像もつかないが、意外と機敏に動き、的確な攻撃を仕掛けてくる。

の一部を触手状に伸ばして相手を殴りつける攻撃のほか、体から破壊光弾を連射して周囲のものを破壊する。
また、ぶよぶよとした弾力性に富んだその体は如何なる打撃攻撃を通じず、ナルチス星人が「どんな攻撃にも傷付かない」と豪語するだけのことは有り、ダイナの「ソルジェント光線」すらも吸収して自身のエネルギーに変換するなど不死身かと思わせる程の強敵。

しかし、完成直前にハスミ記者が鉄パイプを刺した部分が弱点となってしまっており、その部分をヒビキ隊長が搭乗するαスペリオルで撃たれ大きな亀裂が生じてしまう。その部分にストロングタイプへとフォームチェンジしたダイナの「ダイナトルネードアタック」を喰らい、粉々に砕け散った。

余談

触手はディプラスの流用。
柔らかさを演出する為に着ぐるみの中にはスーツアクター十人も入る事になり、中はムレてムレて大変な事になったそうだ。

脚本ではダイナ・トルネードアタックを使用する描写はなく、メノーファにとどめを刺す場面では単に「ダイナが光線で倒す」とだけ記述されていたが、監督を務めた佐川和夫氏は「時にはウルトラマンも肉弾戦が必要だろう」と考え、展開を変更したという。

関連項目

ナルチス星人 生体兵器 ウルトラマンダイナ 超巨大怪獣

関連記事

親記事

ナルチス星人 ぎぜんてきかつじこちゅうしんてきなちょうあくしつなうちゅうじん

pixivに投稿された作品 pixivで「メノーファ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1376

コメント