ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

"熊の中の常識人"

プロフィール

所属バンドハロー、ハッピーワールド!
担当DJ
イメージカラーネイビーブルー/ピンク(ミッシェル)
学年高校1年生→高校2年生→高校3年生(花女生徒会長)
学校花咲川女子学園
誕生日10月1日
血液型
星座天秤座
身長157㎝
好きな食べ物ファミレスのメニュー
嫌いな食べ物パクチー
趣味羊毛フェルト(妹に作ってあげる)
CV黒沢ともよ

「人生何事もほどほどがいいよね〜」


「あんたが流れ星なら、あたし達も流れ星だよ。

 あんたが夜空を飛び回るなら、あたし達も一緒に飛び回る」

概要

ハロー、ハッピーワールド!の苦労人にして、ミッシェルの中の人

3バカである弦巻こころ北沢はぐみ瀬田薫の暴走を食い止め、バカ発言に対するスルースキルの持ち主。3年生に上がってからは花咲川女子の生徒会長になった。

その3人にはミッシェルの中身が美咲だということを気づかれていない。説明を試みたが、通じなかった。このため、3人は「バンドメンバーは6人」という認識を持っている。


最初はバンドにほぼ無理矢理入れられたものの、なんだかんだ馴染んでいる。

こころからは、「とっても心配性で、いつも自分を守ってる」「すっごく好きなことなのに諦めてしまう」という本質であることを指摘されている。

趣味の羊毛フェルトは本当は妹だけでは無く美咲も好きだが、自分には恥ずかしい、似合わないと思って妹にあげているらしい。ここでも指摘された本質が出ている。


バンドストーリーでは徐々にこころやメンバーの考えに絆されていくストーリーになっているが、本心では少なからずバンドに肯定的な気持ちがあったのかもしれない。

そういったバンドストーリー内での変化が、イベント『ハロー、マイハッピーワールド』での行動に繋がっていく。


特に弦巻こころとの関係性は決して切れず、語らずにはいられないだろう。


初期の頃のこころは、美咲を仲間とは認識しているものの名前すら記憶できず、ミッシェルの関係者という認識だったため「キグルミの人」と呼び方が雑な始末で、今の二人では考えられないが「あなた、誰?」とまで言われてしまっている。

しかし美咲自身がメンバー達に感化され、徐々に本心を表せるようになったようになった辺りから関係性が大幅に改善され、彼女から「美咲」と名前で呼ばれるようになった。

以降は特に仲の良い一人として描かれており、お互いがお互いのことを言及することも増え

現在では相棒と呼ぶに相応しい程の信頼、確固たる絆で結ばれている。


もう一人の自分と向き合い、そして……

仲間達と数々の経験をしてきたが、バンドストーリー第2章『キミがいなくちゃっ!』にて

彼女最大の壁にぶつかってしまう事になる。閉園寸前のスマイル遊園地復興の為、

奔走するハロハピ一同、こころをはじめとするメンバーは「美咲だけに仕事を任せるのは

良くない、自分達もやろう」と美咲がやってきた曲作りなど裏方の仕事に着手するメンバー達。

しかし、美咲の為にと動いた行動により、美咲のやる事が無くなってしまい、美咲の中で

「自分の存在価値はミッシェルしかないんじゃないか?

 自分がいなくてもハロハピは大丈夫なんじゃないか?」と思うようになってしまう。

そんな矢先、ハロハピ会議の場で「その話、あたしいるのかな?」と無意識に失言。

それ以降、メンバーから距離を置くようになってしまった。


ある日の夕方、公園のベンチに座り悩んでいた所に、ある人物が現れる。

そう、同じバンドメンバーの瀬田薫その人だ。彼女は新曲のギターのフレーズを

考える為に夕日に染まる公園からインスピレーションを貰いに来たと言う。

早速、生まれたばかりのメロディを美咲に聞いてもらい、彼女から

「もうちょっと楽しい感じが入ると、遊園地っぽさが出るかも」というアドバイスに

賞賛、感謝する。そして、美咲は薫にある質問を投げかける。


「薫さんって舞台でいろんな役を演じてるよね?

 希望とは違う役をやることってないの?」


「望まない役ということかい?

 そうだね、華やかな役を任されることが多いけれど、

 そうではない役を演じたこともあったよ。

 名もない村人の役から、動物、井戸の幽霊……

 いろいろな役を演じたものさ。

 しかし、どの役も私の儚い演技で喝采を浴びたよ」


「なんかその絵が浮かぶかも……

 でもさ、望んでない役で評価されたら

 微妙な気持ちになったりしない?

 評価してほしいのはそっちじゃないっていうか……」


「人からのイメージと素の自分とのギャップに悩む人もいるね。

 古い友人もそれで悩んでいたよ。

 けれど、私はどんな役も嫌だと思ったことはないかな?

 どんな自分も自分。

 望まない姿を求められても、それが誰かを幸せにしているなら

 それは愛すべき自分であり、胸を張れる自分だよ」


薫からの言葉により美咲は改めて、ハロハピの奥沢美咲とはどんな存在で、もう一人の自分と、

どう向き合っていくか見つめ直し始める。


そして、ハロハピの集まりに躊躇い、悩んでいる美咲をこころは説得しようと遊園地での楽しい事を次々と挙げてゆくのだが、その事が美咲を刺激してしまい激昂、美咲は教室を飛び出してしまう。


花音の言葉により、美咲に元気を届ける事を決めたこころは教室で一人佇む美咲に、もう一度説得を試みる。そんな中、美咲は自身が「最高に後ろ向き」だと主張するが、こころは「ハロハピにいる意味を見つけたい」と解釈し、とても前向きだと彼女を諭す。

続き、こころはハロハピのみんなが居てくれたから笑顔になれた事、これまで美咲が自身を含めたみんなを笑顔にしてくれていた色々な出来事を語りだす。しかし、自分ではなくミッシェルがやったこと、どれも大した事をしていないと否定するがこころから「美咲からもらった笑顔の大きさはもらった私達が決めるわ」と断言される。


そして、その手に余る程の大きさを表す為に校庭に出てまで、表そうとする彼女の行動に美咲は大笑い。この時、美咲は「自分もみんなを笑顔にできていた事、曲作りやみんなのフォローをすることだけじゃなかった事」を心の中で悟る。それに気づかせてくれたこころに「ありがとう、こころ」と一言、礼を言うのだった。


二人も遊園地に到着し、みんなが描いた壁の絵がふと気になった美咲。誰かが描いていると思っていたハロハピの守護神を書き足した事により、最高で最強の6人が初めて揃った瞬間なのだった。それから曲作り等を行い、ついにパレードライブの時を迎え、更衣室から着替え出てきたのは

Twitterフォロワー300人突破記念イラスト

なんと!みんなとお揃いのライブ衣装を着た美咲だった。ハロハピのメンバー、黒服さん達からの粋な計らいで、美咲ファンの方々は大いに盛り上がった。残念ながら、美咲としてではなくミッシェルとして自らの意思で出ることに決めたので、本人としてライブを行うことは無かったが初めてミッシェルとしでなく奥沢美咲のライブ衣装が出たのは快挙である。


これからも彼女が望んでいたほどほどの人生は、笑顔に溢れた世界へと変わってゆくのだろう。そう、これからも大好きなハロハピのみんなと。そして、もう一人の自分 ミッシェルと共に……



踏み出した勇気と笑顔は、紺碧色に美しく咲いて……















※これより先はネタバレ注意。イベントストーリー「旅立つ人へ」








































いつもの如くこころから電話で「今すぐ来てちょうだい!」とため息混じりながらも、笑顔を見せ、弦巻家の屋敷を歩いていった。ハロハピの会議室に着いた美咲だったが先に着いていた花音の「美咲さん」という、まるで他人のような呼び方に違和感を抱いていたが、会議室にやってきたもう一人の花音からは「美咲ちゃん」と聞き馴染みある呼び方をされ、美咲も理解した。美咲さんと呼んだ花音の正体はバンドストーリー第3章「にこにこねくと!」でお世話になったハピネール王国から公務という形だが、遥々旅行で日本に来ていたニコリーナ姫だったのだ。


ニコリーナ姫は仕事の方へと向かった事で、ハロハピ会議が開始された。議題は「ニコリーナが一番笑顔になれる遊び探し」で、笑顔パトロール隊や演劇と候補が出るが、みんなで遊べて、ライブが出来るという事でスマイル遊園地へ行くことに決まったが、薫の受験の事を美咲は心配して、彼女に聞くが「フフ、目の前の子猫ちゃんを笑顔にさせることより大事なことなんてないからね」と、その時は薫の言葉を気にも留めなかった。そして、ニコリーナ姫の為の作戦を決行した一同だったが異様に気合の入った薫の姿に美咲は再び問う。しかし、彼女から驚きの言葉が返ってくる事になるのだった。


「ん? どしたの薫さん。

 何かすごく気合い入ってるけど」


「もちろんさ。

 なにせ、私が日本にいる間にできる

 最後のパーティになりそうだからね」


「え? どういうこと?

 日本って、薫さん 海外に

 行っちゃうみたいな言い方だけど。

 それを言うなら『ニコリーナ姫が

 日本にいる間にできる』でしょ?」


「おや……?

 美咲には言ってなかったかな?

 卒業後、私は海外に留学することになっているんだ。

 だから、このパーティが、

 私が日本にいる間にできる

 最後のパーティになるということさ」


その言葉を聞いた美咲は言葉が出てこなかった。それからスマイル遊園地に着いたハロハピは遊園地を堪能していたが、美咲は薫が「私は海外に留学をする」と言われ、拗ねてしまっていた。何より美咲は前振りも相談も無しに決めてしまった事に腹を立てていたのだ。しかし、モヤッとしているのが自身だけだと気付いた美咲は薫との思い出を一つでも多く作る為に心を切り替える。そこに、中々来ないから呼びに来たという花音が現れ、彼女は大学生になったら千聖とルームシェアを予定していると話すが、美咲は卒業によって今あるものが変わってしまう事に寂しさを感じていた。


ニコリーナ姫と観覧車のペアになった美咲。二人でゴンドラに乗り、遊園地の景色を楽しんでいたが美咲の浮かない表情を見かねたニコリーナ姫が「何か悩んでいるのではないでしょうか?」と問い、薫が海外留学してしまう事の寂しさや行って欲しくないという胸の内を吐露するのだった。その話を聞いたニコリーナ姫は美咲に「言ってもいいんじゃないでしょうか?」と彼女をその方向へと促し、「薫さんを思っているからこそのわがまま、美咲さんが笑顔じゃなければ薫さんも笑顔にするのは難しいのでは?」と核心を突くような激励の言葉を送った。そして、ニコリーナ姫は美咲の手に以前(第3章)、もらった勇気を返すと同時に、美咲のわがままの背を優しく押したのだった。


いつものようにミッシェルを着ようとする美咲は、ニコリーナ姫も遊園地を楽しんでいてくれたので満足だったハズだったなのだが、薫の海外留学の件が頭に過ってしまう。そんな彼女は無意識の内に自身の口からある言葉が出る。


「……あたしが、出ちゃダメかな……」


自身でも可笑しな事を考えている自覚はあったし、今までミッシェルが頑張ってきたのに、今さらになってわがままにもほどがあると美咲が一番分かっていた。そして、彼女はもう一人の自分に最初で最後のわがままを伝える


「……ねぇ、ミッシェル。

 1つだけ、わがまま言ってもいい?

 あたしも……みんなと一緒に、

 一回だけでいいからステージに立ちたい。

 ミッシェルには、悪いと思ってる。

 でも……あたしが笑顔にならなきゃ……

 みんなを、笑顔にさせてあげられないから。

 だから……」


と話していると、美咲の着替えが遅い事を気にしてくれた花音が来て、説明をしようとした矢先、ミッシェルにぶつかってしまい自身もバランス崩してしまい、美咲の背中の上に乗っかった状態になった。その時、彼女は「もう一人の自分が背中を押してくれてるみたい……」と解釈し、昼間のニコリーナ姫とのやり取りや花音が背中を押してくれた事でミッシェルとしてではなく、奥沢美咲としてステージに立ってライブをする事を決意する。


ミッシェルと花音の状況を心配していたメンバー達だったが、そこに現れたのは美咲と花音だった。美咲が来た事に困惑するメンバー達に彼女は自身のありったけの思いをぶつける。


「あたしが、あたしが

 みんなと一緒にライブに出たいから!。

 遠くに旅立つ大切な人を、あたしとしてちゃんと見送りたい!。

 だから、ミッシェルに代わって欲しいって言ったの!。

 ……今回だけ、今回だけでいいから、

 あたしをステージに立たせて!」


「……えぇ、そういうことならわかったわ。

 でも、美咲はミッシェルの代わりなんかじゃないわ。

 美咲も、ハロハピのDJってことね!」


「こころ…」


「さぁ、開演の時間よ!

 みんな、行きましょう!!」


「うんッ!」


ミッシェルとしてではなく、奥沢美咲としてステージに立ち、ステージの熱や活気を肌身に受けた事で、決してピンチヒッターなのではなく「ミッシェルみたいにお客さんを盛り上げる事は出来ない。けど、あたし(美咲)だからこそ出来る事がある」と悟り、もう一人のハロハピのDJとしてメンバー紹介をされた彼女は笑顔に満ちた凛とした表情を窺わせた。

🎠みさここ🎡

ライブも無事終了し、そんな美咲はやりたい事をやったので、続けて薫に言いたい事を言うのだった。


「……薫さんが留学するの、

 あたしは嫌です」


「え………

 美咲、それは……」


「でも、薫さんが決めたことなら

 止めるなんてできません。

 きっといっぱい、いっぱい考えて

 決めたことなんだと思いますし

 離れていても、あたしたちは

 ハロハピです。

 遠くにいても、気持ちは一緒です。

 ハロハピのこと、忘れないでください」


美咲のそんな言葉に薫は自身の海外留学の事で悩んでくれていた事や自身の夢を応援している旨を伝えられ、彼女もハロハピのみんなと離れてしまう事を非常に惜しんでいた。しかし、薫の口から衝撃の一言が飛び出す。


1週間の間みんなに会えなくなるけど

 必ずより儚く成長して帰ってくるよ」


「薫さん……

 ……ん?………

 1週間?。

 え、待って薫さん。

 今、1週間って言った?」


なんと、薫の海外留学の期間は1週間だったのだ。それも、こころやはぐみ、花音は薫の留学期間を知っていて、美咲だけが知らなかった。その事で変に悩んでしまい、とても恥ずかしがっていた。そして、翌日ニコリーナ姫は飛行機に乗って、ハピネール王国へと帰っていってしまったが、美咲はメンバーにある言葉を切り出す。


「その……

 薫さんと花音さんが卒業して、

 大学に入っても……。

 いつか、あたしたちが卒業して、

 大人になっても、

 ずっとハロハピを続けたいなって思って……。

 みんなどう思っているかわかんないけど、

 気持ちは言わなきゃ伝わんないから、言ってみた。

 言いたいって、思ったから……」


その言葉に反対する者など当然おらず、みんなハロハピをこれからも続けていき、「世界を笑顔に」という勇気と笑顔を生み出す魔法の言葉を胸に、6人は一歩また一歩、前へ未来へ歩き始めるのだった。


ガールズバンドパーティ』では、ショッピングモールでメンバーのみんなのことを思いながら買い物をしていたりと、メンバーの喜ぶ顔が見たいが為にバレンタインチョコの製作に挑戦するなど、彼女にとってハロハピとは大切な居場所であり、かけがえのない存在なのである。


ユーザーに走る衝撃

2023年1月9日、「ガルパ超大型アプデ発表会」が行われた。予告があった新キービジュアルや3Dライブについての発表が続く中、ある発表があった。









なんとミッシェルと美咲の切り替えが6周年の大型アプデで可能となるのだ。しかも2Dはもちろん3Dライブまで。

衣装はミッシェル時のデザインを美咲に合わせたものとなっている。(カードイラストにもなった「キミがいなくちゃっ!」衣装を着用した美咲がイメージとして分かりやすいか)


上記ストーリーの展開を受けた粋な計らいとサプライズともいえる発表に、美咲ファンのみならず多くのユーザーが歓喜の声をあげることとなった。さらに言えば、今までのミッシェルの衣装の美咲バージョンが同時に実装されるかもしれない可能性があるのだ。


シーズン3にて

詳細なことはきっかけとなった事象の都合みさありの記事内容を見てほしいが、彼女は3年生にして生徒会に加入した。役職は生徒会長

余談だが、これが理由かシーズン3では生徒会室がハロハピ(厳密には、おそらくこころとはぐみ)の溜まり場になっていると美咲本人は発言している。


ガルパ☆ピコ

ガルパ☆ピコ』ではギャグ漫画的な表現のおかげで立派なネタキャラと化している。


  • 1期

着ぐるみでスカイダイビングしたり、八甲田山らしき雪山を雪中行軍したりとなかなかの超人ぶり。

うっかり「ミッシェルの家はミッシェルランド」などと口走ったせいで本当にミッシェルランドが開園してしまったのも見どころ。


  • 2期『大盛り』

ミッシェル中毒に陥っており、長期間に渡ってミッシェルに入れない状態が続いたため、奇行に走ったり、ミッシェルの幻覚を見たりしている。しかも後日、その奇行がガールズバンド☆新聞の一面を飾ってしまった。


余談

苗字の由来になった「奥沢」は東京都世田谷区の南部に現在も実在し、町丁そのものが東西に広い関係で、東急電鉄の駅が東から順に、奥沢駅(目黒線)、自由が丘駅(東横線/大井町線)、九品仏駅(大井町線)と3駅もある。ただし、自由が丘駅のみは目黒区に跨がる。


関連動画

1分で分かる奥沢美咲のキセキ

美咲もライブに登場!ハロー、ハッピーワールド!『えがおのオーケストラっ!』美咲Ver

関連タグ

BanG_Dream! ミッシェル ハロー、ハッピーワールド!

弦巻こころ 松原花音 北沢はぐみ 瀬田薫


珠手ちゆ(チュチュ):バンドリでのDJ担当つながり。

紫和泉子:『D.C.』より。ピンクのクマの着ぐるみの中の人つながり。

マイリー:中の人繋がり及びバンドをやっている者同士で妹がいる所も同じ。但し、こちらは男の娘

渡辺月:こちらも中の人繋がりで、とあるメンバー従姉妹。こちらは劇場版のみの登場。

若草あおいfrom_Argonavisに登場する3バカボケをさばくキャラ、ミッシェルに関してはイメージカラーがピンクと一緒、ボーカル相棒など共通点が多い。

ヒカリ超一郎ザ☆ウルトラマンに登場するウルトラマンジョーニアスに変身する主人公でミッシェルをジョーニアスに例えるなら、こちらも周囲から評価されているのはウルトラマンであって自分ではない事と言う存在意義に思い悩んだ共通点がある。

ユナ(くまクマ熊ベアー):同じく、クマの着ぐるみが重要なキャラ付けになっている人。さらに「飛ばないクマはただのクマだ」というアニメ版で美咲が言ったのと同じような名言(迷言?)も残している。

関連記事

親記事

ハロー、ハッピーワールド! はろーはっぴーわーるど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34116718

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました