2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:河瀬茉希 

概要 

くまクマ熊ベアー主人公。15歳の少女で、本名は優奈(読み方は「ゆな」。フルネームは不明)。
不登校の引きこもり女子だが、ただの引きこもりではなく、若き敏腕株トレーダーでもある所謂ネオニート。既に一生遊んで暮らせるレベルの財産をもつ「おクマん長者」である。
その財力たるや、後述のクズ親に300クマん円をポンと、小遣いにくれてやる程度の能力。
ある日、毎日遊んでいるVRMMOにて、アップデート記念キャンペーンと称したいくつかの不可解な質問の末に、くまさんセットなるアイテムを手に入れ、さらには、神を名乗る謎の存在の悪戯によって、ゲームの世界にそっくりな異世界へと飛ばされてしまった。
しかしながら、後述の家庭環境故に現実世界に未練はなく、冒険者として異世界生活を満喫している。

戦闘の都合で、普段からクマの着ぐるみ姿であるため、ただでさえ奇異の目で見られるが、転移した異世界にデフォルメという概念がないことが、それに拍車をかけている。本人も自覚はしており、当初はこれを着て戦うことに抵抗はあった。

ニートらしくマイペースで大雑把な性格。面倒くさいという理由で目立つのは避けがちだが、ゲーマー故に、悪人や魔物を見かけるとチート性能でまとめて倒してしまう為、結果的に目立ってしまい、ほとんどの人々から、初対面の頃はその姿やチート性能に驚かされる。
その一方で、知り合った少女フィナを色々面倒を見た上に、彼女の母ティルミナの病気を無償で治したり、クリモニアの街の孤児院が、補助金を打ち切られ困窮しているのを知ると、無償で食べ物を寄贈しただけでなく、彼らが自活できるようにと、コケッコウ(この世界のニワトリ)の世話と卵を、生産・出荷できるように支援したり (ただし、このことで領主クリフをしばらく誤解していた。実際には部下が横領していた)、クリフの娘のノアールのために、クリフを迎えに行くついでに王都を襲撃しようとした一万の魔物を倒した上に、自分が倒したことは伏せさせてもらうように頼んだりと、本人は否定しているが、誰か (特に身内や子供) が困っているのを見過ごせない性格で、多くの人達を救っている為、慕われている。
特に、フィナやノアをはじめとする年下の同性の子に多く懐かれているが、本人が子供好きなのかは不明だが、あまり悪くは思っていない。

さらには、上記の孤児院の件の解決と同時に、生息地が離れていることから高級食材だったコケッコウの卵を、クリモニアで生産することで、一般家庭でも安価に手に入るようにしたり、やはり産地以外では普及していなかったチーズジャガイモを、後述のレストラン経営のために流通させる。クリモニアと、山脈で隔てられていたミリーラの街を、トンネルで繋げて、海産物をはじめとする物流を容易にするなど、経済活動にも大いに貢献している。

能力

現実世界のお金を神様が異世界のお金に換金してくれたこと、くまセットのチート性能、更に元々ゲームをかなりやりこんでいたこともあって、特に苦労はしておらず、数々の常識はずれのチート能力から、ついたあだ名はブラッディベアー。冒険者としてのランクはCで、Aランクに昇格できるチャンスはあったが、目立ちたくないとして見送っている。
戦闘では、魔法をメインに戦う。ただし、クマをイメージすると効果が上がるという、おかしな特徴がある。また、武器の扱いも上手いのだが、素手で十分強いのであまり使わない。

悪く言えばテンプレなろう系主人公だがかわいい。設定でも緑がかった黒髪ロング美少女 (さらに言えば、異世界に来た経緯も「転生」ではなく「転移・召喚」のため、地球にいた頃から、美少女だったことになる)。異世界で、最初に会ったフィナが見惚れてしまうほどで、多くの人から容姿を褒められるが、容姿に自信がないことと、本人は鈍感な為、「お世辞」「子供の言うこと」とスルー、髪も伸ばしているわけではなく、美容院へ行くのを面倒くさがって放置した結果らしい。

引きこもり生活が長く、家庭環境も後述の通り壊滅的だったため、家事全般、特に料理が得意で、異世界でプリンピザといったジャンクフードを作り出している。ここもテンプレ。
…が、そこは株で一生分の財産を築いた女。その商才を生かし、上記の料理が異世界で評判になったことを受けて、自身がオーナーとなってレストラン経営をしている(ほぼ同年代で、従業員のカリンからは「他人を自主的に動かすのが上手い」と、経営の才能を非常に評価されている)。
また一時期、漫画家になるために絵の勉強をしていたために絵がうまく、デフォルメの概念がないことを利用して「くまさんと少女」という絵本を書いている。

チートの塊のような彼女だが、それらのほとんどは、くまさんセットの力によるものであり(新たにスキルを入手しても、セットに付与される。セットなしで使いこなせるのは「異世界言語」と「異世界文字」のみ)、セットが無ければ中身は幼児体系の元ひきこもり少女であるのが、唯一にして最大の欠点。そのため、どんなに目立ってもくまさんセットは常に着用している。
(尤も、先述の通り、商才には非常に長けているので、悪い輩に目をつけられない限りは、「やり手女社長」のような生き方もできなくはなさそうだが)

なお、くまさんセットなしでは魔法は使えないものの、入浴などの魔石の力を発揮しないといけない日常の場面で困っている描写はないので、彼女自身に魔力がないわけではないと思われる。

ちなみに、なろう系主人公にしては珍しく、同性からやけにモテる代わりに、異性からは、恐ろしいぐらいにモテない

服装

先述の通り、くまさんセットなしではほぼ無力に等しいため、常に着ぐるみ+パペット&クマ靴を着用している。また、着ぐるみの頭部は、フルフェイスではなくフードタイプになっているが、視界の妨げにならないどころか、フード越しでないと使えないスキルもあることや、自分の顔への自信なさなどから、深々と被って顔を隠すことが多い(書籍版最初の挿絵では、口元しか見えない状態が描かれていたが、それ以降の挿絵や、コミカライズ及びアニメ版では、顔が隠れない程度の被り方しか描かれていない)。

また、着ぐるみの中は、どんなに汚れても汚れず、汗や匂いも付かない「クマの下着」を着ているのだが、パンツにはクマがプリントしてあるクマさんパンツであり、これを見られることを、何よりも恐れている(同性であっても)。

作中では、パーティーや海水浴などの、どうしようもない場面で、ドレスや水着などのTPOを弁えた格好をしたことはある。 

以上のように、非常事態以外は服装に無頓着なため、劇中でファッションセンスを問われる場面では、絶望的に自信がない様を露にする(ただし、本人に自信がないだけで、実際には、彼女がデザインした水着が好評だったりもする)。

なお、異世界に来る前、現世での引きこもり時代の描写では、パーカーにショートパンツという格好をしていた。
また、VRMMOのアバターは銀髪ツインテールで、身長もちょっとだけ高めにしていた。

ちなみに、くまさんセットは、脱ぐことは出来ても他人には譲渡不可であり、本人が掴んでいなくても、テーブルに置いていても、他者には持ち上げることすら出来ない(貸すことすら不可能)。

家庭環境 ※アニメ組一応ネタバレ

実家は企業の経営者一族であり、自身もお嬢様なのだが、父親は三兄弟の末っ子で、出来の悪いドラ息子、母はそんな男に、玉の輿当で近づいてきたという屑親。上記の通り、実の娘に恥ずかしげもなく、百万単位の小遣いを貰っていることからも、推して知るべし。そんな両親に「とりあえず、一人は作っておこう」といったノリで産み落とされ、親戚から、親ごと疎まれてきた過去を持つ。
幸い、会社のCEOたる、父方の祖父が唯一、味方してくれたことで、彼の家で肩身の狭い思いをすることなく生活していた。

とはいえ、そんな家庭環境で荒まないわけもなく、祖父の家にいたころから不登校の引きこもりであり、曰く「学校はバカの行くところ」。株取引の才能があったことが裏目に出てしまったと言える。
両親からは当然、登校を促されるも、二人はユナの叩きつけた、一億円の手切れ金で、引き下がってしまった
これによって両親の態度は娘のためでなく、自分たちの世間体のためでしかなかったことを思い知らされたユナは、両親に愛想を尽かしたのか、あるいは今後二人が自分に金を無心することを見越したのか、二人が嬉々として海外旅行へ行った隙に祖父を後見人にして、正式に両親と絶縁。「祖父の目の届く範囲にいること」を条件に、ハイテクマンションへと引っ越し、以後は引きこもり生活を満喫しながら、本編冒頭へと至る。
トレーダーとしての才能は、祖父も認めており、「どうして(出来のいい)長男の子じゃなかったのか、悔やまれる」とまで言われている。さらには「ユナになら、会社を任せてもいい」とも言っているが、本人は「面倒なことと、親戚がうるさいだろうから」と、拒否している(ゲーム部門には、未練があったようだが)。

困っている子供に、見て見ぬ振りができないのも、このように、自分が親や周囲の大人に、愛されなかったことから来ている

異世界に来てからも、異世界のため、未成年や保護責任者の概念はないが、一応、クリモニアではティルミナが、王都ではエレローラが、それぞれ保護者代わりとなって、ユナの面倒を見ている(特に、エレローラからは、代わりどころか本気で養子に迎えようとするぐらいに、気に入られているが、ユナは、自分を養子にすることで、クリフの苦労が増えることが、確定的との考えから断っている)。

身も蓋もない言い方をすれば、ア○ナなにかなかった未来悪い意味で)が、ユナである。
ユナには商才があったが、王子様親友もいなかった。
くまクマ熊ベアーとは、そんなユナが、居場所を見つける物語である。

交友関係 

先述のフィナやノアのような、妹のように可愛がる子供たち以外に、同い年だとノアの姉であるシア、当代国王の第一王女ティリアや、彼女たちの学友などと、それなりの友人関係を築いている。しかしながら、いずれも貴族や王族、あるいは騎士団長などの、それなりに偉い立場の関係者であり、同年代で平民な友人はいない。 

そのため、ティルミナから「子供の時に作った友人は一生の宝物」と説かれた時には、元の世界に友人がいなかったことも含めて、些か胸を動かされる描写もある(あくまで、地球にいた頃、ぼっちだったのは「同年代のクラスメイトたちがアホすぎた」ためで、上記のシアたちと、それなりの友人関係を築いていることから分かる通り、友人が要らないと思ってるわけではない)。

ちなみに、ユナ本人に自覚がないだけで「地球の文化の持ち込みで、商売において多大なる成功を収める」「大型モンスターについても、ボランティア同然で倒す」「魔石も大小問わず、ほぼ無料で配る」など、国に大いなる利益と発展をもたらしているだけに、国王から国外流出を招かないよう、指示書が出されるほどの最重要人物として扱われており、貴族や王族とも、引けを取らない地位は築いている。ただ、ユナの性格上、無理に引き止められないのは明白なため、「国から出さない」のではなく、「国から出ようという気を起こさせない」ように、こっそりと便宜を図ったり、自由に過ごさせる方式を取っている。

アニメ版 

「王都にて、同い年のシアが学園に行ったために、遊べないことに些か、残念そうにする」「本音と建前を分けれずに、墓穴を掘る」「ミリーラの町に行く経緯が、駄々っ子に近いレベルの、禁断症状を発症した結果」など、年相応な内面の幼さが目立つキャラ付けとなっている。
声の主が、他作品にて気の強い女性クール属性アイドルなどの、落ち着いた役を演じることの多い河瀬氏なため、ボイスは、やや落ち着いた印象がつくところもあるので、若干そのギャップが、見所の一つとも言える感じに、なっている。

関連イラスト

森のくまさん
ユナ


ユナ🐾
くまさん!



関連項目

くまクマ熊ベアー おねロリ
ぐだ子・・・異常なまでに同性からモテる者つながり。決してこっちではないのでお間違いないように。 
アルジェント・ヴァンピール・・・こちらも同性からモテまくるなろう系主人公。ただし、こっちは前世は男
アズサ・アイザワ・・・同じく同性からモテまくるなろう系主人公。「前世も女性」「武道・魔道のエキスパート」「目立つことは嫌いで、スローライフを望んでいるトラブルメーカー」「経営理念(というより指導方針か家訓?)が『アンチ・ブラック企業』に近い」などの数々の共通点がある (相違点があるとすれば、専用装備がなくても強いことぐらいか?)。
メルニボネのエルリック・・・こちらも専用装備がないと無力。ただし、こちらは装備に振り回されて破滅していく悲劇の主人公。

球磨(艦隊これくしょん)・・・容姿が似ており、クロスオーバーイラストがいくつかpixivにも投稿されている。「クマ」繋がりと言う点もある

関連記事

親記事

くまクマ熊ベアー くまくまくまべあー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ユナ(くまクマ熊ベアー)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ユナ(くまクマ熊ベアー)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 603095

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました