ピクシブ百科事典

くまクマ熊ベアー

くまくまくまべあー

くまクマ熊ベアーとは、くまなののライトノベル。
目次[非表示]

クマさん、概要を書く

2014年、オンライン小説投稿サイト『小説家になろう』にて連載開始。
2015年、主婦と生活社より書籍化
イラストは029が担当。既刊16巻+特別編1巻。

2018年4月、主婦と生活社のWebコミックサイト「コミックPASH!」にてコミカライズ開始。他、ニコニコ静画やpixivコミックでも配信中。
作画担当はせるげい。既刊5巻。

2016年には『熊熊勇闖異世界』のタイトルで台湾角川から翻訳版も発売されている。既刊8巻。

ネットゲームそっくりな異世界に飛ばされてしまった引きこもりの少女が、神様から貰った装備である熊の着ぐるみを身に着け冒険するファンタジー作品。

クマさん、あらすじを説明する

15歳から諸事情で引きこもり生活を送っている主人公のユナ。日課となっているVRMMORPG「ワールドファンジーオンライン」にログインすると、神様のいたずらにより、レア装備である「くまセット」を装備した状態で異世界に飛ばされてしまう。しかたなくそのへんをうろついていると、女の子が狼らしき獣に襲われているところに出くわしたため、獣を蹴散らして女の子を助ける。
結局その子の案内で街に連れて行ってもらい、冒険者として生計を立てることにした。

クマさん、登場人物を紹介する

ユナ(CV:河瀬茉希
本作の主人公。15歳の少女だが学校に行かず引きこもっている。
株でしこたま儲け、一生遊んで暮らせるほどのお金を持っているおクマん長者であり、世間体を気にする毒親に一億円を叩きつけて黙らせ、たかりに来る前に内緒で高級マンションの一室に引っ越していた。
日課であるVRMMOがアップデートされたためログインした所、神様の悪戯でゲームにそっくりな異世界に飛ばされてしまった。
レベルも1に戻されてしまったが、もともとかなりやりこんでいたことに加え神様が資産を異世界のお金に換金してくれた上アップデート記念プレゼントであるレア装備「くまセット」のあまりのチートぶりもあって特に苦労もなく異世界で元々の特技である料理を生かしパン屋と食堂を経営して暮らすことにしている。ただし出来ないこともそれなりにある為、そこは仲間に頼っている。
「くまセット」はレベルが上がると強化され、スキルも覚えるチート装備。譲渡不可。

くまゆる(CV:宮島えみ
くまきゅう(CV:黒瀬ゆうこ
ユナの召喚獣。黒いくまゆると白いくまきゅうの二匹。両手についているパペット人形から召喚される。
人の言葉は解るが、喋る事は出来ない。敵を検知や薬草探しなど、ユナ本人も知らない特技を多数持っている模様。
また、ユナのスキルで通常サイズからぬいぐるみサイズまで変更自在。汚れてもユナが送還して再召喚すれば元に戻る。
甘えん坊で片方だけを構いすぎるともう片方が拗ねていじける。

フィナ一家

フィナ(CV:和氣あず未
ユナが異世界で最初に合った少女。10歳。
冒険者ギルドで魔物の解体を手伝っている。ユナにとっての命の恩人。
後頭部の大きなピンクリボンがトレードマーク。
クマさんファンクラブの副会長。

シュリ(CV:富田美憂
フィナの妹。7歳。
いつも母親であるティルミナと一緒にいる健気な女の子。
フィナほどではないが、解体作業ができる。

ティルミナ(CV:宮本侑芽
フィナ・シュリの母親。
不治の病に犯されており、命の危機にさらされていた時に、ユナに救われる。今はユナの元で事務作業をおこなっている。
これでも元冒険者だが、さすがに復帰は家族総出で止められている。

ゲンツ(CV:鶴岡聡
冒険者ギルドで働いている。冒険者を辞めたあと、冒険者ギルドから働いてほしいと声がかかる。
ロイ亡き後、ティルミナが病気にかかり、二人の娘であるフィナとシュリの面倒を見る。
ティルミナの回復後ユナに背中を押され、ティルミナと結婚する。

ロイ
ティルミナの元夫。故人。
元々はティルミナ・ゲンツの三人でパーティを組んでおり、その後解散しティルミナと結婚。その後一人で依頼を受け帰って来れなかったという。
彼が亡くなってからは、かつての友であったゲンツが彼の家族であるフィナ達の面倒を見ている。

フォシュローゼ家

クリフ・フォシュローゼ(CV:遊佐浩二
ユナの拠点となるクリモニアの街の領主。
領民に愛される気さくな領主を目指しているが、締める所は締めれるできる男。
ユナの行動に頭を悩ませつつ、ユナを頼りにしている。

エレローラ・フォシュローゼ(CV:巽悠衣子
クリフの妻。普段は国王であるフォルオートの補佐をしている為王都で暮らしている。
年齢は35歳だが、10歳は若く見える美魔女

ノアール・フォシュローゼ(CV:日高里菜
クリフの娘。愛称は『ノア』。10歳。普段はクリモニアにいる。
クマさんファンクラブの会長。(自分で作った)

シア・フォシュローゼ(CV:水瀬いのり
クリフの娘であり、ノアールの姉。ユナと同い年の15歳。
王都の学園に通っており、エレローラと共に暮らしている。

ロンド(CV:手塚ヒロミチ
フォシュローゼ家の執事。
有能かつ忠実で、クリフが最も信頼している部下。

ララ(CV:市邑咲
クリモニアのフォシュローゼ家で働くメイド。

グージュ
ラーボン
フォシュローゼ家の護衛。
グランの誕生パーティーに向かう道中、クマハウスに泊めてもらう。

スリリナ
王都のフォシュローゼ家で働くメイド。

クリモニア

ミレーヌ(CV:黒瀬ゆうこ)
クリモニアの商業ギルドのギルドマスター。
普段は真面目で几帳面な性格だが、ユナの前になるとかなりフレンドリーになる。

エレナ(CV:宮島えみ)
ユナがこの世界に来て初めて泊まったクリモニアの宿屋の娘。

エンズ・ローランド(CV:沢木郁也
王都の騎士団長ルトゥム・ローランドの弟。でっぷりと太った悪徳貴族。
領主であるクリフの目を盗んで孤児院への補助金の着服しただけでなく、その裏で横領、暴行、殺人、違法取引、その他諸々の非道な悪事を家族ぐるみで重ねていたが、勘違いしたユナの話を聞いて真実を知り激怒したクリフによってこれまでの悪行が暴かれ、妻子共々処刑される。

冒険者ギルド

ラーロック(CV:多田野曜平
クリモニアの冒険者ギルドのギルドマスター。筋肉が目立つ男性。
ユナが冒険者ギルドでトラブルにあった際に、謝罪を行い、その後も何度か接点がある。
ユナからは筋肉のせいで冒険者ギルドのギルドマスターとしか呼ばれない。

ヘレン(CV:工藤夕希
冒険者ギルドの受付嬢。

ルリーナ(CV:青山吉能
クリモニアの冒険者。金髪(アニメ版では銀髪)で細身の美人の魔法使い。常識人。
元はデボラネパーティーの臨時メンバーだったが、あまりに横暴で身勝手なデボラネに愛想をつかし、パーティーを抜ける。一度お姫様だっこされてから、ユナの着ぐるみの触り心地を気に入っている。

ギル(CV:中島卓也
クリモニアの冒険者。大柄で体格のいい男性。無口だが優しい性格。子供に好かれる。
元はデボラネパーティーのメンバーだったが、ルリーナと同時に、パーティーを抜ける。

デボラネ(CV:大泊貴揮
クリモニアの冒険者。性格は粗暴で、素行が悪い。
クリモニアに着いたばかりのユナに絡み、ボコボコにされる。ブラッディベアー伝説、その最初の犠牲者である。
ただし、ふざけた格好のユナに辛辣なだけで実は結構真っ当な人物であることがweb版で語られている。

ランズ(CV:広瀬裕也
クリモニアの冒険者。口が悪い。
デボラネパーティーのメンバー。パーティーで唯一デボラネを慕っている。

孤児院

ボウ(CV:岡村明美
クリモニアの孤児院の院長。眼鏡をかけた年配の女性。

リズ(CV:徳井青空
クリモニアの孤児院で働いている若い女性。

くまさんの憩いの店

モリン(CV:甲斐田裕子
『くまさんの憩いの店』店主。
恰幅がよく、姐さん気質の女性。亡き夫の残した借金が元で王都で開いていたパン店が潰されたところをユナと出会い、パン職人としてスカウトされクリモニアの街にやってきた。夫から受け継いだパンの味は王宮料理長であるゼレフが認めるほど。
スカウト直後に(アニメでは『くまさんの憩いの店』の開店後に)借金が詐欺同然の物であることが発覚し、パン屋の権利も戻ってくるも、ユナへの恩もあり彼女の元で今も働いている。

カリン(CV:新田ひより
モリンの娘。『くまさんの憩いの店』店員。

王都

サーニャ(CV:Lynn
王都の冒険者ギルドのギルドマスター。女性のエルフ。薄緑の髪の色をしている。
鷹のような召喚鳥「フォルグ」を呼び出し、尚且つその視覚情報を共有できる。
アニメ版では出番は少なめだが、フォルオート王の前でユナの大暴れを「クマに乗ったクマが魔物を倒してます!?」と混乱しながらフォルグを介して実況していた。

フローラ(CV:木野日菜
エルファニカ王国の王女。桃色の髪をしている幼女。純真無垢で素直。
くまさん(ユナ)が大好きで、ユナが王城に来るといつも走ってきて抱き着いてくる。
ユナが書いた絵本「くまさんと少女」が大のお気に入り。

フォルオート(CV:石田彰
エルファニカ王国の国王。ハンサムな中年男性。
王都を襲う魔物一万匹の脅威から救ってもらったことをきっかけに、ユナと関わりを持つ。
ユナ(主に作ってくる料理)に興味を持ち、気に入っている。かなりフランクでフットワークが軽く、王であるにも関わらず、共もつけずに一人でユナの家を訪ねたりもする。

キティア
エルファニカ王国の王妃。のんびりほわほわとした美人。
どれだけ食べても太らない体質で、エレローラの嫉妬を買っている。

グルザム(CV:鳥海浩輔
かつて危険な思想と非道な実験を行ったことにより王都を追放された魔術師。
復讐のため、十年という月日と自身の命をもかけて一万もの魔物の軍勢を集め王都にけしかけたが、ユナによってあっさり阻止されてしまい、失意の中でフォルオートによって討たれ死亡する。
ちなみにユナ自身はその辺の事情を全く知らない為、やたら意味深げな登場をしたにも関わらず彼の存在は完全に出オチとなってしまった。憐れ。
アニメ版ではユナと直接対峙するものの、吐血しながらも繰り出した切り札のワームを瞬殺され、目が点になった隙にワンパンK.O。そのまま王都に引き渡されてフェードアウトというより情けない退場となってしまった。しかし死亡してしまった原作と違い生存して逮捕された辺りはまだマシなのかもしれない。

ミリーラ

アトラ(CV:阿澄佳奈
ミリーラの冒険者ギルドのギルドマスター。
若い女性でユナが羨ましがるような抜群のプロポーションの持ち主で、本人もそのことを意識したような露出の多い服を着ている。海沿いの街に住んでいるがゆえの、健康的な日焼けがチャームポイント。

ザラッド(CV:吉野裕行
ミリーラの商業ギルドの元ギルドマスター。強欲な金の亡者。
街に現れたモンスター騒ぎに便乗し、支給品を無理やり高値で売り付けるだけに飽きたらず、裏で荒くれ者の冒険者を盗賊として雇い、住民から殺し奪った金品で私腹を肥やしていたが、ユナの活躍によって盗賊団は壊滅し、その後非道な悪事を働いた証拠が露見され、盗賊団共々処刑された。

ダモン(CV:稲田徹
ユウラ(CV:行成とあ
レーラ(CV:天野聡美
レオ(CV:篠原侑
ミリーラの家族。ダモンとユウラは雪山で遭難したところをユナに助けられる。

デーガ(CV:西村知道
アンズ(CV:春野杏
ミリーラの宿屋の大将と娘。デーガはマッチョだが、料理の腕は一流。
宿屋に名前はなく、ミリーラの住人の間では、「アンズちゃんのお店」や「デーガさんの宿屋」で通っている。

ジェレーモ
ミリーラの商業ギルドのギルドマスター。前マスターのザラッドと違ってまっとうな商人である。
元は一般職員だったが、ザラッドが逮捕されたことで席が空いたため、その後釜としてギルドマスターの座に仕方なく就く。

その他

ミサーナ・ファーレングラム(CV:天野聡美)
シーリンの領主の孫娘。ノアとは旧知の仲。
品行方正なお姫様。

グラン・ファーレングラム(CV:髙坂篤志
シーリンの元領主。サルバード家取り潰しの際に、息子のレオナルドに領主の座を譲る。
エルファニカ国王の誕生記念式典に出席する際の旅程でオークに襲われていたところを、ユナに助けられた。

カイ(CV:松田利冴
コケッコウの村の住人。
ブラックバイパーから村を救うため単身クリモニアの街まで助けを求めにやってきた、勇気ある少年。

ズン(CV:加藤将之
コケッコウの村の村長。
村をブラックバイパーから救ってくれたユナのために、コケッコウとその卵を差し出す。

クマさん、アニメ化する

2020年1月7日にアニメ化が発表された。
同年10月から同年12月にかけてTOKYOMXサンテレビKBS京都AT-XBS11にて放送された。
アニメーション制作はEMTスクエアード

尚、尺の都合と本作のゆるふわ系の世界観を尊重してか、モンスター解体時の出血や殺人、処刑等の残酷な描写はある程度ぼかされている。

2020年12月24日、2期制作決定のアナウンスがなされた。

主題歌

1期

OP曲『イツカノキオク』
作詞・作曲:宮崎まゆ / 編曲:高橋修平 / 歌:和氣あず未

ED曲『あのね。』
作詞はeNu戸嶋友祐 / 作曲:戸嶋友祐 / 編曲:川田瑠夏 / 歌:ユナ(CV:河瀬茉希)
最終回ではユナとフィナ(和氣あず未)による「あのね。-loved ones ver.-」となっている。

クマさん、関連動画を見せる




クマさん、関連項目を編集する

ライトノベル 
異世界転移 / 異世界トリップ

はたらく魔王さま! 異能バトルは日常系のなかで:挿絵担当が同じ
くまみこ:クマを題材とした作品で、アニメの制作会社が同じ。
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。:小説家になろう原作で女主人公のVRMMOモノ。ただし、こちらは正真正銘のVRMMOを舞台としている。

クマさん、関連リンクを貼る

『くまクマ熊ベアー』シリーズ一覧 | 小説家になろう
書籍版一覧
『くまクマ熊ベアー』コミカライズ版 | コミックPASH!
pixivコミック
TVアニメ公式サイト

関連記事

親記事

小説家になろう しょうせつかになろう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「くまクマ熊ベアー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 900057

コメント