ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アース製薬が発売しているゴキブリ駆除用品のこと。正しくはごきぶりホイホイ

1973年の発売開始以来40年の歴史を誇っており、今ではゴキブリ駆除用品のことをゴキブリホイホイと呼ぶことも多い。

香料でゴキブリを誘引し、内部の粘着性のあるシートでゴキブリを捕獲するアース製薬の大ヒット商品である。

1970年に会社更生法が適用されたアース製薬を大塚製薬が買収した。再建にあたって大塚製薬の社長・大塚正士の弟・大塚正富がアース製薬の社長となり、経営再建に取り組んだ。アース製薬で除虫菊を研究していた西村昭が誘引剤の開発に成功。ネズミ捕りをヒントにゴキブリの習性を研究した上で試作。1972年に「ゴキブラー」と名前が決まった。
しかし大塚製薬の正士社長は「非常に面白い商品だ。しかし今市場に出すべきではない。もう1年待って、その間にもっと練り上げなさい」とストップをかけた。西村はさらに細部を改良し、他社の捕獲器との比較テストを行った。正士社長が「「ゴキブラー」は恐ろしすぎる」という理由から「ごきぶりホイホイ」の名称を提案し、アースの正富社長が筆をとって描き、完成した。
1973年に発売。製品価格は250円の予定だったが、正士社長は「お客様にとって価値のある商品だから450円にしなさい」と命じた。「ごきぶりホイホイ」は大ヒットし、アース製薬は再建に成功した。

設置式の罠であるため不快感に歯を食いしばりながら直接ゴキブリに立ち向かう必要が無い上、薬品を使っていないことから安全性においても優れている点が特長である(誘引剤は食品から作られた毒性の無い香料であり、子どもやペットが誤食しても無害)。
さらに粘着シートでゴキブリを捕獲した後はそのままケースごと燃えるゴミに出して処分することができるため、通常のスプレー式殺虫剤や毒餌式のように死骸を目にしながら片付けたりする手間と不快感を省くことができる。

しかし、誘引剤があまりにも優秀過ぎて、仕掛ける場所や家の環境によっては本来そこに住んでいなかったゴキブリを外から呼び込んでしまう可能性がある
また、ホコリや水分、油分などで粘着シートが汚れてしまうと当然捕獲力も低下するため、長期間仕掛けっぱなしというのも禁物。下手すると仲間の骸の上をのしのしと歩き回り、そのままリアルゴキブリハウスと化してしまうこともある。

ゆえに使用する際はゴキブリの予防策的に使うのではなく、直接姿を見かけた場所や逃げ込まれた場所の付近に仕掛けていぶり出すという攻撃的な使用方法が最も効果的である。

有明のゴキブリホイホイ

コミケの会場としてお馴染みである東京ビッグサイトの東西連絡通路が、幅広で天井が非常に低い、窓の傾きなどの特徴から、一部のコミケ関係者及び参加者からは「ゴキブリホイホイ」と呼ばれている。
どうしてこうなった
この場所はコミケ際の渋滞の名所として知られ(通過に30分以上かかることもザラ)、時として満員電車と同等の閉鎖空間となり、さらに天井の低さから空調の効きも極めて悪い上にほとんど空気も流れない。そのため夏コミでは酸欠状態のサウナ」のような環境に陥るため、耐え切れずに気分を悪くする者もいる。
耐性に個人差はあるものの、まさに人間がゴキブリのようにホイホイされ、地獄を味わう空間なのである。

意味は違うけど

三國無双のゴキブリを誘う意味合いで貂蝉が描かれたイラストに付けられる場合も。

センシティブな作品



関連イラスト



関連タグ

ゴキブリ G 呂布 リグル・ナイトバグ アース製薬
ホイホイ  粘着 ネバネバ

関連記事

親記事

ホイホイ ほいほい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴキブリホイホイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 164097

コメント