ピクシブ百科事典

蒲田のあいつ

かまたのあいつ

蒲田のあいつとは、蒲田に上陸した「あいつ」である。
目次[非表示]

本項目は映画『シン・ゴジラ』に関する重大なネタバレを取り扱っております。

映画鑑賞前の閲覧は初見の楽しみを大きく削ぐ可能性があります。
以上を踏まえ、閲覧は十分注意して行ってください。





























概要

『シン・ゴジラ』冒頭、アクアラインにて原因不明の水上爆発が発生し、その原因が巨大不明生物であると判明。

大河内清次総理学者達の「あの大きさの生物なら陸に上がった瞬間に自重で即死する」との見解に従い、国民を安心させるため「巨大不明生物が上陸する事は有り得ません」と発表するが、直後にその巨大生物が蒲田に上陸したとの報告が入る。
思わず「えっ!?」と素で驚く総理。
場面は巨大不明生物が上陸した蒲田に移る。
車や建物を薙ぎ払いながら進撃する巨大不明生物、それこそまさにゴジ――

蒲田くん
シン・ゴジラふぁんあーとまとめ


……誰だお前!?

設定

本作のゴジラ人間の8倍もの遺伝子情報を保有し、個体での適応進化が行えるため、作中では「第1形態」「第2形態」「第3形態」「第4形態」と姿を変えていく。

から上がってきた「第1形態」からを遡上する過程で陸上にも適応するべく急速進化を遂げたのがこの「第2形態」である(ただし、第1形態の姿に関しては明確な全身像が映像では判別できない)。薄黄色い体色をした魚類とも両生類ともつかない体躯に眼の大きな深海棲の肉食魚のような頭部を有し、その首には無数のが覗いているという極めて不気味容姿をしている。
鰓からは定期的に放射性物質を含む赤い体液が垂れ流されており、凄まじい悪臭を発している。
下半身には一応後脚が出てきているが、前脚()はまだ未発達で、体全体を使ってヘビか陸に上がったウナギの如く這いずりながら移動する。

このように、おおよそ我々が「ゴジラ」と聞いて真っ先にイメージする姿とは似ても似つかぬ姿をしているものの、この時点で既に背中にはあの特徴的な背びれが生えかかっている

まだまだ幼体とも言える形態だが、全長はなんと120メートル以上に達しており、や建物をかき分け突き崩ながら東京を進行して周辺に多大な被害を出した。
やがてある程度進むと突然停止、それから間もなく直立して「第3形態」へと移行した。

観客の反応

初めて姿が映し出された「第2形態」は、鰓から大量の赤い液体を吹き出しながら這うように進む姿でとてもインパクトのあるものであり、前情報なしにこれを見た観客は「これが今回ゴジラと戦う敵なのかな?」など考えた人もいた様子(一部の視聴者からは動き方がエヴァ使徒っぽいとか言われたりもしていた)。

尻尾及び背ビレは既に第4形態を思わせる形状になっていたため、「こいつがゴジラだ」と気付く人は気付くようになっていたが、そういう人はそういう人で宣伝などでお馴染みの第4形態とはあまりにかけ離れた姿に「何だこいつ!?」と驚愕させられるハメになった。

蒲田のバブちゃん
シン・君の形


鰓から大量の赤い液体を吹き出す這いまわるその姿を気持ち悪いとする声もあれば、(今作のゴジラ全般にも言えるかもしれないが)その無邪気さを感じさせなくもない行動にキモかわいいと評する声もある。

そんなわけで「小さけりゃむしろ飼いたい」みたいな人も結構多いのか、最近では何故か巨災対のペットとして扱われているという感じのイラストも増えてきている(この場合だと鰓から吹き出す大量の赤い液体ですらかわいさのための演出として使われている)。

尾頭さんと蒲田くん
【巨災対と蒲田くんの日常】
巨災対、呉爾羅を飼う。



しかし、東京都内を縦断するシーンでコイツの進路上にあったマンション内で避難しようとしていた夫婦と幼い子供の一家が崩落に巻き込まれるという衝撃的な場面を生み出し観客にトラウマを刻み込んでもいる。しかも下記の演出意図のため、映像でわかる形での人的被害がこのシーンだけなせいで勘違いされがちだが、この形態と第三形態の時でさえ、数百人以上の死傷者および行方不明者という被害が出ており、決してシン・ゴジラ本編のこいつは可愛げのある存在ではない。

余談

  • この形態時のモチーフは深海魚ラブカだとパンフレットで明言されている。
  • 映画公開からまもなくしてこの第二形態および第三形態のムービーモンスターシリーズのフィギュアが発売されたのだが、これらも発売当初はかなり売れたという。さらに今度は両形態のS.H.Monsterartsのフィギュアが出る事も決まっているとの事。
  • ナムコ系列のテーマパーク“ナンジャタウン”で期間限定でゴジラ関連のイベントが開催された際には当地にてこのゴジラ第二形態を象ったアイスクリームパフェが販売され、しかもグレイ・パーカー・サービスからはゴジラ第二形態の抱き枕風クッションも発売されるなど、別な所でもこのゴジラ第二形態の関連商品の展開が行われている。
  • 第二形態の全長は旧日本海軍の潜水艦伊401と同じ122mで第三形態の全長は軽空母鳳翔と同じく168.25mとされる。
  • 本作のゴジラのモーションは野村萬斎が担当しているが、この第二形態についてはフルCGである。津波地震などをイメージして作られたという。
  • ビルをよじ登るシーンについて「ゴジラがビルをよじ登ろうとするがビルは崩れず、遠くからその光景をスマホで撮影していた通行人が、ビルから転がり落ちたゴジラに潰されて死亡する」という案もあり、CGも雛形程度に作成されていた(CG担当者いわく「すりつぶ死」)。内部での評判は良好で編集段階まで採用が検討されていたが、「人間が直接死亡する描写はなるべく避けたい」という庵野監督の演出意図によりボツとなった。
  • 小さき勇者たち~GAMERA~』の田口清隆が特技監督を務めた2015年の映画作品『ラブ&ピース』に登場する巨大な亀「ラブちゃん」が形態的にも状況的にもこのゴジラ第2形態になんとなく類似している(向こうの姿はどちらかというとトトに近いが)。ちなみにこれらの作品には長谷川津田の両氏も出演している。


別名・表記ゆれ

シン・ゴジラ第二形態 汚いベビーゴジラ 蒲田くん カマタノオロチ

関連タグ

シン・ゴジラ ゴジラ2016
マガジャッパ…なんか似てる

pixivに投稿された作品 pixivで「蒲田のあいつ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3000003

コメント