ピクシブ百科事典

アブソーバ

あぶぞーば

アブソーバとは、『ウルトラマンレオ』に登場した円盤生物。
目次[非表示]

データ

全長:0.15 - 70メートル
体重:900グラム - 1万トン

概要

第42話「レオが危ない! 暗殺者は円盤生物」に登場した円盤生物。
ブラックスターより飛来した3体目の円盤生物。クラゲに似た姿をしている。
小型円盤に変化する能力を備え、光線や触手からの火炎放射「コスモファイヤー」で戦う。また地震を発生させる事が出来るほか、有害な青いガスも吐く。

小型円盤形態で地球に飛来し、地震を発生させる。その後に小型円盤形態で潜伏していたところを、傷ついた動物を保護している秀行少年によって保護される。
秀行少年に世話をされていたが、彼からひっそりと生体エネルギーを奪うなど、所詮利用していたにすぎなかった。
そして時折巨大化し秀行少年の小屋を拠点として破壊活動を行っていた。

ゲンとトオルに発見されると、小屋に火を放って巨大化、秀行が保護していたスズメを焼殺、さらにトオルと秀行を人質に取る悪質な方法を使った。
レオキックに耐えきる程の頑丈さ(浮いてるから衝撃が100%伝わらないのだろう)を見せるが、キックを受けた箇所にタイマーショットを受けて墜落し、粉々に吹き飛んだ。

派生作品

内山まもるが『小学二年生』で掲載していた漫画版ではブラック司令官(そういう名前で登場する)配下の戦闘員として無数に登場したが、地球の危機を知って駆け付けたウルトラ兄弟により全滅した。

ウルトラマン超闘士激伝』ではエンペラ空軍使い魔として登場。空軍参謀ブラック指令と共謀し、ウルトラセブン21ノーバデモスブニョと共に幻術空間で襲撃するも瞬殺される。指令もハナからこいつら如きで宇宙警備隊屈指の実力を持つ21を抑えられるとは思っておらず、完全な捨て石として利用されていた。

余談

名前は「吸収(absorber)」から。

関連タグ

ウルトラ怪獣 ウルトラマンレオ
円盤生物

pixivに投稿された作品 pixivで「アブソーバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7111

コメント