ピクシブ百科事典

白河天皇

しらかわてんのう

第72代天皇。史上初の院政を敷き、世俗の権力を牛耳る。
目次[非表示]

概要

平安時代後期の第72代天皇(天喜元年6月19日(1053年7月7日) - 大治4年7月7日(1129年7月24日) 在位:延久4年12月8日(1073年1月18日) - 応徳3年11月26日(1087年1月5日))。諱は貞仁。

即位まで

尊仁親王(のちの後三条天皇)の第一皇子として生まれる。母は藤原茂子(閑院流の出身で、藤原道長の子(頼通の異母弟)の能信の養女)。
尊仁親王の父は第69代天皇・後朱雀天皇、母は67代天皇・三条天皇の皇女・禎子内親王であることから、藤原摂関家とは血のつながりが薄い(禎子内親王は道長の外孫であるが)。そのため兄・親仁親王(後冷泉天皇。道長の外孫で、中宮は道長の跡継ぎである頼通の娘)が即位して皇太子となった後も摂関家(特に頼通)に冷遇された事もあり、政治的にも対立を深め、摂関家の意向に沿わない革新的な天皇親政を進めた。頼通は同母弟の教通と対立しており、天皇と血のつながりが薄い(=親族間のコネがない)事もあって対抗できなくなる。

在位中

延久4年(1072年)、父帝の譲位により貞仁親王が即位する。即位した後も、摂関家から教通や師実が関白に就任したが父帝同様摂関家とは血縁が薄く、しかし中宮(藤原賢子)が師実の養女であるため、祖母の陽明門院(禎子内親王)の意図に逆らって異母弟の重仁親王を皇位継承から排除して、中宮との子である第二皇子・善仁親王(のちの堀河天皇)に譲位するなど、かえって師実とは協調的になっていた。

退位して

応徳3年(1086年)11月、善仁親王(堀河天皇)に譲位したが、天皇は8歳と幼く、後見人として引き続き政務を執ることとなり、摂関家の介入を廃して実権を握った。後世「院政」と称される新たな政治形態がここに始まる。
……のだが、当初はあくまでも堀河天皇が成長するまでの後見であり、本格的な院政は、関白であった師通(師実の子)と堀河天皇が相次いで早死にしてしまってからの話。
この先の詳細は、「白河法皇」の項目を参照のこと。

関連タグ

天皇 法皇 白河 白河法皇:譲位・出家後の呼称。
院政 上皇が天皇の補佐として実権を握る政治。
治天の君 数名上皇がいる場合、最も政治の中心で実権を握った最高権力者。
鳥羽天皇 孫、後白河天皇の父。
後白河天皇 ひ孫。
伊東四朗2012年大河ドラマ平清盛」で白河法皇を演じた。

pixivに投稿された作品 pixivで「白河天皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1360

コメント