ピクシブ百科事典

仲恭天皇

ちゅうきょうてんのう

仲恭天皇とは、日本の第85代天皇。わずか4歳にて即位するも、承久の乱に連座して3ヶ月足らずで廃位とされた。日本史上最も在位が短い天皇として知られる。(1218年-1234年)

生没:建保6年10月10日(1218年10月30日) - 天福2年5月20日(1234年6月18日)
在位:承久3年4月20日(1221年5月13日) - 同7月9日(同7月29日)

第84代・順徳天皇の第1皇子で、諱は懐成。第82代・後鳥羽天皇は祖父に当たる。

生涯

承久3年(1221年)4月、わずか4歳で即位。これは父と祖父が進めていた北条氏追討に備えてのものであった。しかしその企ては翌5月に、幕府軍が朝廷軍を破るという形で頓挫(承久の乱)。企ての首謀者として父が佐渡、祖父が隠岐へそれぞれ配流となる中、残された仲恭帝もまた皇位を廃された。在位期間わずか78日、その間即位礼も大嘗祭もなきままの廃位であった。
廃位後程なくして、母方の叔父である摂政・九条道家に引き取られ、天福2年(1234年)6月、父に先立って17歳で崩御。

前述した経緯から諡号・追号もなされず、崩御後長きに亘って九条廃帝承久の廃帝などと称されてきたが、約650年後の明治3年(1870年)5月に明治天皇の命により追諡の選定が行われる運びとなった。
在位中に選定の根拠とすべき事績がない事から、順徳帝の第三子である事に由来する「仲」、諡が本来敬を表すものである事に由来する「恭」の字を取り、同年7月にようやく仲恭天皇の諡号が贈られるに至った。

仲恭帝の廃位後、皇位は祖父・後鳥羽院の系譜から、その同母兄である後高倉院(守貞親王)の系譜へと一時移る事となるが、次代の後堀河天皇(第86代天皇)、次々代の四条天皇(第87代天皇)がいずれも短命であった事から、伯父である土御門帝の皇子・邦仁王(後嵯峨天皇、第88代天皇)の即位により、皇位は再び後鳥羽院の系譜に復する事となる。

関連タグ

天皇 朝廷 鎌倉時代
弘文天皇 淳仁天皇・・・仲恭天皇と同じく、明治時代になって天皇の諡号を贈られた。

第84代第85代第86代
順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇

関連記事

親記事

歴代の天皇 れきだいのてんのう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「仲恭天皇」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「仲恭天皇」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました