ピクシブ百科事典

西行法師

さいぎょうほうし

「西行法師」とは、平安時代末期の僧侶である。
目次[非表示]

プロフィール

生誕 元永元年(1118年)
死没  文治6年2月16日(1190年3月31日)
父母 父:左衛門尉 佐藤康清、母:監物 源清経女


概要

CV:郷田ほづみ

平安時代末期~鎌倉時代初期にかけて活躍した歌人である。
鳥羽院に北面武士として仕えていたが、後に出家して諸国修行しながら和歌を詠んだといわれている。
俗名は佐藤義清、佐藤憲清、佐藤則清、佐藤範清と記されている。出家してからの法号は、円位、西行、大本房、大宝房、大法房と称されている。

「百人一首」第86番の作者でもある。
「嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな」

関連タグ

百人一首 うた恋い。 超訳百人一首うた恋い。 歌人 平安時代 僧侶 

外部リンク

西行 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「西行法師」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30608

コメント