ピクシブ百科事典

「映画でしょお芝居でしょコンサートでしょ、たまにはディスコでハメを外して、寄席にすもう、野球にプロレス、エトセトラ……ぜーんぶタダ!」
「いやー、おばけって三日やったらやめられなくって!」

「でも、おジュズ締めはこわい……」

概要

声:白石冬美

『どろろんぱっ!』のキャラクター。同作の主人公。

お化け(幽霊)の女の子。100年前に死んで成仏しないまま、大福寺あんこの家に居候している、いわゆる浮遊霊。長い黒髪で着物を着ている和風少女。100年も幽霊やってる事から霊業界では結構な重鎮らしい。

性格はお気楽でノーテンキ。明治時代の生まれであり、手先は器用で料理も上手い(だが小町自身は幽霊のため飲み食いはできない)。

幽霊として、空を飛んだり、壁抜けしたり、ラップ音を起こしたり、ポルターガイスト現象を起こす事ができるが、どれもたいしたことがない。しかし魂に秘められている力は100年幽霊が出来るあたり一級品レベルであるため、その「魂の地力」を求める悪魔に狙われピンチに陥る事もある。

弱点はあんこの持つ数珠(実体の無い幽霊を殴れる法力入りの数珠)や藻奈寛のお札。あと結構お人好しで簡単に騙される事もある。

天界によって大福寺あんこの未来の娘として転生することが決められている。ただ他ならぬあんこがソレを嫌がった上「あんこの娘になんかなったら虐待同然の苛烈な鬼教育に晒されるに決まってる。そんなのは御免だ」として転生に逆らうためにしぶとく現世に居座ることを宣言していた。転生の担当天使はアンジーであり、その業務完遂のために人間界に常駐する事になった彼女とは対決と交流の結果泥棒さん(小町)ととっつぁん(アンジー)のような関係となる。

終盤では、アンジーがミカエルの命令で天国に帰ったことや、自分とは違って日々成長して変わっていくあんこに寂しさを感じるようになる。
あんこが中学生の時に、世界中を回ってから成仏することを決心して、大福寺チヨコ(あんこの母)に「あんこに早く結婚して子供を産むように言ってね。次に会うときはおばさまの孫よ」と言い残してあんこの家を出て行った。

あんこが結婚した頃に天国にやって来て、ギリギリのタイミングで成仏(転生)した。そして1999年にあんこの娘に生まれ変わった小町は、あんこから英才教育を受けさせられ、やがて地球を滅ぼす「恐怖の大王」に成長することが運命付けられていたことが、ミカエルによって語られていた。

関連タグ

どろろんぱっ! 大福寺あんこ 御使安爺 小野小町

関連記事

親記事

どろろんぱっ! どろろんぱっ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「小野小町(どろろんぱっ!)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3431

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました